MENU
イチ押しのクレジットカード
三井住友カード(NL)
イチ押しのカードローン
アイフル

【2024年最新】カードローンのおすすめ人気ランキング!消費者金融から銀行カードローンまで即日低金利など仕組みを徹底解説

カードローンおすすめ

給料日までまだ日があるのにすでにお金がピンチ、競馬で負けて生活費が苦しい、そんなお悩みをお抱えの人もいると思います。

そのようなケースでは、カードローンを利用することが便利です。

カードローンは担保や保証人なしで融資を受けることが可能で、さまざまな金融機関で取り扱われています。

ただ種類が多い分だけ、どのカードローンを選ぶべきかで悩んでしまうことも考えられるでしょう。

本記事では、カードローンの選び方やカードローンでの借入・返済の方法などについて説明すると同時に、おすすめのカードローンも紹介します。

アイフル

カードローンを利用したいなら「アイフル」がおすすめです。

アイフルなら24時間365日申し込み可能なので急な出費にも対応できます。

審査から融資スピードまで最短20分ととても早く便利なので、今すぐ手元にお金が欲しい方におすすめです。

※カードローンは総量規制の対象です。(参照:日本貸金業協会)
※ランキングは当サイトのカードローン申込件数を元に作成しています。

スクロールできます
ローン名アイフルSMBCモビットフタバレディースフタバセントラルフクホー
アイフルSMBCモビットレディースフタバセントラル
限度額1000円~800万円1万円~800万円5万円〜200万円1万円~50万円1万円〜300万円5万円〜200万円
利率3.0~18.0%3.0~18.0%7.30~20.00%14.959~17.950%4.80~18.00%7.30~20.00%
審査時間最短20分10秒簡易審査最短即日最短即日最短即日最短即日
融資時間最短20分最短60分最短即日最短即日最短即日最短即日
担保不要不要不要不要不要不要
審査
レベル
申込公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※申込の状況によっては希望にそえない場合があります
目次

カードローンがおすすめの消費者金融ランキング

消費者金融のカードローンの多くは即日融資が可能です。

さらに、申込から借り入れまでスマホで完結する商品もあるので、ご自身のご希望の借入額や返済期間に応じて適切なカードローンを選びましょう。

1位:アイフル

アイフル
融資額1000円~800万円※1
借入利率3.0~18.0%
無利息期間初回利用
最大30日間
申込対応24時間
審査の時間最短20分※2
融資までの時間最短20分※2
担保・保証人不要
※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
※2:申込の状況によっては希望にそえない場合あり
  • 借り入れまでが早い
  • 優先的に審査してもらえる場合も
  • 比較的審査も前向き

アイフルは、今すぐお金が欲しいという方に最もおすすめのカードローンです。

銀行の傘下に入っていないので独自の審査が行われていて、スピーディーに融資を受けることが可能です。

また、WEB申込の後に急ぎだと伝えると優先的に審査を進めてもらえることもあります。

>>>アイフルはこちら

2位:SMBCモビット

SMBCモビット
融資額1~800万円
借入利率3.0~18.0%
無利息期間なし
申込対応24時間
審査の時間10秒簡易審査
融資までの時間最短60分
担保・保証人不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • WEB完結申込がある
  • Tポイントを返済に使用できる
  • コンビニのATMで返済できる

SMBCモビットなら24時間365日申し込み可能なので急な出費にも対応できます。

また、1ポイント1円の計算でTポイントを返済に充てることも可能です。

借り入れ・返済ともにコンビニのATMで行えるので、ズボラでも返済が滞りません。

>>>SMBCモビットはこちら

3位:セントラル

融資額1〜300万円
借入利率4.80~18.00%
無利息期間最大30日間
申込対応
審査の時間最短即日
融資までの時間最短即日
担保・保証人不要
  • 融資までが早い
  • セブン銀行のATMで利用できる
  • 最大30日間金利0円

セントラルは、中小消費者金融の中でも即日融資の対応率が高い会社です。

また、マルチコピー機があるコンビニならどこでも申し込みを行うことができます。

ただし、バレないように電話や郵送をなしにすることはできないので注意が必要です。

>>>セントラルはこちら

4位:フクホー

融資額5〜200万円
借入利率7.30~20.00%
無利息期間
申込対応24時間
審査の時間最短即日
融資までの時間最短即日
担保・保証人不要
  • 24時間いつでも申し込める
  • 自宅に郵送物が届かない
  • 最短即日の融資

フクホーは、インターネットから24時間申し込むことができる消費者金融です。

申込時にはセブンイレブンのマルチコピー機で予約番号を入力するだけで契約書類を受け取れます。

融資の限度額は低めなので、高額融資を受けたい方にはおすすめできません。

>>>フクホーはこちら

5位:レイク

融資額1~500万円
借入利率4.5~18.0%
無利息期間最大180日間
申込対応24時間
審査の時間最短15秒
融資までの時間最短25分
担保・保証人不要
  • 無利息期間が最大180日
  • 審査は最短15秒
  • スマホアプリでカードなしの利用可

レイクは、無利息期間が最大で180日という他社の6倍にもなるサービスが魅力的です。

また、審査の結果を最短15秒で通知してもらえるサービスも魅力の1つです。

スマホのレイクアプリがあれば全国のセブン銀行ATMをカードなしで利用することも可能です。

>>>レイクはこちら

6位:アコム

融資額1~800万円
借入利率3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
申込対応24時間
審査の時間最短30分
融資までの時間最短30分
担保・保証人不要
  • 振込融資が早い
  • カードは即日で発行できる
  • 振込手数料はアコムが負担してくれる

アコムは、契約が成立した後の振込融資がとにかく早く、振込手数料も負担してもらえます。

また、申し込んだ後に自動契約機に行けばカードを即日で発行できます。

もちろん、併設されているATMから現金をその場で借りることもできます。

>>>アコムはこちら

7位:プロミス

融資額1〜500万円
借入利率4.5〜17.8%
無利息期間最大30日間
申込対応24時間
審査の時間最短25分
融資までの時間最短25分
担保・保証人不要
  • オリコン顧客満足度ランキング2年連続1位
  • スマホで全てが完結
  • 振込融資は24時間365日利用可能

プロミスは、オリコン顧客満足度ランキングで2年連続1位を獲得したことのある商品です。

借り入れのみならず、契約書周りや返済などもスマホで完結する便利さが評価されています。

また、振込融資は24時間365日利用が可能です。

>>>プロミスはこちら

カードローンがおすすめの銀行ランキング

銀行のカードローンは消費者金融のものと比べて上限金利が低めに設定されています。

ただし、審査は消費者金融と比べて厳しめなので、申込には慎重な判断が必要です。

1位:三菱UFJ銀行バンクイック

融資額10万円〜500万円
借入利率年1.8〜年14.6%
無利息期間なし
申込対応24時間
審査の時間最短即日
融資までの時間最短1週間
担保・保証人不要
  • 営業時間外でも手数料ゼロ
  • 全国の提携ATM数が多い
  • 三菱UFJの口座がなくてもATM利用はできる

三菱UFJ銀行バンクイックは、営業時間外であっても手数料が発生しないので気にせず借りることができます。

また、全国の三菱UFJ銀行やセブン銀行・ローソン銀行のATMを手数料無料で使用できるので安心感があります。

三菱UFJ銀行の口座を持っていなくてもATM利用の借り入れだけであれば可能です。

>>>三菱UFJ銀行バンクイックはこちら

2位:三井住友銀行カードローン

融資額10万円〜800万円
借入利率年1.5〜年14.5%
無利息期間なし
申込対応24時間
審査の時間最短当日
融資までの時間最短当日
担保・保証人不要
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
  • 明細が自宅に郵送されない
  • 上限金利が低め
  • サポート体制が整っている

三井住友銀行カードローンは、取引の明細が自宅に郵送されることがないので、家族に知られる心配がほぼありません。

また、銀行カードローンということもあって上限金利が低めに設定されています。

サポートの体制も整っているので、不安が多い方には特におすすめのカードローンです。

>>>三井住友銀行カードローンはこちら

3位:三井住友カードのカードローン

融資額最大900万円
借入利率1.5~15.0%
無利息期間なし
申込対応24時間
審査の時間最短5分
融資までの時間最短5分
担保・保証人不要
  • 振込専用を選択すると金利が下がる
  • 返済を続けると金利が下がる
  • 銀行カードローンの中では比較的前向きな審査

三井住友カードのカードローンは、2種類のタイプが用意されている珍しいカードローンです。

カードタイプではなく振込専用を選択すると、上限金利を14.4%に引き下げることができます。

また、返済を続けることで翌年度から毎年0.3%金利を下げてもらうことも可能です。

>>>三井住友カードのカードローンはこちら

4位:楽天銀行スーパーローン

融資額10万円〜800万円
借入利率年1.9〜14.5%
無利息期間なし
申込対応24時間
審査の時間最短即日
融資までの時間最短翌日
担保・保証人不要
  • インターネット上で契約完結
  • 比較的金利が低い
  • 楽天会員は優遇の可能性あり

楽天銀行スーパーローンは、インターネット上で契約までを完結させることができるカードローンです。

また、銀行カードローンの中でも比較的金利が低く設定されています。

楽天会員であれば優遇を受けられる可能性もあるので、普段から楽天系列のサービスを利用している方には特におすすめです。

>>>楽天銀行スーパーローンはこちら

5位:イオン銀行カードローン

融資額10万円〜800万円
借入利率3.8〜13.8%
無利息期間なし
申込対応24時間
審査の時間最短翌日
融資までの時間最短翌日
担保・保証人不要
  • スマホのタッチで借り入れ可能
  • 審査と融資完了が早い
  • 提携ATMが多い

イオン銀行カードローンは、国内で初めてスマートフォンのNFC機能を活用してATMで借り入れできる機能を実現したカードローンです。

利用方法は簡単で、スマホに「スマっとATM」をダウンロードしてたら借りたい金額を入力した状態でイオン銀行のATMにかざすだけです。

カードローンの初心者には特におすすめと言える商品です。

>>>イオン銀行カードローンはこちら

カードローンの選び方は借りやすさを重視しよう

カードローンにはさまざまな種類があるので、実際に利用するにあたってどれを選ぶべきかは、お金を借りる際に何を重視するかによって変わります。

以下では、どういったカードローンを選ぶべきかについて目的別に説明しますので、カードローン選びの参考にしてください。

今すぐ即日で借りたいなら大手消費者金融

「何としてでも今日中にお金を借りたい」場合は、大手消費者金融のカードローンを利用することがおすすめです。

大手消費者金融では毎日多くの申込に対応するため、申込を受けてから融資を行うまでの工程がしっかりと体系化されています。

そのため、提出した書類に不備がなく信用情報にも問題がなければ、申込んでから数十分~数時間程度で融資を受けられることが多いです。

全国に設置してある自動契約機を利用すればその場でローンカードを発行してもらえますし、指定した金融機関の口座に振り込む形で融資を受けることもできます。

返済額を減らしたいなら上限金利が低めの銀行カードローン

毎月の返済額を減らしたい場合は、上限金利が低めの銀行カードローンを利用するとよいでしょう。

融資を受ける際に適用される金利は、返済負担に大きく影響する要素であり、カードローンではそれぞれ「〇〇.〇%~××.×%」のような形で金利を設けています。

実際に適用される金利は審査によって決定され、融資を受ける金額や当該カードローンを利用したことがある回数にもよりますが、上限金利に近い金利が設定されることが多いです。

消費者金融のカードローンと銀行カードローンを比較すると、後者のほうが上限金利が低めに設定されていることが多いので、返済負担を抑えたい場合は銀行カードローンを中心に検討しましょう。

ローンの審査通過が不安なら大手消費者金融

カードローンの審査に通過できるか不安であれば、大手消費者金融がおすすめです。

上述したように銀行カードローンでは上限金利が少し低めに設定されていますが、これは借りる側に「有利」な条件であることを意味しています。

そのため銀行カードローンでは、消費者金融に比べて審査が少し厳しめに行われる傾向にあります。

条件のよいところに申込みたいのはやまやまですが、審査落ちになってしまえば意味がありません。

消費者金融の中でもとくに大手は、常に多くの申込を受けていることに加えて、上限金利は銀行カードローンよりも高めなので、審査に通過しやすいカードローンといえます。

バレにくさ重視なら在籍確認や郵送物がないカードローン

カードローンの利用を周囲にバレたくない人は、在籍確認や郵送物がないカードローンを利用するとよいでしょう。

在籍確認が行われる場合、職場や自宅に電話がかかってくることが一般的ですし、契約後にローンカードや利用明細書が自宅に郵送されてくるカードローンもあります。

周囲に内緒でお金を借りたい人にとって、在籍確認や自宅への郵送物は避けて通りたいことは間違いないでしょう。

カードローンの中には電話での在籍確認なしで審査を終えられるところもありますし、自動契約機でのローンカード受け取りやカードレスでの契約が可能なところもあります。

在籍確認や郵送物に関しては、ホームページのQ&Aなどで説明していることが多いので、そういった内容も確認したうえでカードローンを選びましょう。

女性専用のレディースローンなら女性も安心

カードローンの申込での男性オペレーターとのやり取りが不安な人は、レディースローンを利用するのもひとつの方法です。

金融機関からお金を借りるのも怖いのに、そのために男性のオペレーターとやり取りをしなければならないのも辛い、と感じる女性の人もいると思います。

カードローンの中には、基本的に女性オペレーターが対応してくれるレディースローンを設けているところもあります。

同姓のオペレーターであれば安心して話しやすくなるため、カードローンへの申込のハードルも下がるでしょう。

すべてのカードローンでそういったサービスを行っているわけではないため、事前にレディースローンを取り扱っているカードローンを調べたうえで、申込みましょう。

他でも借りている人は借り換えローンやおまとめローン

他社での借入に対する返済が厳しくなってきて、新たにカードローンを探している人は、借り換えローンやおまとめローンを検討してみましょう。

複数のところから借り入れてしまうと、返済日や返済金額を適切に把握できなくなり、返済が遅れてしまうような可能性もあります。

借り換えローンやおまとめローンを利用して借入先をひとつに絞ることで、毎月の返済を滞りなく行いやすくなるでしょう。

借り換えローンやおまとめローンを利用すると、普通のカードローンを利用する場合よりも適用金利が低くなることもあるので、そういった点でも借り換えローンやおまとめローンの利用はおすすめです。

カードローンでお金を借りる方法

カードローンでお金を借りるためには、「申込→審査→契約」という工程を経る必要があります。

申込方法はカードローンによりさまざまですが、Web・電話・自動契約機・有人店舗などで申込が可能です。

Webであれば24時間いつでも申込めますし、電話であればオペレーターの人に相談しながら手続きを進められるなど、それぞれ特徴やメリットが異なるので、自分に合った方法で申込みましょう。

申込み後に必要書類を提出すれば、審査がスタートします。

審査を受けている間は申込者側で行うことはとくにありませんが、提出書類の内容確認などで金融機関から電話がかかってくることもあるので、電話には出られる態勢を維持しておくとよいでしょう。

審査に通過すれば、契約を経て借入を行えます。

申込のときに金融機関の口座を指定しておけば融資金を振り込んでもらえるので、その日のうちにお金が必要な人は振込融資を利用しましょう。

自動契約機や有人店舗で契約をすれば、その場でローンカードを発行してもらえるので、そのままATMを利用してお金を借りることもできます。

カードローンでの借入を返済する方法

カードローンでお金を借りたら、当然ですが返済しなければなりません。

カードローンでの返済方法にはいくつかのパターンがあるので、それぞれについて以下で詳しく説明します。

残高スライド元利定額返済方式のリボ払いが一般的

カードローンでは、残高スライド元利定額返済方式のリボ払いでの返済になっていることが多いです。

残高スライド元利定額返済方式では、借入残高に応じて毎月の返済金額が変動します。

借入残高が減っていくにつれて毎月の返済金額が少なくなっていくので、返済が進んでいることを実感しやすい返済方法です。

毎月の返済金額がいくらになるか、残高がどれくらいになれば返済金額が変わるかはカードローンによって異なるので、都度確認しながら返済することを心がけましょう。

元利定額返済方式のリボ払いもある

返済方式として、元利定額返済方式のリボ払いを採用しているカードローンもあります。

残高スライド元利定額返済方式では借入残高に応じて返済金額が変動しますが、元利定額返済方式は毎月の返済金額が一定なので、返済計画を立てやすいのが大きなメリットです。

ただし、返済を始めて間もないころは返済金額に占める利息の割合が大きいので、借入残高がなかなか減っていきません。

後述する繰上返済も活用しながら、なるべく速く元本を減らすことを意識するとよいでしょう。

少しでも返済を早めたい時は繰上返済で元本を減らす

カードローンの返済をなるべく早く終わらせたい場合は、繰上返済を適宜行うことが重要です。

カードローンでは毎月決まった期日までに決まった金額を返済する必要がありますが、それとは別に返済を行うこともできます。

繰上返済を行うことで元本を効率的に減らせるので、今後の返済負担を抑えられますし、完済までの期間も短くなります。

手持ちのお金と相談しながら、無理のない範囲で繰上返済を行うことを心がけるとよいでしょう。

そもそもカードローンとは個人でも借りられる融資

これまでカードローンを利用したことがなければ、そもそもカードローンとはどのようなサービスなのか、イマイチ分からない人もいるかもしれません。

そこで以下では、カードローンについてあらためて簡単に説明をしておきましょう。

カードローンは主に消費者金融系と銀行カードローンの2種類

カードローンは主に、消費者金融系と銀行カードローンの2種類に分けられます。

消費者金融系のカードローンは、アコムやアイフルといった消費者金融が取り扱っているカードローンで、銀行カードローンは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行といった銀行が取り扱っているカードローンです。

どちらもサービスとしての方向性に大きな違いはありませんが、消費者金融系のカードローンは即日融資が可能なところが多く、融資を受けやすいのが特徴です。

一方、銀行カードローンでは即日融資は受けられませんが、比較的低めの金利で借入を行えます。

どちらにも異なったメリットがあるので、カードローンを利用する際に何を重視するかを踏まえたうえで、申込むところを決めましょう。

借りたお金の使い道は自由

借りたお金の使い道が自由というのも、カードローンの大きな特徴のひとつです。

金融機関ではカードローン以外にも、住宅ローンや自動車ローン・ブライダルローンなど、さまざまなローンを取り扱っています。

そういったローンは住宅ローンなら住宅関連の費用、ブライダルローンなら結婚式関連の費用といったように、借り入れたお金の使い道が限定されているのが一般的です。

しかしカードローンでは、借り入れたお金を何に使うかは原則として自由です。

故障したテレビを買い替えるのに利用してもよいですし、友人と旅行に行く際の旅費の足しにしてもよいので、借りたお金をさまざまな形で活用したい人はカードローンを検討しましょう。

信用情報や返済能力を審査されて金利が決まる

カードローンの審査では、信用情報や返済能力がチェックされたうえで、融資の可否や適用金利が決まります。

信用情報とはこれまでの信用取引に関する履歴で、該当するのはクレジットカードの利用・支払い状況や、各種ローンの利用・返済状況などの情報です。

信用情報機関と呼ばれる機関で管理されており、カードローンの申込を受けた金融機関は、申込者の信用情報を信用情報機関に対して照会します。

返済能力は勤務先や雇用形態・勤続年数などから判断され、返済能力が高いと判断されれば低めの金利が適用されるケースが多いです。

カードローンに申込むにあたって、申込者側として信用情報や返済能力をどうにかできるわけではありませんが、そういった点がチェックされていることは念頭に置いておくとよいでしょう。

大手消費者金融ならインターネット完結でお金を借りられることも多い

大手消費者金融は、インターネット完結でお金を借りられる体制を整えているので、スキマ時間を活用して申込や契約の手続きを進められます。

お金を借りたいと思っていても、仕事が忙しいなどの理由で手続きする時間がなかなか取れない場合は、大手消費者金融を利用するとよいでしょう。

また、自動契約機を利用したり自宅に郵送物が送られてきたりすると、それがきっかけでカードローンの利用がバレることも考えられます。

カードローンの利用をバレたくない人にとっては、すべてをインターネット上で完結させられるということも、大手消費者金融を利用する動機になるでしょう。

金利は高め

ローンを利用してお金を借り入れる場合、必ず金利が適用されますが、カードローンの金利はほかのローンの金利と比べると総じて高めです。

金利は返済負担に直接的に関わる要素で、なるべく金利の低いところで借り入れたほうが総返済額を抑えられます。

カードローンは融資までのスピードが早い、借り入れたお金を何に使うかは自由といったメリットがある一方で、金利が高めというデメリットも抱えています。

こういったメリット・デメリットをきちんと把握したうえで、カードローンを利用するかどうかを検討しましょう。

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードは、「お金に余裕がないときに便利な方法」として比較されることも多いですが、両者の機能や役割は根本的に大きく異なります。

ここまで説明してきたように、カードローンを利用すれば決められた範囲内の金額でお金を借りることができます。

そのため、「電気代を支払わなければならないのに手持ちの現金がない」というようなケースでは、カードローンが役立ちます。

一方クレジットカードは、ショッピング時に利用することで手持ちの現金がなくても支払いを行えます。

つまりカードローンが「現金を用意できるもの」であるのに対して、クレジットカードは「現金の代わりに利用できるもの」といえるでしょう。

何かしらの方法で支払いを行わなければならないときは、カードローンでもクレジットカードでも対応できますが、現金で支払いを行わなければならないときはカードローンのほうが便利です。

ただしカードローンは借入であるため後に返済しなければなりませんが、クレジットカードはあくまでも支払いを後回しにしているだけで借入ではないので、返済負担を心配する必要はありません。

また、クレジットカードには「キャッシング枠」というお金を借り入れられる機能が付いているものもあるので、カードローンのような形で利用できることもあります。

このように、カードローンとクレジットカードはそれぞれ特徴が異なるので、どちらのほうがより今の状況に適しているかを踏まえて利用するとよいでしょう。

カードローンでよくある質問

これまでカードローンを利用したことがない人にとって、カードローンでお金を借りるにあたって不安に思ったり疑問だったりすることは、多々あると思います。

そこで以下では、カードローンを利用したい人によくある質問に対してQ&A形式で回答していきますので、実際にカードローンに申し込む前にぜひ参考にしてください。

カードローンの利用には年齢制限はありますか?

カードローンでは、「18歳以上」や「20歳以上」といった形で年齢制限が設けられています(何歳から借りられるかはカードローンによって異なる)。

そのため、そのカードローンで設けられている年齢制限未満の年齢では、お金を借りることはできません。

また、年齢に加えて「安定した収入と返済能力」が条件として設けられていることが多いので、その点にも注意しましょう。

カードローンで今日中にお金を借りることはできる?

大手消費者金融を中心に、即日融資が可能な体制を整えているカードローンは多いです。

ただし即日融資が可能なカードローンでも、申込〜契約までの手続きに時間がかかってしまえば、その日のうちにお金を借りるのは難しいこともあります。

カードローンで当日中にお金を借りたい場合は即日融資が可能なカードローンを選んで、提出が必要な書類をあらかじめ用意したうえで、なるべく早い時間帯に申し込むことを意識しましょう。

審査がないカードローンはある?

審査がないカードローンは、ありません。

カードローンでは申込者に対して、信用情報などを照会して審査を行いますが、これは申込者がきちんと返済できそうかを確認するために欠かせない工程です。

返済が見込めない相手に対して融資をした場合、損害を被るのは融資を行った金融機関自身なので、カードローンで融資を受けるためには審査は避けて通れません。

カードローンに申し込むと必ず電話がかかってくる?

カードローンに申し込むと電話がかかってくるかどうかは、ケースバイケースです。

最近では、電話以外の方法で在籍確認や本人確認を行うカードローンも増えてきているので、カードローンに申込んだからといって必ずしも電話がかかってくるわけではありません。

審査状況によっては電話がかかってくる可能性もあるので、審査結果を待っている間は電話に対応できる態勢を維持しておくのが望ましいでしょう。

カードローンで借りたお金をパチンコや競馬に使っても大丈夫?

カードローンで借りたお金は原則として何に利用してもよいですが、ギャンブルに利用することは禁止されているのが一般的です。

そのため、カードローンで借りたお金をパチンコや競馬に使うのは控えましょう。

借りたお金をギャンブルですって、また新たに借入を行う…という負のループにはまってしまう危険性もあります。

おすすめカードローンのまとめ

カードローンはさまざまな金融機関で取り扱われているので、重視したい要素によって利用するカードローンを選びましょう。

その日のうちにお金が必要なのであれば即日融資に対応している大手消費者金融系のカードローン、返済負担をなるべく抑えたいのであれば適用金利が低めな銀行カードローンがおすすめです。

カードローンの中には、インターネット上ですべての手続きを完結させられるところもあれば、ローンカードなしでカードレスで利用できるところもあります。

それぞれのカードローンの特徴やメリット・デメリットを踏まえたうえで、自分にとってもっとも使いやすそうだと感じるカードローンを選びましょう。

アイフル

カードローンを利用したいなら「アイフル」がおすすめです。

アイフルなら24時間365日申し込み可能なので急な出費にも対応できます。

審査から融資スピードまで最短20分ととても早く便利なので、今すぐ手元にお金が欲しい方におすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

執筆者

保険会社、証券会社、銀行からの情報を一挙に収集し、ワンストップで提供し、お客様の資産運用をトータルにサポートしている会社。投資信託・保険・住宅ローン・税金・家庭の資金管理、資産運用の専門知識を持ったファイナンシャルプランナーが在籍。

目次