カードローン

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?流れや基準、結果までの時間について解説

みずほ カードローン 審査

みずほ銀行のカードローンは、数多くある銀行のカードローンの中でもトップクラスに人気のあるカードローンです。

カードローンへの申し込みを考えている方の中には「審査の甘いカードローンで借り入れをしたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではみずほ銀行のカードローンについて詳しく解説していきます。みずほ銀行カードローンの審査の流れから審査に落ちてしまう人の特徴まで各種ポイントに軸を絞って掘り下げていきましょう。

今すぐみずほ銀行カードローンの審査を申し込む

目次

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

みずほ カードローン 審査

みずほ銀行のカードローンの審査は一般的な銀行のカードローンとしては平均的な難易度です。

しかし、収入に不安を抱えている方にとってはカードローンの審査が甘いに越したことはありませんね。

みずほ銀行カードローンの審査難易度について調査した結果を2点にまとめたので、みていきましょう。

消費者金融と比べると審査が厳しい傾向がある

みずほ銀行のカードローンはアコムやプロミスなどの他の消費者金融機関と比べると、審査が厳しくなっている可能性が高いです。

その理由の1つとしてあげられるのは、「上限金利」の存在ですね。

みずほ銀行カードローンの金利は「年2.0%〜14.0%」になっており、上限金利は「年14.0%」に設定されています。

一方、消費者金融の上限金利の相場は「年18.0%」です。消費者金融と比べるとみずほ銀行カードローンの方が4%金利が安くなっています。

ここで大切なのは、カードローンの場合「上限金利が低いほど審査が厳しくなる傾向にあること」です。

カードローンの審査難易度は上限金利に比例する

カードローンの審査難易度は、サービスごとに設定された上限金利に比例する傾向があります。

なぜなら、上限金利が低いほどカードローン会社への利息収入が減ってしまうため、万が一利用者が返済できなくなったときの負担が大きくなるからですね。

このような理由から、カードローンの会社は「本当に返済できる人かどうか」をより厳しくチェックするようになっています。

そのため、みずほ銀行カードローンは他の消費者金融機関と比べると審査が厳しい可能性があります。

他の銀行カードローンと比べると甘めとの口コミも

みずほ銀行カードローンは本当に審査が厳しいのでしょうか?Twitterで調査をしてみました。

【みずほ銀行カードローン 口コミ】 パート勤務では30万円が関の山ということなのでしょう。もちろん、たくさん借り過ぎてしまい、返済に困るのは嫌なので、この範囲内で利用してみることにします。ローンの審査については、思ったより早いかなという感じでしたよ。

調査した結果、以上のような口コミが見られました。

パート勤務の方でも30万円の借り入れができているという口コミです。

ということは、みずほ銀行カードローンは他のカードローンと比べると審査が甘めなのかもしれません。

みずほ銀行カードローンの審査基準は3つ

みずほ カードローン 審査

みずほ銀行のカードローンの審査基準は全部で以下の3つです。

  1. 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満であること
  2. 安定かつ継続した収入が見込めること
  3. 保証会社(オリコ)の保証を受けられること

以上、それぞれ一つずつみていきましょう。

①:契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満であること

年齢は、「満20歳以上で満66歳以上」である必要があります。

つまり、高校を卒業していて社会人であるとしても20歳を超えていなければカードローンの契約はできません。

逆に、66歳以上のシニアの方もカードローンの契約はできません。

借りた分をきちんと返せる保証がないからですね。

②:安定かつ継続した収入が見込めること

収入に関しては、「安定かつ継続した収入が見込めること」と決められています。

例えば個人事業主として働くフリーランスの方は、収入はあるにしても月によってまばらであるという方も多いでしょう。

そのような場合に「安定」した収入であるとみなされない場合があります。

現在のあなたの収入状況によってローンの合否は変わってきますので、気になる方はみずほ銀行に審査を依頼するようにしましょう。

③:保証会社(オリコ)の保証を受けられること

3点目の審査基準は「保証会社(オリコ)の保証を受けられること」です。

みずほ銀行カードローンの場合の保証会社は「株式会社オリエントコーポレーション」となっており、「保証業務」の対応を委託しています。

保証業務とは

保証業務とは、カードローン会社の場合は、お金を借りた張本人が返済不可能になったときに、その借金を建て替えるという業務です。

当然、保証会社も無償でリスクのある保証を請け負うわけにはいかないので、ローンの契約者を審査します。

銀行カードローンの場合は審査の中心が保証会社のため、実質この保証業務の審査が「カードローンの審査」にあたると言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンの申し込みに必要な書類は2点

みずほ カードローン 審査

みずほ銀行のカードローンの申し込みに必要な書類は、以下の2点です。

  • 本人確認書類
  • 年収を確認できる書類のコピー

店舗で申し込む場合は印鑑も必要となるので、しっかりと準備をしていきましょう。

本人確認書類

みずほ銀行カードローンでは、本人確認書類が1通必要です。

必要な本人確認書類の一例を以下にまとめておきます。詳しいことは公式HPをみるようにしましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証

この他にも、住民基本台帳カードなどがみずほ銀行では本人確認書類として認められます。

年収を確認できる書類のコピー

みずほ銀行カードローンでは、以下いずれかの年収を確認できる書類のコピーも1通必要になります。

  • 源泉徴収表
  • 納税証明証
  • 住民税決定通知書または課税証明書

店舗で申し込む場合は印鑑も必要

また、WEBではなく店舗でカードローンを申し込む場合は朱肉の印鑑も必要になります。

ゴム印やシャチハタでは対応できないため、銀行印にできる印鑑を持っていくようにしましょう。

みずほ銀行カードローン審査の流れ

みずほ カードローン 審査

みずほ銀行カードローンの審査の流れは「口座がある場合とない場合」で流れが変わってきます。

また、最も審査が早く完了する可能性が高いのは「WEB申し込み」のため、今回はWEB申し込みの審査の流れに絞ってご紹介します。

2-3営業日で審査が完了する場合が多いです。それぞれの場合に分けてみていきましょう。

みずほ銀行の口座がある場合

みずほ銀行の口座がある場合は以下のような流れで審査が進みます。

  1. パソコンかスマートフォンでみずほ銀行カードローンの公式HPから審査を申し込む。
  2. 審査が行われる。
  3. 在籍確認が行われる。
  4. メールで審査の結果が通知され、そのURLから必要書類の提出。
  5. 契約成立し、カードローンの口座を作る。
  6. キャッシュカードを利用し、ATMから借り入れを行う。

以上のような手順です。

在籍確認とは、申告した勤務先に在籍しているかどうかの確認のことです。

押さえておきましょう。

みずほ銀行の口座がない場合

みずほ銀行の口座がない場合は以下のような流れで審査が進みます。

  1. パソコンやスマートフォンでみずほ銀行カードローンの公式HPから審査を申し込む。
  2. 審査が行われる。
  3. 在籍確認が行われる。
  4. メールで審査の結果が通知され、普通預金口座開設の申し込みを行う。
  5. 通帳を受け取り、カードローン口座の開設・キャッシュカードの送付が行われる。
  6. キャッシュカードを利用し、ATMから借り入れを行う。

以上のような手順です。

もし、みずほ銀行の口座がない場合は、審査に通った後にカードローンへの申し込みと同時に口座開設が必要になります。

その場合は、口座開設のために時間がかかる場合があり、借り入れまで1-2週間程度かかることを押さえておきましょう。

今すぐみずほ銀行カードローンの審査を申し込む

審査結果までの時間は申し込み方法によって変わる

カードローンの審査の結果がわかるまでにかかる時間は申し込み方法によって異なります。以下の表にまとめたので、みていきましょう。

申し込み方法最短審査時間
インターネット2〜3営業または翌々営業日
店頭翌々営業日
郵送書類到着後、翌々営業日
電話申し込み受付後、翌々営業日

このように、申し込み方法によって最短審査時間が異なりますね。

インターネット申し込みと店頭での申し込みでの審査時間が早い印象ですが、インターネット申し込みは24時間行なっているため、忙しい方はWEBで申し込むようにしましょう。

土日祝日は審査が行われないため注意が必要

みずほ銀行のカードローンは土日審査が行われていません。そのため、土日祝日に即日審査を通したい場合は、他社のカードローンをおすすめします。

当サイトおすすめの「土日祝日も即日融資可能な他社カードローン」は下記の通りです。

上記に記したカードローンは即日融資が可能です。

アイフルは最短25分融資が可能、最短25分で審査が可能なので、急ぎの方はこちらを利用しましょう!

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※WEB申込なら最短25分融資も可能です。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちる原因

みずほ カードローン 審査

みずほ銀行カードローンを申し込む方の中には「他社のカードローンに落ちてしまって、なぜ落ちてしまったのかわからない」という方もいるのではないでしょうか?

もちろん、審査に通過しなければカードローンの融資を受けることはできません。どうせなら「審査に落ちる原因を知っておきたい!」と思う方は多いはずです。

そこでこの項では、みずほ銀行カードローンの審査に落ちる原因を5つのポイントに的を絞ってご紹介します。

  • 他社に借り入れがある
  • 複数社に同時に申し込みをしている
  • 在籍確認ができない
  • 金融事故を起こした経験がある
  • 自営業・個人事業主である

それぞれのポイントについて、下記で詳しく解説していきます。

他社に借入がある

他社に借り入れがあることが原因で審査に落ちてしまうことがあります。

例えば「クレジットカードのキャッシング」「消費者金融のキャッシング」などの無担保ローンを借り入れている場合は要注意です。

他の人よりも審査落ちになる可能性が高くなるのは、キャッシングの額が年収の1/3を超えている場合です。

このような借金の履歴がある場合、その借金に対する返済負担が大きくなってしまいます。借金を返すために借金をする多重債務者になることを銀行側も防ぐべく、審査を通らせてもらえない場合が多いですね。

複数社に同時に申し込みをしている

複数社に同時に審査の申し込みをするのはやめましょう。

カードローンに申し込みをしたという情報は、最低6ヶ月間は個人信用情報機関に残ります。

銀行としても複数社に同時に申し込みをしている利用者を把握した場合「相当お金に余裕がないんじゃないか?」と疑われる理由になってしまう可能性が。

立て続けにカードローンに申し込みをしたとしても、例えば、2週間前に他社の借り入れ審査に落ちていることも銀行には伝わってしまいます。

他社に同時に申し込みをする行為は自分の首をしめる行為ですので、行わないようにしましょう。

在籍確認ができない

在籍確認が取れない場合は確実に審査に落ちてしまいます。

申告された勤務先で働いている裏が取れないのだから当然でしょう。

みずほ銀行側に審査の申し込みをすると、みずほ銀行の在籍確認担当者から「個人名」で勤務先への在籍確認が行われます。

決して会社の人にカードローンで借り入れを行なっていることが伝わるわけではないので、虚偽の勤務先を伝える行為はやめましょう。

金融事故を起こした経験がある

過去に金融事故を起こした経験がある場合は、審査に通るのは非常に難しいです。

例えば「債務整理」「長期延滞」「強制解約」などの金融事故を起こしてしまえば、信用情報機関にブラックリストとして事故情報が残されてしまいます。

ブラックリスト認定される期間は金融事故の種類によって異なりますが、基本は5年と10年です。

もし、過去に金融事故を起こしてはいるけれど、どうしてもお金が必要な場合は「中小消費者金融」の利用を検討しましょう。

中小消費者金融ならば、ブラックリスト認定されていても融資を受けられる可能性があるため、挑戦する価値はあるでしょう。

自営業・個人事業主である

自営業や個人事業主である場合は審査の難易度が少し上がります。

2017年に金融庁が公表した「銀行カードローンの審査厳格化」により、非正規雇用者への融資の審査の難易度が高くなりました。

自営業や個人事業主である場合にも審査は厳格化されています。審査の際には「事業契約書」「返済計画書」を求められる場合があるため、書類の準備を怠らないようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの審査が通りやすくなるポイント

みずほ カードローン 審査

ここから、みずほカードローンの審査が通りやすくなるポイントを以下の3つに分けてご紹介していきます。

  • みずほ銀行の普通預金口座の普段から使用している
  • 申し込み時の希望借入額を低めにする
  • みずほ銀行のカードローンを利用している

みずほ銀行の普通預金口座を普段から使用している

みずほ銀行の普通預金口座を普段から使用している方は、審査に有利になる場合があります。

理由としては、毎月の給与の振込履歴で「利用者に安定した収入があるかどうか」をすぐに把握できることが挙げられます。

もしまとまった貯金残高があるのならば、財政的に余裕のある利用者だと認識を持たれることも予想ができるでしょう。

また、みずほ銀行の口座を持っていれば、カードローンの借り入れ時にわざわざ口座を作る手間を省けるので、その点考えてもメリットがありますね。

申し込み時の希望借入額を低めにする

自分の年収に自信がない場合は、申し込み時の希望借入額を低めにすることをおすすめします。

年収があまり高くないのに高額の借入額を申請してしまうと、「本当に返済できるのか?」と銀行側は疑いを持つことになります。

そのため、申し込みの時に借入する額を低めに申請することで、計画的な返済を考えているという印象を与えることができます。

万が一、お金が足りなくなっても後から増額することもできますので、ご安心下さい。

※限度額の増額手続きにも審査が発生します。詳細はみずほ銀行の公式HPで確認しましょう。

みずほ銀行の住宅ローンを利用している

みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合、審査に良い影響があると考えられます。

住宅ローンを利用されている方は前提として、みずほ銀行の住宅ローンの審査には通過し、融資を受けられているという事実があります。

既に個人情報や返済能力を把握できているので、手続きを進めやすいのですね。

みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は、カードローンの年利が0.5%下がるというメリットもあります。押さえておきましょう。

みずほ銀行カードローンを使うメリット・デメリット

みずほ カードローン 審査

最後に、みずほ銀行のカードローンを使う際のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

  • みずほ銀行の普通預金口座を持っている場合は、WEB簡潔ですぐに申し込みができる
  • 借り入れ時の上限金利が年14.0%と低めに設定されている
  • コンビニATMの利用手数料が月4回まで無料になる

デメリット

  • 土日祝日の審査に対応していない
  • みずほ銀行の普通預金口座を持っていないと、借り入れまで1-2週間ほどかかる
  • 申し込みをするときにみずほ銀行の口座を作る必要がある

みずほ銀行カードローンは低金利でおすすめのカードローン

みずほ カードローン 審査

本記事では、みずほ銀行のカードローンについて徹底的に解説をしました。

結論から言うと、みずほ銀行のカードローンは上限金利が年14.0%であることから、低金利でおすすめのカードローンです。

土日祝日の審査に対応していないなどのデメリットはありますが、WEBであれば申し込みについては24時間受付が可能。

忙しい社会人の方はWEBで簡単に審査の申し込みができるのは大きなメリットですね。

あなたがみずほ銀行カードローンの審査に通ることを心から祈っています。

今すぐみずほ銀行カードローンの審査を申し込む

 

収入ゼロの主婦でも利用できるカードローンがあるのをご存知ですか?こちらの記事で解説しています!

-カードローン
-, , , , ,

© 2021 マネーの学校