ローン

【徹底比較】おまとめローンおすすめ9選をランキング形式で紹介|選び方のコツや審査落ちの理由は?

「複数の借り入れを一つにまとめたい」「いくつも返済するのがつらい…」とお悩みの方もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、複数の借り入れをまとめることができる「おまとめローン」です。

今回はおまとめローンの選び方やおまとめローンのおすすめランキングを紹介します。

おまとめローンの審査に落ちてしまう理由もあわせて解説していますので、なかなか審査を通過できない方は参考にしてみてください。

複数の借り入れを一本化して、返済管理を楽にしましょう。

今すぐおすすめランキングが見たい方は、下のボタンを押してください。

今すぐおまとめローンおすすめランキング9選を見る

今回紹介するおまとめローンのなかでもとくにおすすめなのが、次の3つです。

どのおまとめローンも好条件なので、ぜひ申し込んでみてください。

おまとめローンおすすめ3選

  1. SMBCモビット|最短30分で融資可能
  2. プロミス|主婦やパート、アルバイトでも申し込み可能
  3. 中央リテール|金利が低い

おまとめローンの仕組み

おまとめローンはその名のとおり、複数の借り入れを1つのローンにまとめる仕組みの金融商品です。

「おまとめローン」としておまとめ専用商品を提供している金融機関もありますが、フリーローンなど目的が自由なローンを利用して借り入れを一本化する方法も存在します。

複数の借り入れがある場合、「返済日がバラバラで管理が面倒」「すべてを合わせた時の残額が分からない…」など、返済管理に手間がかかるのが大きなデメリットでしょう。

しかし、おまとめローンで借り入れを一本化すれば、返済日や残額が一目で分かるようになります

おまとめローンはどこがいい?選び方の3つのコツ

おまとめローンやフリーローンなど、借り入れを一本化するためのローンは多数ありますが、次の3つのポイントに注目して選ぶと絞り込みやすくなるでしょう。

  • 毎月の返済負担は軽くなるか
  • 金利が下がってお得か
  • 現在の借り入れが一本化できるか

①毎月の返済負担は軽くなるか

おまとめローンに変更した場合、現在の返済額よりも月々の負担が軽くなるかどうかを確認して選ぶのがおすすめです。

借り入れを一本化しても月々の返済負担が増えてしまったら、まとめるメリットは少ないでしょう。

ほとんどのローン商品は公式HPなどから返済シミュレーションができます

気になる商品を絞り込んだら、いくつかシミュレーションを行って月々の返済額を比較してみましょう。

②金利が下がってお得か

現在利用しているローンよりも低金利の商品を選ぶと、借り入れの総額を減らすことができるでしょう。

しかし、おまとめローンを選ぶときは金利の幅に注意して確認する必要があります。

たとえば下限金利3.0%、上限金利が17.0%と設定されていても、上限金利に近い数値で設定されるケースが多いのです。

下限金利の数値を目安にするよりも、上限金利の数値を目安にして商品を比較してみましょう。

③現在の借り入れが一本化できるか

おまとめローンは、すべての借り入れをまとめられるとは限らないため、まとめられる借り入れの範囲が広い商品を選ぶのがおすすめです。

たとえば「銀行ローンと消費者金融ローンはまとめられない」など、一部除外されるケースも少なくありません。

次の3種類の借り入れをまとめられるローンを選ぶと、ほとんどの借り入れを一本化できるでしょう。

  • 消費者金融からの借り入れ
  • 銀行からの借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング

おまとめローンおすすめランキング9選

「おまとめローンの特徴や条件を比較して選びたい」という方向けに、おすすめのおまとめローンランキング9選を紹介します。

限度額や金利を一覧で比較したい方は、下記の表をチェックしてみてください。

商品名利用限度額金利
SMBCモビット1万円~800万円3.0〜18.0%
プロミス300万円6.3~17.8%
中央リテール500万円10.95~13.0%
横浜銀行1,000万円1.5〜14.6%
アイフル800万円3.0%~17.5%
東京スター銀行30万円〜1,000万円9.8%・12.5%・14.6%
イオン銀行10万円〜700万円3.8%~13.5%
ライフカード500万円12.0~16.5%
auじぶん銀行・カードローンau限定割 誰でもコース10万円〜800万円
・カードローンau限定割 借り換えコース100万円〜800万円
1.48~17.5%

SMBCモビット

引用元:SMBCモビット公式HP

SMBCモビットにはおまとめローンはありませんが、限度額が800万円までなので、おまとめに最適です。

最短30分で融資可能なので、すぐに複数の借り入れをまとめたい方にもおすすめ

また返済で貯めたTポイントを返済に充てることもできるので、返済額を減らせます。

金利3.0〜18.0%
限度額1万円~800万円
最短融資30分
担保・保証人不要
申し込み条件年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能。
WEB完結

SMBCモビットは最短30分で融資可能なので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐSMBCモビットに申し込む

プロミス おまとめローン

引用元:プロミス公式HP

プロミスのおまとめローンは主婦やパート、アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能なので、なかなか審査に通らない方にもおすすめ。

また、ほかの消費者金融ローンと比較すると金利が低めなので、まとめたい金額があまり大きくない方に向いています。

金利6.3~17.8% 
限度額300万円
最短融資要問い合わせ
担保・保証人不要
申し込み条件年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申込み可能。
WEB完結

プロミスはほかの消費者金融ローンよりも金利が低めなので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐプロミスに申し込む

中央リテール おまとめローン

引用元:中央リテール公式HP

中央リテールのおまとめローンは限度額が500万円と高めで、金利が低いのが大きな特徴です。

また相談窓口の担当者は全員が国家資格を取得。

きちんとプロに相談して月々の返済額を軽減させたい方におすすめです。

金利10.95~13.0%
限度額500万円
最短融資1日
担保・保証人不要
申し込み条件要問い合わせ
WEB完結

中央リテールは金利が低めなだけでなく、親身に相談に乗ってくれるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ中央リテールに申し込む

横浜銀行カードローン

引用元:横浜銀行公式HP

横浜銀行はおまとめローン専用商品はないものの、複数の借り入れをおまとめすることが可能。

限度額も1,000万円なので、借り入れ総額が大きい方におすすめです。

また横浜銀行のカードローンはコンビニなどのATMで利用することができ、手数料もかからないのが利点です。

金利1.5〜14.6%
限度額1,000万円
最短融資契約後すぐ
担保・保証人不要
申し込み条件横浜銀行の条件を満たす方
WEB完結

横浜銀行のカードローンは金利が低く、おまとめも可能なので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ横浜銀行カードローンに申し込む

アイフル おまとめMAX

引用元:アイフル公式HP

アイフルの「おまとめMAX」は貸金業者、銀行ローン、クレジットカードの借り入れをおまとめすることができます

WEBからの申し込みなら24時間365日受付けているので、すぐにおまとめしたい方、借り入れ先が多い方に最適です。

金利3.0%~17.5%
限度額800万円
最短融資要問い合わせ
担保・保証人不要
申し込み条件満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
WEB完結

アイフルのおまとめMAXは金利、限度額、対応スピードなどバランスが取れているので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐアイフルに申し込む

東京スター銀行 スターワン乗り換えローン

引用元:東京スター銀行公式HP

東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」は審査条件がやや厳しいものの、条件に当てはまれば低金利でおまとめできるのがメリットです。

また、1000万円まで1万円単位で借り入れできるので、細かく借り入れ金額を指定したい方に最適でしょう。

金利9.8%・12.5%・14.6%
限度額3日(仮審査期間)
最短融資30万円〜1,000万円
担保・保証人不要
申し込み条件お申し込み時、満20歳以上、65歳未満の方給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員の方)年収200万円以上の方保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる方
WEB完結

東京スター銀行は審査を通過できれば好条件でおまとめできるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ東京スター銀行に申し込む

イオン銀行イオンアシストプラン

引用元:イオン銀行公式HP

イオン銀行は限度額が高く、金利が低いのが大きな特徴

じっくりとおまとめローンを検討し、できるだけ条件がいいローンをお探しの方におすすめです。

金利3.8%~13.5%
限度額10万円〜700万円
最短融資要問い合わせ
担保・保証人不要
申し込み条件イオン銀行の条件を満たす方
WEB完結

イオン銀行は金利が低く、限度額が大きいというメリットがあるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐイオン銀行に申し込む

ライフカード サポートローン

引用元:ライフカード公式HP

ライフカードサポートローンはクレジットカードのキャッシングだけでなく、ショッピング利用分もおまとめできるのが大きな特徴。

消費者金融や銀行などのローンだけでなく、クレジットカードを利用する機会が多い方におすすめです。

金利12.0~16.5%
限度額500万円
最短融資7日
担保・保証人不要
申し込み条件満26歳以上で安定した収入のある方
WEB完結要問い合わせ

ライフカードのサポートローンはクレジットカードでのショッピング利用分もおまとめできるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐライフカードに申し込む

auじぶん銀行 じぶんローン

引用元:auじぶん銀行公式HP

auじぶん銀行の「じぶんローン」はauのIDを持っている方なら金利が優遇されるという利点があるため、auユーザーにおすすめ。

手続きはスマホで完了するほか、ATM手数料がかからないのも大きなメリットです。

金利1.48~17.5%
限度額・カードローンau限定割 誰でもコース10万円〜800万円
・カードローンau限定割 借り換えコース100万円〜800万円
最短融資要問い合わせ
担保・保証人不要
申し込み条件ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま
安定継続した収入のあるお客さま(自営、パート、アルバイトを含みます)
保証会社であるアコム(株)の保証を受けられるお客さま
WEB完結

auじぶん銀行のじぶんローンはauユーザーなら金利が優遇されるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐauじぶん銀行に申し込む

600万のおまとめローンを成功させるには?

結論から言うと、600万円のおまとめローンを成功させることは可能と言えます。

総量規制には「顧客に一方的有利となる借り換え」は例外とされているため、おまとめローンは例外となる可能性が高いのです。

しかし、いくら総量規制に当てはまらないとはいえ、返済できない方に貸付を行う銀行や消費者金融は少ないでしょう。

600万円の借り入れを実現させる方法として有力なのは「不動産担保ローン」ですが、おまとめローンのように総量規制の例外となる場合、自宅を担保にすることは禁止されています。

そのため、返済の目処が立たない場合、600万円のおまとめローンは難しいのが現実。

「全部でなくてもある程度のローンをまとめたい」という方は、希望額を300万円ほどまで下げると審査を通る可能性が高くなるでしょう。

おまとめローン審査落ちの理由

何度もおまとめローンの審査に落ちてしまうのには理由があります。

とくに以下の3つの理由が原因で審査落ちしてしまう方が多いので、何度もおまとめローンに申し込む前に一度見直してみましょう。

  • 安定した収入がない
  • 信用情報に問題がある
  • 希望額が高すぎる

安定した収入がない

おまとめローンに限らず、ほとんどのローン商品には「安定した収入がある方」という条件が記載されていることが多いです。

また、おまとめローンの場合、「返済能力がある方」と記載されている商品も多数あります。

おまとめローンの申し込み条件例は下記のとおりです。

おまとめローン申し込み条件
アイフル
おまとめMAX・かりかえMAX
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
アコム
借換え専用ローン
20歳以上69歳以下の、安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

このように、おまとめローンは通常のローン商品よりも返済能力を重視されるケースが多いと言えます。

おまとめローンには貸金業法の総量規制が適用されないとはいえ、返済能力がないと判断されれば審査に落ちる可能性もあるでしょう。

信用情報に問題がある

クレジットやローンの契約や申し込み、返済状況が記録された信用情報に問題があれば、おまとめローンをはじめとした新規ローン契約は難しいでしょう。

とくに下記の項目に当てはまる方は、信用情報に問題があると判断され、審査に落ちているかもしれません。

  • 4社以上から借り入れしている
  • 借り入れの合計額が膨らんでいる(数百万円以上)
  • 返済を滞納している
  • 何度も滞納したことがある
  • 複数のローンに申し込んでいる

延滞していたり、借り入れ金額が膨らんでいたりしても審査に通るケースはありますが、審査する上で不利になると覚えておきましょう。

希望額が高すぎる

おまとめローンに限らず、収入や職業に対して希望額が大きすぎると「返済できない」と判断され、審査に落ちてしまうケースがあります。

どのローンでも借り入れ額が大きくなると審査は厳しくなるため、借り入れ総額よりも高い金額で申し込んでいる場合は、希望金額を下げてみましょう。

また、金利が低いローンは金利が高いローンよりも審査が厳しいと言われているので、金利が高めの商品に申し込んでみるのも一つの方法です。

審査激甘または必ず借りれるおまとめローンはある?

「審査が甘いローン」と謳うことは法律で禁止されているため、審査が激甘なローンを探すのは難しいでしょう。

しかし実際に審査に通りやすい=審査通過率が高いローンは存在します

審査の通りやすさは下記を参考にしてみてください。

  • ろうきんや農協:厳しい
  • 銀行や信用金庫:やや厳しい
  • 大手消費者金融:やや通りやすい
  • 中小消費者金融:通りやすい

一般的に消費者金融は審査通過率が高めなので、銀行のローンに落ちてしまった場合は、消費者金融ローンがおすすめ。

なかでも中小消費者金融はさらに審査に通りやすいと言われています。

他社延滞中でもおまとめローンで借入できる可能性はある

おまとめローンは多重債務者はもちろん、返済を延滞していても借り入れできる場合があります。

しかし、延滞している方は審査に通りにくい傾向があるので、ろうきんや銀行など審査が厳しいと言われているローンに申し込むのはおすすめできません。

多重債務者向けのおまとめローンでも、返済能力がないと判断されれば審査に落ちてしまいます。

「返済を滞納している=返済能力がない」と判断される可能性は非常に高いでしょう。

滞納分の返済が難しい場合、審査が通りやすいと言われる中小消費者金融のおまとめローンに申し込むのがおすすめです。

まとめ:おまとめローンはメリットが多い

おまとめローンは次のようなメリットがあります。

  • 複数のローンを一本化できる
  • 返済管理が楽になる
  • 借り入れ総額を減らせる可能性がある
  • 金利が低くなる可能性がある
  • 月々の返済額を減らせる可能性が高い

また、収入が低い方でも総量規制に関わらずまとまった金額を借り入れできる可能性があるのも、おまとめローンの大きな利点でしょう。

ただし、銀行やろうきんは申し込み先によって審査が厳しくなるケースもあるので、注意してください。

何度も落ちてしまう場合は消費者金融ローンに申し込むなど、自分の状況を把握した上で、最適なおまとめローンに申し込みましょう。

今回紹介するおまとめローンのなかでもとくにおすすめなのが、次の3つです。

どのおまとめローンも好条件なので、ぜひ申し込んでみてください。

おまとめローンおすすめ3選

  1. SMBCモビット|最短30分で融資可能
  2. プロミス|主婦やパート、アルバイトでも申し込み可能
  3. 中央リテール|金利が低い

-ローン
-, , ,

© 2021 マネーの学校