カードローン

カードローンの審査が通らない理由とは?再審査に通る5つの方法を専門家が徹底解説

クレジットカード

カードローンを借りたいけど、「審査に通るのか不安」「審査落ちしてしまったけど再申し込みしたい」という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、「カードローンに通らない理由」「どうしたら再審査に通るのか」を解説していきます。

カードローンはATMや銀行で現金を引き出したり、ネットで口座振り込みが出来る便利なサービスです。

本記事を参考にすることでカードローンの審査に通りやすくなるので、ぜひ実践してみてください!

「カードローンおすすめ人気ランキング9選!メリットやデメリット、選び方も紹介」の記事では厳選したおすすめカードローンを紹介しているので、併せてご覧ください。

頭金や入用でお金が必要!!という方は、使い勝手がよいSMBCモビットや信頼のアイフル

おすすめカードローン3選

  1. SMBCモビット|申し込みはWebで完結
  2. アイフル|最短25分で終わる審査
    ※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
  3. プロミス|借入時の振込がスピーディー

カードローンの3つの代表的な審査基準

電卓とパソコン

カードローンを借りる際は、どのカード会社の場合でも必ず審査を通る必要があります。

しかし、審査基準は公表されていません。また、審査にかかる日数もカード会社によって違います。カードローンの審査基準は非公表であり、カード会社によって違います。

ですから、必ず審査に通る方法を示すことは出来ません。

しかし、審査に必要なおおよその基準は存在しているので、次の3つの基準をおさえましょう。

  • 他社からの借り入れ状況
  • 安定した収入の有無
  • 信用情報の内容

以下では、これら3つの審査基準を詳しく紹介していきます。

①他社からの借り入れ状況

カードローンの代表的な審査基準としてまず、他社からの借り入れ状況があります。「他社から既にいくら借り入れをしているのか」「何件借り入れをしているのか」といったことが審査されます。なぜなら、総量規制という貸金業法に定められた規則がある為、カード会社は他社からの借り入れ状況を必ず確認する必要があるからです。

総量規制には、「年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはならない」という規則があります。その為、借入先が複数でなくても既に年収の3分の1以上借り入れをしている場合、新たにカードローンを借りることは出来ません。

②安定した収入の有無

次に、安定した収入があることが重要です。理由は、多くのカード会社では「継続した安定収入」を条件として設定しており、これがないとそもそも申請出来ない場合もあるからです。具体的には、「年収」「雇用形態」「勤続年数」などが総合的に審査され判断されます。

会社によって基準が違う為、実際に審査を受けてみないとわかりませんが、安定した収入が無いと判断された場合は審査を通ることが出来ません。

③信用情報の内容

最後に、信用情報の内容が審査基準として挙げられます。信用情報とは、クレジットカードやローンの取引に関するこれまでの履歴です。理由としては「過去に借り入れに関するトラブルはないか」「これまで借りたお金をきちんと返済してきたか」といった情報は、申込者の信用度を測る上で重要な判断材料だからです。

その為、カード会社は個人の信用情報を取り扱う信用情報機関に情報照会し、クレジットカードやローンなどの契約内容や返済状況などをチェックします。

信用情報機関は信用情報を管理している機関

カード

では、上記で示した信用情報機関や信用情報とは具体的にどのようなものなのでしょうか。信用情報とは、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。

具体的には、クレジットカードやローンの契約内容、利用状況、返済履歴等が記録されています。また、返済の延滞情報や債務整理などの所謂「金融事故情報」も記録されています。

そして、これらの顧客情報を管理している国指定の第三者機関が信用情報機関です。クレジットカードやローンの申し込みが入ると、カード会社は信用情報機関に情報照会を求めます。その情報とカード会社独自の基準を総合的に判断し審査の合否を決めているのです。信用情報機関は、CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターの3つが存在しています。

また、CRINと呼ばれる信用情報交流ネットワークで結ばれており、お互いに金融事故情報などを共有しています。

カードローンの審査に通らない理由5選

落ち込んでいる男性

前述の通り、各カード会社の審査内容は公表されていません。しかし、審査に落ちてしまう人にはある程度共通点があります。カードローンの「審査落ち」をしてしまう人は、次の5つの理由に当てはまっていることが多いです。

  • 過去に返済を延滞したことがある
  • 複数社からの借り入れがある
  • 申し込み内容が事実と違う
  • 年収の3分の1以上の借り入れをしようとしている
  • 複数社に同時に申し込みしている

①過去に返済を延滞したことがある

カードローンの審査に通らない理由の一つ目は過去の返済延滞です。なぜなら、返済の延滞をしてしまうと、信用情報機関に金融事故情報として記録されてしまうからです。実際、一度の延滞では単なる払い忘れと判断されますが、複数回返済を延滞してしまうとブラックリストに載ってしまう可能性が高まります。審査時には金融事故情報が必ずチェックされ、過去に延滞をしていた場合、信用を損ねる原因になります。

②複数社からの借り入れがある

二つ目の理由として、複数社からの借り入れ履歴が挙げられます。理由として、新たにカードローンの申し込みを行う際、他のカード会社からの借り入れ情報もチェックされるからです。既に借り入れをしている借入先が多い程、審査時にマイナスイメージを抱かせてしまう可能性が高くなります。

③申し込み内容が事実と違う

三つ目の理由は、申し込み内容に誤りがあることや虚偽の申告をしていることです。なぜなら、当然誤った申告や虚偽申告をした人は、審査担当者から「信用出来ない」と判断されてしまうからです。年収が少ない場合や勤続年数が短い場合は、審査に通るか不安になり事実と異なる内容で申請したくなるかもしれません。

しかし、虚偽がバレてしまうと著しく信用を失うことになるので、申し込み内容は事実に基づいて申請しましょう。

④年収の3分の1以上の借り入れをしようとしている

四つ目の理由は、年収の3分の1以上の借り入れをしようとしていることが挙げられます。理由として、消費者金融の場合、総量規制によって借り入れは年収の3分の1までに制限されているからです。また、銀行のカードローンの場合でも、独自に制限をかけていることが多いです。ですから、既に他社から借り入れをしている人は、申込額が総量規制を超えていないか注意する必要があります。

⑤複数社に同時に申し込みしている

カードローンの審査に通らない最後の理由は、短期間で複数社に申し込みをしていることです。カードローンの申し込み情報は半年間信用情報として記録されます。その為、短期間に複数のカードローンの申し込みをしていると、「お金に困っている」という印象を与えてしまうからです。

審査に落ちないように、複数のカードローンの申し込みをする際にはある程度期間を空けて行いましょう。

カードローンの再審査に通る5つの方法

駆け上がる男性

カードローンの審査に通らない理由は確認出来たでしょうか。では、既にカードローンの審査に落ちてしまった場合どうすれば良いのでしょうか。カードローンは再申し込みが可能です。しかし、前回審査に落ちた時と同じ状況で申し込んでも意味がありません。以下で再審査に通る方法を5つ紹介します。

  • 利用希望額を低くして申し込む
  • 1年以上勤務を継続する
  • 多重債務状態や多額の借り入れを改善する
  • 審査に落ちたことがない会社に申し込む
  • 信用情報にキズがある場合は、記録が消えるまで待つ

再審査に通りやすくするにはどうすれば良いのかを詳しく解説するので、しっかり確認し参考にしてください。

①利用希望額を低くして申し込む

カードローンの再審査に申し込む際にはまず、利用希望額を見直してみてください。審査に落ちた理由として、収入に対して借り入れの希望額が多く、返済能力が足りないと判断されてしまったことが考えられるからです。今一度自分の収入などを見直し、利用希望額を低く設定することで、審査に通る可能性が高まります。

②1年以上勤務を継続する

次に、前回の審査時に勤続年数が1年未満だった場合は、1年以上勤続しましょう。なぜなら、勤続年数が長いほど社会的な信用度は高まり、審査に通る可能性が高まるからです。雇用形態がアルバイトの場合や、勤続日数が極端に短いと返済能力が無いと判断されやすいです。その為、一つの目安として1年以上勤続した上で再審査に臨んでみてください。

③多重債務状態や多額の借り入れを改善する

次に、前回の審査時に多額の借り入れや複数のカードローン利用があった人は、それらを改善してから再審査に申し込みましょう。理由としては、先程も解説した通り多額の借り入れや複数のカードローン利用があると、総量規制や銀行独自の制限等で審査に落ちてしまうからです。

再審査に申し込む前に、多重債務の状況や多額の借り入れを整理することで、また新たにカードローンを利用しやすくなるでしょう。

④審査に落ちたことがない会社に申し込む

次に、前回審査に落ちた会社とは別の会社のカードローンに申し込む方法もあります。といいますのも、各カード会社によって審査基準は違う為、1社の審査に落ちたからといって全てのカード会社の審査に落ちるとは限らないからです。

カードローンを利用出来る会社はたくさんあるので、複数のカードローンを検討し、1社がダメでも諦めずに別の会社に申し込んでみてください。

⑤信用情報にキズがある場合は、記録が消えるまで待つ

最後に、信用情報に金融事故情報などのキズがある場合は、記録が消えるまで待つ方法があります。なぜなら、信用情報にキズがあっても記録が消えてから再審査の申し込みをすることで、その情報は審査に影響しないからです。カードローンの支払い履歴は、信用情報として2年間記録されます。ですから、2年以内に信用情報にキズがついてしまっている場合は、2年以上経過したことを確認した上で再申し込みしてみてください。

カードローンの審査に通らない最たる例

引用元:プロミス公式HP

カードローンの審査に通る為には、年収や、勤続年数、信用情報等が重要であることは理解していただけたでしょうか。各カード会社によって審査基準が違うといえども、落ちる人にはある程度共通点があるのも事実です。ですから、上記で解説したことと自分の現在の状況を照らし合わせ、総合的に見直すことが大切です。

審査に通らない主な原因は返済能力の欠如

審査に通らない主な原因は「返済能力の欠如」です。なぜなら、カード会社もビジネスですので、なるべく確実に返済出来る人を審査に通したいと考えているからです。

例えば、以下のような属性の人物の場合、審査に通る可能性は低いでしょう。

項目詳細
職業アルバイト
勤続3ヶ月
年収250万円
家族構成4人
他社ローンの有無
他社の借り入れ件数3件

FPからのアドバイス

上記の具体例を見てもらうと明らかなように、これでは収支バランスが崩れてしまっています。勤続年数が短く、年収も家族構成に対して十分とは言えません。他社からの借り入れもあるので、このような状況で審査に通ることは難しいでしょう。

このような状況で審査に通りやすくするには、利用希望額を最小限に留めることが必要です。

また、他社からの借り入れやローンを整理しつつ、勤続日数を増やしてから再申し込みしてみると良いでしょう。

今すぐプロミスのカードローンを申し込む

カードローンは消費者金融の方が審査が優しい

引用元:プロミス公式HP

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンにはそれぞれ特徴があり、自分に合ったカードローンを選ぶことが大切です。中でも、審査に関しては消費者金融の方が銀行より審査内容が優しいと言われています。

また、大手の消費者金融の場合、審査にかかる時間が最短30分のものもあり即日融資を受けることが可能です。銀行のカードローンの審査に落ちてしまった場合でも、消費者金融のカードローンなら借りられることがあるので、申し込んでみてはいかがでしょうか。

今すぐプロミスのカードローンを申し込む

カードローンの審査が通らない時にとるべき2つの手段

パソコンの上のクレジットカード

ここまで、カードローンの審査に通る為に必要な情報を紹介してきましたしかし、お金を借りたいけど、様々な理由でどうしてもカードローンを借りられないこともあるでしょう。そのような場合どうすれば良いのか、2つの方法を紹介します。

  • 親族から借りる
  • 質屋からお金を借りる

①親族から借りる

銀行や消費者金融のカードローンをどうしても借りられない場合、親族からお金を借りるという方法があります。なぜ親族かというと、多くの場合親族が本人の一番の理解者であり、現在の状況とお金が必要な旨を誠実に伝えることでお金を貸してくれる可能性があるからです。

友人に頼む方法もありますが、そのことが原因で関係が悪化してしまう可能性も高いので、まずは親族に誠意を持ってお願いする方が良いでしょう。

②質屋からお金を借りる

お金を借りられない場合の最終手段として、質屋からお金を借りることが出来ます。質屋とは、品物を預ける代わりにお金を貸してくれる業者のことです。質屋でお金が借りやすい理由は、質屋では金融機関のような審査を行わないからです。

基本的には品物の状態や価値のみで融資の判断をしてくれるので、無職の人や過去に金融事故を起こした人でも融資を受けることが出来る可能性があります。ですから、どうしてもお金に困ってしまった場合には質屋にブランド物などを持っていき、融資してもらいましょう。

まとめ:審査に通らない理由を把握して、対策してから再申し込みしよう

パソコンとメモ帳

この記事では、審査に落ちてしまう理由や再審査に通るための方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

カードローンの審査に通る為には、「審査に通らない理由」や「どうすれば審査に通りやすくなるのか」といったことをしっかり把握することが重要です。

また、ご自身の経済状況に合わせて、しっかりと対策した上で審査に申し込みましょう。

これからカードローンを申し込む人や、落ちてしまい再申し込みを検討している人は、ぜひ本記事を参考にして審査に臨んでみてください。

おすすめカードローン3選

  1. SMBCモビット|申し込みはWebで完結
  2. アイフル|最短25分で終わる審査
    ※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
  3. プロミス|借入時の振込がスピーディー

-カードローン
-, , , , ,

© 2021 マネーの学校