カードローン

プロミスの審査は甘い?厳しい?審査に通る方法を解説!

プロミス

「お金がない!」「家賃を払うためのお金が今すぐに欲しい!」

すぐにお金を借りたいとき、頼りになるのが消費者系金融のカードローン。その中でも、プロミスは消費者の満足が高く、便利にかつ安全にお金を借りることができます。

本項では、プロミスでお金を借りる方法、プロミスの審査で通りやすくなる方法を解説していきます。

今すぐにお金を借りる方法をおさえておき、柔軟な資金調達に備えましょう。

また、すぐにお金が欲しいときなどの対策にも役立ててください。

なお、審査に通りやすいカードローンは別記事でご紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてください。

プロミスは即日融資可能!

プロミス

プロミスは消費者金融系の大手として知られ、即日融資が可能なサービスが魅力!

そもそも、消費者系金融とはどういうものでしょうか?本当に安心してお金を借りることができるのでしょうか?詳しく解説していきます。

消費者金融系のプロミス

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営する消費者金融サービス。

「パッと!ピッと!プロミス!」のCMでお馴染みの方も多いのでは無いでしょうか。

最短30分!即日融資可能

プロミスでは即日融資が可能。

独自の審査システムを持っており、申し込みから最短30分での融資を実現します。

通常、お金を借りるときは審査に時間がかかり、審査の結果が出るまで1週間〜1ヶ月ほどの期間を待たされるというケースも少なくありません。

プロミスでお金を使えば、審査の期間を待ちません。今すぐ、借りたいときにお金を借りることが可能です。

アプリローンが充実

プロミスの特徴はアプリローンが充実していること。

アプリローンとは、スマホアプリ1つでお金を借りることが出来るサービスのこと。

アプリに振込先の口座など、必要な情報を入力すればいつでも必要な時にお金を引き出すことができます。カードレスで使うことも可能なので、急にお金が欲しいというときにも便利です。

30日間利息無料サービス!

プロミスでは30日間利息無料のサービスを行なっています。

お金を借りるには利息がかかります。年利18%の場合、ひと月あたり1.5%の利息を返済しなければなりません。例えば、10万円のお金を1ヶ月借りたとすると、返す金額は1.5%の金利を上乗せた101,500円です。

プロミスでは初回利用に限り、30日間利息無料のサービスを行なっています。つまり、お金を借りても30日以内に返せば元金のみを返せばいいことになります。

お金を借りるには利息が心配、という方もまずは1ヶ月試してみるのもいいでしょう。

消費者金融の特徴

プロミス 審査

プロミスは消費者金融系のカードローン。

消費者金融系とは、ノンバンク系とも言われます。銀行としての機能を有さず、消費者がお金を借りやすいサービスを提供することに特化していることが特徴です。

消費者金融系のメリットは即日融資可能、Web申し込みで完結など借りやすいサービスに特化していること。

一方、消費者金融系のデメリットとしては、金利が高めに設定されていること。

それぞれについて、特徴を見ていきましょう。

即日融資可能!

消費者系金融の多くは即日融資可能のサービスを売りにしています。

お金を借りたい時に融資の申し込みをすれば、その日中に借り入れが可能。

審査が終わればその場でお金を借りることが可能。

Web完結!

消費者系金融ではWeb完結でお金を借りることができます。

お金を借りる申し込みをするというと、実際に店舗に行って面倒な手続きを連想する方も多いかもしれません。

しかし、消費者金融系のカードローンでは実際に店舗へ行かなくても、インターネット環境さえあればWebで申し込みを完結することができます。

金利が高い

消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンと比べると金利が高い傾向にあります。

金利の相場については銀行系のカードローンは15%、消費者金融系のカードローンは18%と3%ほどの開きがあります。

金利の差については、サービスの利便性の差と考えると分かりやすいでしょう。

消費者金融系のカードローンは借りやすいサービスが魅力であり、その分金利が多くかかるのです。

便利なサービスであることは、相応のサービスの対価が必要であるということもできるでしょう。

消費者金融は危ない?

プロミス 審査

消費者金融というと危ないサービスかもしれない、と思われている方もいるかもしれません。

過去に実際に、お金の貸し借りには様々なトラブルが付き物で、過去にはお金の返済に関するトラブルが社会問題となってこともありました。

そこで、消費者を守ってくれるのが法律。お金を貸す業者は貸金業法に基づいて融資が行われ、消費者金融は法律に準拠した貸し付けを行なっています。

貸金業法」では、消費者が金利を払いすぎないこと、お金を貸しすぎないことなどお金を借りる消費者がお金を借りることによって困ることがないように規制があります。

平成18年に貸金業法が改正され、消費者を守るため、主に「総量規制」「上限金利の設定」が強化されました。

貸金業法の制定によって、お金を借りる消費者側にとっては安全にお金を借りられる環境が整っているのです。

貸金業法」による規制の内容

  • 総量規制
  • 上限金利の設定

総量規制

総量規制はお金の貸しすぎ、借りすぎを防ぐための規制です。

具体的には、「年収の3分の1以上を貸してはいけない」という取り決めです。

お金を借りるときは、お金を返していけるだけの収入がなくてはなりません。

総量規制により、お金の借りすぎによって破産してしまうことを防ぐことが可能です。

金利上限規制の設定

貸金業法では金利の上限が20%に設定されています。

法律で金利の上限を設定することにより、消費者としてもお金を借りやすくなるでしょう。

お金を貸す側としては、これらの規制によって金利の上限を設定されるのです。

消費者金融系の金利

プロミス 審査

消費者金融系のカードローンの金利上限は年利18%が相場です。

借り入れ額や条件によって金利が変わってきます。一般的に、たくさんお金を借りるほど金利が低くなる傾向にあります。

プロミスの金利設定は4.5%〜17.8%。他の消費者金融系と比べても高すぎることなく、安心してお金を借りることができるでしょう。

会社金利
プロミス年4.5%~17.8%
レイクALSA年4.5%~18.0%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年3.0%~18.0%

プロミスは審査が甘い?プロミスで審査に通るための方法

プロミス 審査

プロミスは審査が甘いでしょうか?審査が厳しいでしょうか?

即日融資可能で借りやすいサービスが魅力のプロミスですが、必ずしも審査に通るとは限りません。

プロミスに限らず、お金を借りるときには「借りたお金をしっかりと返すことができるのか?」ということをチェックされます。

審査に通るために、金融機関による審査の仕組みを知っておきましょう。

審査は何故必要?

お金を借りるのに審査は絶対に避けてはならない道です。

というのも、貸金業法によって審査を経ずにお金を貸すことは禁止されているのです。「審査不要!」とある業者は貸金業法に則っていない可能性があるため、注意する必要があります。

審査に通るための方法

プロミス 審査

審査に通るためにはどのようなことに気をつければいいでしょうか?

審査に通りやすくなることに必要な注意点を紹介します。

返済能力があるか

お金を借りるときの審査で最も重視されるのが、借りたご本人に返済能力があるかどうか。

すなわち、年収や資産状況、勤務先の状況などを見てその人の返済能力をチェックします。

定期的な収入がある人は返済能力が高く、借りたお金をしっかり返していける人であると評価されるでしょう。

他社からの借り入れ状況

審査を受ける際は他社からの借入状況も入念にチェックをされます。

先に紹介したように、貸金業法の総量規制によって借りられるお金は年収の3分の1までと決められています。

そのため、他社からの借り入れが多い場合には総量規制に抵触する場合があるため、審査が通らないという場合が考えられます。

借りたお金は必ず返さなければなりません。お金を無計画に借りすぎて返済するお金がない、ということにならないように、お金の借りすぎには注意しましょう。

申込内容の正当性

審査には申し込み内容の正当性が必要。

すなわち、申し込んだ内容に誤りがないかという点をチェックされます。

本人であることを確認する場合は、本人確認書類を提出することによって申込者本人であることを証明。

また、在籍確認といって勤務先の状況に本当に社員として在籍していることを確認される場合があります。

申し込み内容に不備があったり、本人確認が取れない場合だと審査に通らない場合があります。しっかりと身分を証明できるように準備しておきましょう。

審査に通らない!どんな対応をすればいい?

プロミス 審査

「カードローンの審査に通らない!」

カードローンの審査は独自の審査基準に基づいて行われるものであり、必ずしも審査が通るとは限りません。

カードローンの審査は会社によって異なり、独自の審査基準を持っています。

審査基準については一般的に非公開であり、消費者である私たちが知ることはできません。

しかし、審査に通るには共通のコツがあります。審査に通るコツを押さえて、どんな対応をするべきか紹介していきます。

審査に通らないときに確認する点

審査に通らないときに考えられるのは以下の3点です。

審査に落ちる理由を教えてくれることもあれば、教えてくれないこともあります。

審査に落ちた原因が何であるか、主要な原因を解説していきます。

審査に通らないときに確認する点

  • 申込内容に不備がないか
  • 借り入れが多すぎないか
  • 金融事故を起こしていないか

申込内容に不備がないか

申込内容に不備がある場合、あるいは本人確認、在籍確認が取れない場合は審査が通らないことがあります。

お金を借りるときは、電話などで本人確認を受けます。このときに電話に出ることが出来ないと本人確認ができないとされ、審査が止まってしまいます。

また、お金を借りるときは運転免許証など、身分証明書を提出します。このときに、書類に不備があったりすると本人確認がとれないことがあります。

本人確認は事務的な手続きですが、本人であることを確かめるためには必要なことです。

借り入れが多すぎないか

他社からの借り入れが多すぎると審査に通らなくなってしまいます。

審査を受ける際は他社からの借り入れ状況も合わせて確認を受けることになります。

そのときに、他社からの借り入れが多すぎると、総量規制の対象となるため審査が通らないことがあります。

借入先を絞って融資の申し込みを進めましょう。

金融事故を起こしていないか

プロミス 審査

過去に金融事故を起こしていると、審査に通りづらくなります。

金融事故とは、返済するべきお金を返せなくなること、あるいはクレジットカードの料金を滞納することなど。

具体的な要件としては、60日以上のクレジットカード延滞があること、債務整理を行うこと、保証会社による代位弁済が行われることなど。

一度金融事故を起こしてしまうと、信用情報機関に登録、いわゆる「ブラックリスト」入りしてしまうことが考えられます。

ブラックリストに入っている人は返済能力にリスクがあるとされ、審査が通らなくなることがあります。

ブラックリストに登録されたら?

自分がブラックリストに登録されているかどうかは、信用情報機関に情報を請求することで確認可能です。

また、1度ブラックリストに登録されてしまっても、一生登録され続けるという訳ではありません。

ある程度の年数が経過するとブラックリストから解除され、新たにお金を借りることが出来るのです。

失った信用を取り戻すには時間が必要です。それでも、時間をかけることによって信用を回復することができます。

金融事故によってカードローンの審査に通らない場合でも、時間を待てば新たにお金を借りられる可能性が高くなるでしょう。

すぐにお金を借りたいならプロミス!

プロミス 審査

即日でお金を借りるのに便利なプロミスのサービスを見ていきました。

プロミスは利用者数が多く、たくさんの方から好評を得ている消費者金融系のカードローンです。

即日融資可能、Web申し込み可能など、お金を借りやすい仕組みが用意されており、便利にお金を借りることができます。

プロミスの審査に通るためには、返済能力があるか、申告内容に虚偽がないかどうかを確認する必要があります。

貸金業法により、お金を借りるのには審査が必要です。審査をすることによって私たちも安全にお金を借りることができるでしょう。

今回紹介した審査に通る方法などを踏まえて、スムーズにお金を借りることに役立ててみてください。

即日融資ならプロミス!

-カードローン
-,

© 2021 マネーの学校