カードローン ローン

【保存版】奨学金の借り換えで返済を楽にする方法とは?|ろうきん教育ローンについても解説

奨学金 借り換え

奨学金の返済がきついときに、奨学金の借り換えを行うことで返済額を見直せる可能性があることをご存知ですか?

この記事では、奨学生向けに「奨学金の借り換え」について解説していきます。

結論、奨学金の借り換えを行うことで返済が楽になる場合があるので、正しい教育ローンに関する情報を集めることが重要です。

その他にも「奨学金の基本」の説明や、「奨学金の返済が辛い時の救済策」「ろうきんの教育ローン」などについて説明していきたいと思いますので、ぜひこの記事を読んで奨学金借り換えへの情報収拾をしていただければ幸いです。


唐突な現金不足、借金の返済に困っている場合、今すぐにお金が欲しいときは三菱UFJ銀行のカードローン。

急な出費にもゆとりのある限度額で、便利なカードローンなど様々な種類から選ぶことができます♪

インターネットで24時間申し込み受付中!

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」について詳しくはこちら

知っておきたい奨学金の基本

奨学金 借り換え

大前提として、大学の学費などのために借りる奨学金は、将来自分が返さなくてはならない「借金」であると認識をしましょう。

大学の学費は4年間で400万円以上かかることがほとんどなので、将来自分が返す必要のある借金が400万円以上できてしまうということをきちんと理解しておいて下さい。

その上で、奨学金には様々な種類があり、大きく分けて「給付型」と「貸与型」に分かれてきます。

それぞれについて詳しく掘り下げてみていきましょう。

「給付型」と「貸与型」の2種類がある

まず初めに、給付型の奨学金は、世帯収入や学業成績などの基準を満たすことで申し込める返還する必要のない奨学金です。

最大で年間約70万円の授業料免除を受けることができます。

また、貸与型奨学金とは、一般的な奨学金と呼ばれるものであり、無利息の第1種奨学金と利息がつく第2種奨学金の2種類があることを押さえておきましょう。

給付型と貸与型を両方とも利用することも可能です。

貸与型奨学金の種類

貸与型奨学金には様々な種類があるため、1つずつ押さえておきましょう。

まず、国内の大学に進学する場合の貸与型奨学金の種類です。

  1. 第1種奨学金
  2. 第2種奨学金
  3. 入学時特別増額

次に、留学をする際に使える貸与型奨学金になります。

  1. 協定派遣
  2. 学部学位取得型
  3. 大学院学位取得型個人応募用

このように様々な奨学金があるため、自分にあったものを調べて利用するようにしましょうね。

返済期間は15-20年間に及ぶ

冒頭に申し上げた通り、奨学金は基本的には将来的に返還しなければならない借金です。

例えば、月額10万円の奨学金を4年間に渡って合計480万円借りた場合、月々2万円ものお金を20年間に渡って返還していく必要があります。

奨学金は決して貰えるものではないため、長期間にわたる返済が必要な借金であるという認識を持つようにしましょう。

奨学金の返済が辛いときの救済策とは?

奨学金 借り換え

「奨学金を借りたのは良いけど、返済が辛い...何か救済はないのかな」と考えるあなた。

実は、奨学金の返済が辛い時に使える救済制度が国でいくつか用意されていることをご存知でしたでしょうか。

この項では、奨学金の返済が辛い時に使える救済策をいくつかご紹介いたします。

奨学金の返済が辛い時の救済策は、次の3つです。

  1. 減額変換制度を利用する
  2. 変換期限猶予制度を利用する
  3. 奨学金借換専用ローンを利用する

では、それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう!

減額返還制度を利用する

奨学金の返済には、一定の期間だけ、月の返済額を2分の1または3分の1に減額することができる制度があります。

しかし、この減額返還制度を利用して月の返済額の2分の1にした場合は2倍、3分の1にした場合は3倍になることを押さえておきましょう。

この制度を適用できるのは最長で15年間であり、1年ごとに届けを出す必要があるため、覚えておいてくださいね。

この減額返還制度の適用条件は、給与所得が年間で325万円以下であり、給与以外の所得で生計を立てている場合は、225万円以下であることです。

ただし、奨学金の返済を一度でも延滞してしまっている場合は適用できないため、延滞をしないように気をつけましょう。

この減額返還制度を利用することで、奨学金を支払う余裕もないくらいに困窮している時に、少しは救済策として活用できますね。

返還期限猶予制度を利用する

奨学金 借り換え

月々の返済を減額できる制度があるならば、月々の返済を一定期間のみ猶予して欲しいときにも使える制度があります。

返還期限猶予制度とは、月々の奨学金の返済を一定期間待って欲しい時に使うことのできる制度です。

また、家計が整った時に、改めて返済を再開できます。

この制度を適用できる最長の期間は10年間で、1年ごとに届出を出す必要があることを覚えておきましょう。

適用される収入条件は、給与所得は年間で300万円以下、それ以外の所得の場合は200万円以下の場合ですね。

滞納する前に何らかの行動を起こすこと

このように、国として用意されている制度でも奨学金の支払いを一時減額したり、猶予をしてもらうことができます。

しかし、これはどちらの制度も、万が一奨学金を滞納している場合は利用のできない制度となっています。

奨学金の支払いを延滞するという申請をせずに対応をしてしまうと「滞納金」が発生し、延滞が3ヶ月以上続いた場合は、個人信用情報機関にあなたの個人情報が金融事故を起こした人物として登録されてしまうのです。

クレジットカードの利用ができなくなったり、将来住宅ローンなどが組めなくなるなどの強烈なデメリットが発生しますから、滞納をしてしまう前に上記の制度を利用するようにしましょう。

奨学金借換専用ローンを利用する

上記の制度を利用するだけでも返済が厳しい、または上記の制度を利用できない状態にいる場合は「奨学金借換専用ローン」を利用することで、難を逃れられる場合があります。

また、奨学金の借換専用ローンを使用することで、金利や総返済額の見直しが可能になり、前よりも返済額が少なくなる場合があるほどです。

1点注意は、無利子の奨学金を借りている場合は、奨学金借換ローンを利用して借り換えを行なってしまうと、余計に金利がかかってしまうので気をつけるようにしましょう。

ろうきんの教育ローンを知っておこう

奨学金 借り換え

「奨学金の借換専用ローンというけど、一体どんなものなの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

実は、奨学金の借換を行えるローンとして「ろうきんの教育ローン」というものがあります。

この項では、ろうきんの教育ローンについて知らない方に向けてご紹介をしていきます。

ろうきんの教育ローンの特徴は、次の3つです。

  1. 幅広い教育関連資金に使える
  2. 繰上返済手数料が無料
  3. 顧客目線のサポートサービス

では、それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう!

幅広い教育関連資金に使える

ろうきんの教育ローンは、小学校から大学までの受験費用、入学金や受験料などの学校関連費用や、予備校のお金、奨学金の借換などにも利用できる幅広く利用できる教育ローンになっています。

また、ろうきんの団体会員の構成員の方は、一般的な勤労者の方よりも金利が安くなります。

奨学金の借り換えの場合、固定金利で10年以内の借り換えでは、年に0.9%の金利になるためかなり安く抑えられますね。

ろうきんの教育ローンは奨学金の借り換えだけではなくて、お子様の学校の受験費用などにも使えることを覚えておいて下さいね。

繰上返済手数料が無料

奨学金 借り換え

ろうきんの教育ローンでは、インターネットバンキングや窓口の利用で繰上返済手数料が無料になっています。

ローンの返済には便利なインターネットバンキングを使うことで、コロナ禍でも家にながら返済手続きができるのが便利です。

もちろん、繰上返済をしない方も万が一でも余計な手数料がかからないとわかるのは利点になりますね。

顧客目線のサポートサービス

ろうきんでは、「ろうきんダイレクト」や「ろうきんアプリ」などでコロナ禍の外出自粛でも家にいながらろうきんのサービスが利用できるように整備がされています。

ろうきんダイレクトとは、わざわざATMや銀行の窓口に行かなくてもろうきんのサービスがWEB上で利用できるサービスのことです。

また、ろうきんのアプリではカメラ機能を駆使して税金などの支払いをアプリ上で済ませることも可能になります。

今までわざわざATMまで行って手続きするのが面倒だった方は、ろうきんのWEBサービスをご利用ください。

 

借り換え専用ローンがあるのをご存知ですか?詳しく知りたい方はこちら!

奨学金を借り換えする3つの利点

奨学金 借り換え

「よくわからないけど、奨学金を借り換えするとどんな良いことがあるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

実際に、奨学金の借り換えを行うと返済額や金利が下がる場合があるのです。

この項では、奨学金を借り換えする利点を3つに分けてご紹介していきますね。

奨学金を借り換えすることのメリットは、次の3つです。

  1. 返済額や金利が下がる場合がある
  2. 奨学金滞納でブラックリストに入らなくて済む
  3. 消費者金融から高金利で融資を受ける必要がない

では、それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう!

返済額や金利が下がる場合がある

奨学金の借り換えを行い、返済額や金利の見直しを行うことで、実際に支払う合計金額が少なくなる可能性があります。

もちろん、消費者金融でお金を借りて奨学金を返した場合は、実際の利子の方が大きくなってしまいますが、借換ローンを組むことで、お得に奨学金を返済できる可能性があるのです。

もしあなたが無利子の奨学金を返済しているならば、借換をすることで別に金利がかかってしまう場合があるので、おすすめできません。

しかし、あなたが奨学金の金利の高さに悩んでいる場合は、金利の見直しがてらに奨学金の借り換えに挑戦してみても良いでしょう。

奨学金滞納でブラックリストに入らなくて済む

奨学金 借り換え

もし、奨学金を返せずに滞納を続けていると、金融事故を起こした人物としてブラックリストに入ってしまいます。

奨学金の返還遅延自体については、きちんと届出を出せば可能ですが、無申告で返済を遅延した場合にも「延滞金」がかかることをご存知でしょうか。

奨学金の返済を遅延してブラックリストに入ってしまった場合は、向こう5年間はローンやクレジットカードなどの信用を元に金銭取引するサービスが使えなくなってしまいます。

特に、ローンが組めなくなってしまうのは、将来の子どもの養育費設計やセカンドライフ設計に影響を及ぼす可能性があるため、気をつけるようにしましょう。

そのようなリスクを孕むくらいならば、奨学金の借り換えを検討するようにして下さい。

消費者金融から高金利で融資を受ける必要がない

奨学金の支払いに遅延しそうで、万が一の際に頼ることになるのは消費者金融であると思います。

もし、消費者金融からお金を融資され、そのお金で奨学金の返済をした場合は、高い利子を無駄に払ってしまうことになりかねません。

実際、消費者金融を頼って奨学金を返すことになる社会人は一定数いると言われていますが、その大半は消費者金融で借りたお金を返すのに苦しみ、奨学金を返すことにも苦しみ、借金の二重苦になってしまっています。

万が一、金銭的余裕がなくなった場合に、消費者金融を頼ってしまうくらいならば、適切な教育ローンを融資してもらい、奨学金の借り換えを行うことが懸命であると言えますね。

奨学金の返済額を見直すために借り換えの選択肢を!

奨学金 借り換え

本記事では、奨学金の返済額を見直すために借り換えという選択肢があることをご紹介しました。

近年では新卒の給与所得も伸び悩んでいて、奨学金の返済に苦しむ若者も増えてきているのが実業です。

そこで、国が整備している正しい救済策を正しい知識を持って使えるかどうかが、大切になります。

奨学金の借り換えで返済額が減る場合もあるため、試しに見積もりを依頼しても良いかもしれませんね。

あなたが奨学金の返済を滞りなく続けられることを祈っています!


唐突な現金不足、借金の返済に困っている場合、今すぐにお金が欲しいときは三菱UFJ銀行のカードローン。

急な出費にもゆとりのある限度額で、便利なカードローンなど様々な種類から選ぶことができます♪

インターネットで24時間申し込み受付中!

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」について詳しくはこちら

-カードローン, ローン
-, , , , , , ,

© 2021 マネーの学校