カードローン

【2021最新】低金利カードローンおすすめランキング9選|金利を下げるコツも紹介!

カードローンを利用するときに、できるだけ低金利で借りたいと思う人は多いでしょう。しかし、どのカードローンを選ぶべきか悩む人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、カードローンの金利と計算方法や低金利のカードローンなどを解説します。

この記事を読めば、低金利のカードローンについての理解が深まるでしょう。低金利のカードローンを探している人は、ぜひ参考にしてください。

今すぐおすすめランキングが見たい方は、下のボタンを押してください。

今すぐ低金利のカードローンランキング4選を見る

今すぐ金利が安い銀行フリーローンランキング5選を見る

低金利のカードローンの中で、とくにおすすめなのは以下の3つです。30日間金利0円サービスや最短60秒仮審査などのメリットがあるので、ぜひ申し込んでみてください。

おすすめの低金利カードローンTOP3

  1. アコム|30日間金利0円サービスあり!
  2. プロミス|申し込みから借入までWebで完結
  3. SMBCモビット|Tポイントが貯まる!

カードローンの金利とは?計算方法も解説

低金利カードローンパーセント

カードローンの金利とは、お金を借りたときに発生する利息の割合を示すものです。利息とは、お金を借りた際に支払う手数料、つまりお金を貸し付けた側の利益となるお金を指します。

金融機関はボランティアでお金を貸しているわけではないので、お金を借りたら相応の対価を支払わなければなりません。利息額は、以下の式によって計算します。

  • 利息額 = 借入残高 × 利率(年利) ÷ 365日 × 借入期間

仮に100万円を30日間、金利10%で借りた場合「100万円 × 10% ÷ 365日 × 30日 = 8,219円」の利息がかかります。(小数点以下切り捨て)

利息は借入残高に対して発生するものなので、返済によって借入残高が減ると利息の金額も下がります。

カードローンとフリーローンの違い

低金利カードローンクエスチョン

お金の借入先を探しているときに、「カードローン」と「フリーローン」を見かけることがあるでしょう。どちらも用途は自由ですが、以下のような違いがあります

カードローンフリーローン
・限度額の範囲内なら何度でも借入・返済が可能
・金利が高め
・審査が初回の1回のみ
・借入は1回のみ
・金利が低め
・もう1度借り入れたい場合は再審査を受ける必要がある

使い勝手重視ならカードローン、金利の低さ重視ならフリーローンなど、目的に合わせて使い分けましょう

低金利のカードローンランキング4選|借り換えにもおすすめ!

低金利カードローンランキング

生活費や趣味のために複数回借り入れる可能性がある人には、カードローンがおすすめです。しかし、カードローンは種類が多く、どれを選べば良いのかわからない人もいるでしょう。そこで、借り換えにおすすめの低金利カードローンをランキング形式で紹介します。

名称金利
アコム3.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
SMBCモビット3.0~18.0%
レイクALSA4.5~18.0%

なかなか借入先が決まらない人は、ぜひチェックしてみてください。

アコム

アコム

引用元:アコム公式HP

アコムのカードローンは、24時間365日、全国のアコムATMや提携ATMで借入・返済できる利便性が魅力です。

初めてアコムを利用する人は、「30日間金利0円サービス」で契約日から30日間無利息で利用できるメリットもあります。使いやすいカードローンを希望する人、短期間で返済できる人におすすめです。

金利(実質年率)3.0~18.0%
借入可能額1万~800万円
申込条件・20歳~69歳まで
・安定収入と返済能力を有し、アコムの基準を満たすこと

アコムのカードローンは契約日から30日間無利息で利用できるので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐアコムに申し込む

プロミス

引用元:プロミス公式HP

急ぎで借入したい人は、プロミスに申し込んでみてはいかがでしょうか。「お借入シミュレーション」を利用すれば、最短15秒で借入可能かどうかが確認できます

アプリローンを使えば、申し込みから借入まで、すべてWeb上で完結可能です。上限金利が17.8%と、ほかの消費者金融のカードローンよりもやや低いというメリットもあります。

金利(実質年率)4.5~17.8%
借入可能額500万円まで
申込条件・20以上69歳以下
・本人に安定収入があること

プロミスは最短15秒で借入可能かどうかが確認できるので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐプロミスに申し込む

SMBCモビット

モビット

引用元:SMBCモビット公式HP

SMBCモビットは、借入可能額が最高800万円と高く、金利が3.0%~に設定されているのが魅力のカードローンです。

また、返済額の利息分200円につきTポイントが1ポイント貯まるため、実質金利を下げられるメリットがあります。貯まったTポイントは、1ポイント = 1円として返済に充当可能です。

金利(実質年率)3.0~18.0%
借入可能額1万~800万円
申込条件・20以上69歳以下
・安定した定期収入があること

SMBCモビットは利息分200円につきTポイントが1ポイント貯まるので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐSMBCモビットに申し込む

レイクALSA

レイクALSA

引用元:レイクALSA公式HP

レイクALSAは新規申し込みで60日の無利息期間がつくため、実質金利を下げることが可能です。

さらに、初めての借入では、借入額のうち5万円分の利息が180日間0円になります。21時までにWeb申し込みをすれば最短60分で契約完了、当日振込もできるので、急ぎの人にもぴったりです。

金利(実質年率)4.5~18.0%
借入可能額1万~500万円
申込条件・満20~70歳
・日本国内居住、または日本の永住権を取得している

レイクALSAは新規申し込みで60日の無利息期間がつくので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐレイクALSAに申し込む

金利が安い銀行フリーローンランキング5選|50万・100万などまとめてお金を借りる際にも便利!

低金利カードローン星ランキング

50万円・100万円などまとめて借りるのに便利なローンを探しているなら、以下の5種類がおすすめです。

名称金利
楽天銀行カードローン1.9~14.5%
みずほ銀行カードローン1.5~14.0%
じぶん銀行1.48~17.5%
三井住友銀行フリーローン年5.975%
横浜銀行フリーローン1.9~14.6%

銀行のローンは審査にやや時間がかかりますが、低金利で借入可能額が高い傾向にあります。急ぎで借り入れる必要がないのであれば、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

引用元:楽天銀行カードローン公式HP

楽天ユーザーなら、楽天銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。金利が1.9~14.5%と低く、入会・利用で楽天ポイントが最大31,000ポイントもらえます。さらに、楽天会員のランクによって審査の優遇があるのも魅力です。

金利(実質年率)1.9~14.5%
借入可能額800万円まで
申込条件

以下の全ての条件を満たすこと
・満年齢20歳以上62歳以下(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)
・日本国内居住、または永住権・特別永住権を取得している
・仕事をしていて毎月安定した定期収入を得ている
・楽天カード株式会社、またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられる

楽天銀行カードローンは入会・利用で楽天ポイントが最大31,000ポイントもらえるので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐ楽天銀行カードローンに申し込む

みずほ銀行カードローン

引用元:みずほ銀行カードローン公式HP

みずほ銀行を利用している人は、みずほ銀行カードローンが便利でしょう。手持ちのみずほ銀行のキャッシュカードを、そのままカードローン用カードとして利用できます

みずほ銀行・イオン銀行の他行宛振込手数料が月3回まで無料になるのもメリットです。

金利(実質年率)1.5~14.0%
借入可能額10万円~800万円
申込条件以下の全ての条件を満たすこと
・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
・安定かつ継続した収入が見込める
・保証会社の保証を受けられる
・外国人の場合は永住許可を受けている

みずほ銀行カードローンはキャッシュカードをカードローン用カードとして利用できるので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐみずほ銀行カードローンに申し込む

auじぶん銀行カードローン

引用元:じぶん銀行公式HP

auじぶん銀行カードローンは、借り換えにも使えるカードローンです。申し込みはネットからで、明細書の郵送もないので、プライバシーを守りつつ利用できます。

au ID所有者は、借り換えコースの金利が最大年0.5%優遇されるので、au IDを作成してから申し込むのがおすすめです。

金利(実質年率)1.48~17.5%
借入可能額10万~800万円
申込条件以下の全ての条件を満たすこと
・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
・安定継続した収入がある
・保証会社のアコム(株)の保証を受けられる
・外国人の場合は永住許可を受けている

auじぶん銀行カードローンはau ID所有者の金利が優遇されるので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐauじぶん銀行カードローンに申し込む

三井住友銀行フリーローン

三井住友銀行フリーローン

引用元:三井住友銀行フリーローン公式HP

三井住友銀行フリーローンは、年5.975%という低金利で利用できるフリーローンです。

申し込み条件に年齢や年収などの指定があり、やや厳しいですが、低金利を求める人にはぴったりでしょう。三井住友銀行の住宅ローン利用者なら、年3.0%の金利優遇が受けられます

金利(実質年率)年5.975%
借入可能額10万~300万円
申込条件以下の全ての条件を満たすこと
・申込時満20歳以上満65歳以下
・前年度税込年収(個人事業主は所得金額)が200万円以上で、現在安定収入がある
・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
・契約時に来店(ローン契約機)できる
・日本国内在住

三井住友銀行フリーローンは年5.975%という低金利で利用できるので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐ三井住友銀行フリーローンに申し込む

横浜銀行フリーローン

横浜銀行フリーローン

引用元:横浜銀行フリーローン公式HP

横浜銀行フリーローンは、借入可能額が最高1,000万円と高額なのが特徴です。金利も1.9~14.6%と低いので、高額融資を希望する人は利用を検討するとよいでしょう。

ただし、申し込めるのが神奈川県や東京都など、一部地域に居住・勤務している人に限られる点に注意が必要です。

金利(実質年率)1.9~14.6%
借入可能額10万~1,000万円
申込条件以下の全ての条件を満たすこと
・契約時満20歳以上69歳以下
・本人、または配偶者に安定した収入がある
・神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県(前橋市・高崎市・桐生市)に居住または勤めている
・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
・横浜銀行、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報取り扱いに同意できる

横浜銀行フリーローンは最高1,000万円の高額融資も対応しているので、ぜひ下記より申し込んでみてください。

今すぐ横浜銀行フリーローンに申し込む

【比較】銀行フリーローンは消費者金融カードローンよりも低金利!

低金利カードローン%下がる

銀行のカードローンやフリーローンは、消費者金融のカードローンと比較すると金利が低い傾向にあります。銀行は消費者金融などの金融機関よりも資金調達力があり、経営も安定しているためです。

上記で紹介したカードローン・フリーローンを比較してみてください。消費者金融のカードローンの多くは上限金利が18.0%程度なのに対し、銀行のローンは14.0%程度のものがほとんどです。とにかく低金利重視というのであれば、銀行のローンを利用すると良いでしょう。

カードローンより銀行フリーローンの方が審査は甘い

低金利カードローンOK

カードローンと銀行フリーローンでは、銀行フリーローンのほうが審査が甘い傾向にあります。

カードローンは設定されている利用限度額の範囲内であれば、何度でも借入が可能です。つまりお金を貸す側からすると、返済が滞るリスクが高いといえます。

対してフリーローンは、基本的に1度借りたら追加融資は受けられません。もう1度借り入れたい場合は再度審査を受ける必要があるため、返済が滞るリスクがカードローンより低いのです。そのため、フリーローンのほうが審査が易しくなります。

条件次第で低金利に!お得なろうきんフリーローンとは

低金利カードローン銀行

できるだけ低金利で借入したいのであれば、ろうきんのフリーローンも検討してみてはいかがでしょうか

ろうきんのフリーローンは、「組合員であること」「勤続1年以上であること」など、細かい条件が設定されています。人によっては条件を見て面倒に感じることもあるかもしれません。

しかしろうきんは非営利の金融機関であるため、フリーローンの金利が低いというメリットがあります。さらに団体の組合員・生協会員やその家族などは金利が優遇されるため、ぜひチェックしてみてください。

個人で超低金利ローンを利用する際の注意点

低金利カードローンチェック

利息は元金の返済に上乗せして支払うものなので、低金利であるほど返済総額を安くできます。

そのため、「できるだけ低金利のローンを」と考える人も多いでしょう。しかし、個人で低金利ローンを利用する際には、以下の2点に注意が必要です

  • 上限金利を確認する
  • 低金利であるほど審査が厳しくなる

これらのポイントを理解しておかないと「超低金利で借り入れるつもりが金利が高くなった」ということも起こり得ます。カードローンやフリーローンに申し込む前に、しっかり確認してみてください。

上限金利を確認する

個人で低金利のカードローンやフリーローンを利用するときには、上限金利を確認しましょう。

多くの低金利ローンでは、金利が「年3.0~18.0%」のように記載されています。なぜこのように幅を持たせて書かれているのかというと、利用限度額によって金利が変わるためです。

仮に、金利が年3.0~18.0%、借入可能額が10万~500万円のカードローンがあるとしましょう。この場合、利用限度額が500万円に設定されたら3.0%の金利になりますが、10万円だと18.0%の金利になります。

つまり、利用限度額が高いほど金利は低くなるのです。といっても、利用限度額は審査の結果に応じて決まるため、申込者が自分で指定することはできません

最高額で利用限度額が設定されることは少ないので、借入先を決めるときには上限金利を比較することが大切です。

低金利であるほど審査が厳しくなる

銀行のカードローン・フリーローンなど、低金利のローンは審査が厳しくなる点にも注意が必要です。

金利が高いと金融機関が得る利益が多いため、万が一利用者が返済不能に陥っても、利益によってある程度相殺できます。

対して、金利が低いと金融機関が得る利益が少ないので、利用者が返済不能に陥った場合に利益で相殺しづらくなるのです。つまり低金利のローンは金融機関にとってリスクが高いため、利用者をより厳しく調査します

低金利のローンは年齢や勤続年数など、申込条件も細かく設定されていることがあるので、申し込み前によく確認しましょう。

カードローンの金利を下げるコツ

低金利カードローン電球

できるだけ低金利で借入するには、上限金利が低いカードローンを選ぶことが大切です。

しかし、低金利のカードローンの申込条件を満たせないなどで、なかなか良いカードローンが見つからないこともあるかもしれません。そんなときは、以下の3つの方法を試してみるとよいでしょう。

  • 限度額を増額申請する
  • 一定期間の無利息サービスで実質金利を下げる
  • 複数の借入を一つにまとめる

すでにカードローンを利用している人でも実践できる方法もあります。下記にてくわしく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

限度額を増額申請する

利用中のカードローンの金利を下げたいときにおすすめなのが、利用限度額の増額申請です。

前述のとおり、カードローンの金利は利用限度額が高いほど低く設定されます。利用限度額を増額すれば、その金額に応じて金利が再設定されるので、金利を下げることが可能です。

ただし、利用限度額の増額申請を行うと、これまでの返済実績や現在の年収などを調査されます。

滞納せずに返済を続けている、年収が大幅に上がったなどの実績がないと、増額申請が通らない可能性が高いので注意しましょう。

一定期間の無利息サービスで実質金利を下げる

一定期間無利息サービスで実質金利を下げるという方法もあります。一定期間無利息サービスとは、期間内であれば元金を返済するだけで良く、利息を支払う必要がないというものです。

期間限定とはいえ利息0円で借入できるため、以降の金利が多少高くても、実質金利を下げられる可能性があります。無利息期間の有無や、日数はカードローンによって異なるので、申し込み前に調べてみましょう。

なお、返済が長期化すると無利息期間の恩恵がなくなるので、短期で返済できる人に向いています。

複数の借り入れを一つにまとめる

複数のカードローンを借入を合計すると100万円を超える場合は、それを一つにまとめることでも金利を下げられます

借入の合計額が100万円を超える場合は、利息制限法によって金利が原則15%以下になるためです。

A社で30万円、B社で30万円、C社で50万円をそれぞれ金利18%で借りているとしましょう。これを一本化できれば110万円になるので、金利が15%以下に引き下げられます。返済先が1ヵ所になるので、返済管理もしやすくなるでしょう。

まとめ

低金利カードローンカード

カードローンを利用するときは、できるだけ低金利のものを選ぶと返済総額が安く済みます。カードローンによって金利が異なるため、各金融機関の金利を比較してみましょう。

金利を比較する際に下限金利を見てしまうと、思ったより金利が高くなる可能性があります。ゆとりを持った返済計画を立てるためにも、上限金利を見ることが重要です。

なかなか借入先が決まらないときは、ぜひ今回の記事で紹介したカードローン・フリーローンから選んでみてください。

低金利のカードローンの中で、とくにおすすめなのは以下の3つです。30日間金利0円サービスや最短60秒仮審査などのメリットがあるので、ぜひ申し込んでみてください。

おすすめの低金利カードローンTOP3

  1. アコム|30日間金利0円サービスあり!
  2. プロミス|申し込みから借入までWebで完結
  3. SMBCモビット|Tポイントが貯まる!

-カードローン
-, ,

© 2021 マネーの学校