クレジットカード

【徹底比較】ポイント還元率が高いクレジットカードランキング9選!最強の2枚はどれ?

クレジットカードを持つなら、ポイント還元率が高いカードを選びたいと思うのは当然です。

ですが、クレジットカードは種類が多く、ポイント還元率が比べにくく感じてしまう方もいるかもしれません。
そこで、今回はポイント還元率が高いクレジットカードを9選紹介します。

高還元率のクレジットカードのメリットやデメリット・注意点も説明するので、これからクレジットカードを作りたい方はぜひ参考にしてください。

 

本記事でおすすめするポイント還元率の高いクレジットカードは三井住友カード プラチナプリファードです。お得にポイントを貯められるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ三井住友カード プラチナプリファードに申し込む

 

クレジットカードのポイント還元率とは?計算方法を解説

ポイント還元率とは、クレジットカードで利用した金額に対し還元されるポイントのことです。ポイント還元率は、以下の式で計算できます。

 

(ポイント還元率)=(獲得ポイント)÷(利用金額)×100

ポイント還元率が1%のクレジットカードで10,000円分利用すると、100ポイントが還元されます。

1ポイント=1円として買い物に利用できるクレジットカードも多く、ポイント還元率が高いほどお得です。

 

【徹底比較】ポイント還元率が高いクレジットカードランキング

ポイント還元率が高いクレジットカードを9つランキングにしました。

もともとのポイント還元率の高さに加え、提携サービスの利用でポイント還元率が上がるクレジットカードばかりです。

ポイント還元率の高いクレジットカードを作るなら、ぜひ以下の9つから選んでみてください。

 

順位クレジットカード名ポイント還元率
1位三井住友カード プラチナプリファード1%(特約店利用で最大+9%)
2位JCB CARD W1%(最大5.5%)
3位dカードゴールド1%(ドコモユーザーなら最大10%)
4位dカード1%
5位リクルートカード1.2%(ポンパレモール利用で4.2%)
6位楽天カード1%(最大3.5%)
7位au PAYカード1%(auでんき利用で最大5%)
8位Orico Card THE Point1%(入会から6ヶ月間は2%)
9位三菱UFJカード0.4%〜1.6%

(利用額に応じて還元率アップ)

 

1位:三井住友カード プラチナプリファード|還元率最大10%

引用元:三井住友カード プラチナプリファード公式HP

 

ポイント還元率とポイント交換プログラムを重視する方におすすめなのが、三井住友カードプラチナプリファードです。

基本のポイント還元率は1%ですが、特約店のプリファードストアでの買い物なら最大9%がポイント還元率にプラスされます。

また、新規入会や継続時にも最大40,000ポイントの付与があり、SBI証券の投資信託をクレジットカードで積み立てることも可能です。

 

ポイント還元率1%(特約店利用で最大+9%)
年会費33,000円(税込)
ポイントサービス
  • 新規入会&利用特典40,000ポイント
  • 継続特典最大40,000ポイント
  • Vポイント(ポイント交換プログラム)
  • 外貨ショッピング利用特典+2%
  • プリファードストア(特約店)+1~9%
  • 「Vポイント」アプリチャージで0.25%還元
  • ポイントUPモール
  • ココイコ!
  • Vポイントが貯まる資産運用
キャンペーン
  • 新規入会& Apple Pay・ Google Pay™ の設定で500円分のVポイントギフトコードをプレゼント
  • 【SBI証券】カード積立で最大3%Vポイントプレゼント 
国際ブランドVISA

 

三井住友カードプラチナプリファードなら最大10%のポイント還元率なので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ三井住友カードプラチナプリファードに申し込む

2位:JCB CARD W|還元率最大5.5%

引用元:JCB CARD W公式HP

 

JCB CARD Wは18〜39歳までを対象としたクレジットカードで、年会費無料で作ることができる点が魅力的です。

ポイント交換プログラム「Oki Dokiポイント」の還元率は1%で、1ポイント=ANAマイル3

マイル、1ポイント=スターバックスカード4円分に交換できます。

特にスターバックスの利用がお得で、複数ボーナスを併せると最大5.5%までポイント還元率が上がります。

 

ポイント還元率1%(最大5.5%)
年会費無料
ポイントサービス
  • Oki Dokiポイント
  • 「LINDAリーグ」入会
キャンペーン
  • お友達紹介で最大5,000円相当※(最大1,000ポイント)プレゼント
  • 家族カード入会でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
国際ブランドJCB

 

JCB Wは39歳以下におすすめの年会費無料のクレジットカードなので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐJCB Wに申し込む

3位:dカード GOLD|ドコモ光で還元率最大10%

引用元:dカードゴールド公式HP

 

ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードがdカード GOLDです。

ドコモの携帯電話や「ドコモ光」の支払いにdカード GOLDを利用すれば、利用金額1,000円(税別)につき、100ポイントが貯まります。

つまり、普段のショッピングのポイント還元率が1%のところ、ドコモの携帯代(端末購入費用は除く)・通信費の支払いならポイント還元率10%になります。

ドコモで3年以内に購入した携帯電話なら、紛失・盗難・修理不能時に最大10万円の補償もつくので、ドコモユーザーはぜひdカード GOLDを検討してみてください。

 

ポイント還元率1%(ドコモユーザーなら最大10%)
年会費11,000円(税込)
ポイントサービスdポイント

ショッピング:100円/1ポイント

ドコモ光:1,000円/100ポイント

キャンペーン
  • 新規入会・利用で最大11,000ポイントプレゼント
  • dカードからのアップグレードで最大10,000ポイントプレゼント
国際ブランドVISA

 

dカード GOLDならドコモ光や携帯料金のポイント還元率が10%になるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐdカード GOLDに申し込む

4位:dカード|還元率最大4.5%

引用元:dカード公式HP

 

「dカードのポイント還元率は魅力的、でも年会費が高い」と感じる方におすすめなのがdカードです。

ショッピングでは1%のポイント還元率で、ドコモの携帯代・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜き)で10ポイントが貯まります。

dカードGOLDほどポイント還元率は高くありませんが、年会費が無料であることを考えると十分だと言えるでしょう。

 

ポイント還元率1%
年会費無料
ポイントサービスdポイント

ショッピング:100円/1ポイント

ドコモ光:1,000円/10ポイント

キャンペーン新規入会・利用で最大6,000ポイントプレゼント
国際ブランドVISA

 

dカードは年会費無料でポイント還元率1%なので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐdカードに申し込む

5位:リクルートカード|還元率最大4.2%

引用元:リクルートカード公式HP

 

ホットペッパーやじゃらんなどのサービスを運営するリクルートが発行するのが「リクルートカード」です。

1.2%の還元率で、カード利用時にリクルートポイントが貯まります。1リクルートポイント=1円として割引などに活用できます。

じゃらんnetならプラン次第でポイント還元率が最大11.2%、ポンパレモールなら商品次第で21.2%の還元率になることもあります。

普段からリクルート系列のサービスを利用する方は、ぜひ持っておきたいクレジットカードです。

 

ポイント還元率1.2%(ポンパレモール利用で4.2%)
年会費無料
ポイントサービス
  • ポンパレモール利用でポイント還元率4.2%
  • じゃらん利用でポイント還元率3.2%
  • dポイント・Pontaポイントへの交換
キャンペーン
  • JCB選択で最大8,000円分のリクルートポイントプレゼント
  • 各種条件達成で最大5,000円分のリクルートポイントプレゼント
  • 楽ペイ(リボ払い)登録で3,000円分のリクルートポイントプレゼント
国際ブランドmastercard、VISA、JCB

 

リクルートカードならリクルートのサービス利用でポイント還元率が上がるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐリクルートカードに申し込む

6位:楽天カード|還元率最大3.5%

引用元:楽天カード公式HP

 

楽天のサービスを利用する方が持っておきたいのが、楽天カードです。

普段のショッピングの際のポイント還元率は1%ですが、楽天市場のアプリを利用するとポイント還元率が3.5%となります。

また、楽天銀行の引き落とし設定や楽天トラベルでの旅行代金の支払い、楽天モバイルの携帯料金の支払いなどでもポイントが貯まります。

貯めたポイントは、楽天関連の多くのサービスで利用可能です。

 

ポイント還元率1%(最大3.5%)
年会費無料
ポイントサービス楽天カードポイントプラス
キャンペーン
  • 2枚目の楽天カードで1,000ポイントプレゼント
  • 新規入会・利用で5,000ポイントプレゼント
  • 友達紹介で4,000ポイントプレゼント(紹介された側には1,000ポイント)
国際ブランドmastercard、VISA、JCB、American Express

 

楽天カードなら楽天系列のサービス利用でポイントがどんどん貯まるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ楽天カードに申し込む

7位:au PAYカード|還元率最大2.5%

引用元:au PAYカード公式HP

au PAYカードは還元率1%ですが、紀伊國屋やドミノピザなどのポイントアップ店の買い物なら200円(税別)ごとに1ポイント増量されるのが特徴です。

au PAYやauでんきなど関連サービスの利用でもポイントが貯まるので、auユーザーの方はチェックしてみてください。

また、嬉しい点がPontaポイントとの提携です。ローソンを始めさまざまなお店でPontaポイントを利用できるので、ポイントを使うのにも便利なクレジットカードだと言えます。

 

ポイント還元率1%(auでんき利用で最大5%)
年会費無料
ポイントサービス
  • Pontaポイント
  • ポイントアップ店なら200円ごとの利用で1ポイント増量
  • auでんき利用でポイント還元率最大5%
  • au PAY 残高へのチャージ+au PAY(コード支払い)利用でポイント還元率1.5%
キャンペーン
  • 新規入会・利用で最大10,000Pontaポイントプレゼント
  • 1億ポンタポイント山分けプレゼント
  • マイナポイントでau PAY カードを登録すると最大5,000円相当のau PAY残高プレゼント
国際ブランドmastercard、VISA

 

au PAY カードならPontaポイントと提携しているので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐau PAY カードに申し込む

8位:Orico Card THE Point|還元率1.0%以上

引用元:Orico Card THE Point公式HP

 

Orico Card THE Pointは年会費無料にもかかわらず、入会から6か月間はポイント還元率が2%になる魅力的なクレジットカードです。

iDとQUIC Payにも対応しているのでコンビニなど少額の買い物利用にも向いています。

500オリコポイントから交換可能なオリコポイントゲートウェイというポイント交換プログラムもあり、貯めたポイントをマイルや電子マネー、ギフト券などに交換できます。

 

ポイント還元率1%(入会から6ヶ月間は2%)
年会費無料
ポイントサービス
  • オリコポイントゲートウェイ
キャンペーン
  • 新規入会で1,000オリコポイントプレゼント
  • ウェルカムキャンペーン参加で最大7,000ポイントプレゼント
国際ブランドmastercard、JCB

 

Orico Card THE Pointなら入会6か月間はポイント還元率2.0%なので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐOrico Card THE Pointに申し込む

9位:三菱UFJカード|還元率最大1.6%

引用元:三菱UFJカード公式HP

 

三菱UFJカードは2021年7月に会員募集を開始した、比較的新しいクレジットカードです。

もともとのポイント還元率は0.4%と高くありませんが、利用額が増えると還元率もアップしていきます。

三菱UFJニコスが運営するPOINT名人.comを経由して買い物をすると最大25倍のポイントが付与されます。三菱UFJカードでインターネットショッピングする際には、ぜひPOINT名人.comを利用してください。

 

ポイント還元率0.4%〜1.6%

(利用額に応じて還元率アップ)

年会費1,375円(税込)

(初年度無料、年1回利用で翌年の年会費無料)

ポイントサービス
  • MUFGカード グローバルポイント1,000円で1ポイント

キャッシュバックは1ポイントで4円

  • 入会後3ヶ月は還元率3倍
  • POINT名人.com経由の買い物でポイント最大25倍
キャンペーン
  • 新規入会・利用で最大5,000円のキャッシュバック
  • 最大6,000円分の電子ギフトプレゼント
国際ブランドmastercard、VISA、JCB、American Express

 

三菱UFJカードなら利用額に応じてポイント還元率が増えるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ三菱UFJカードに申し込む

還元率の鬼!?クレジットカードの究極の1枚と最強の2枚はどれ?

還元率の鬼とも言える、クレジットカード究極の1枚としておすすめなのが、やはり三井住友カード プラチナプリファードです。

年会費が33,000円ですが、AmazonやExpediaなどのプリファードストア利用で最大ポイント還元率が10%になります。(条件あり)

ポイントプログラムも豊富で、各種保険や空港ラウンジなどのサービスもついています。年会費が気にならなければ、ぜひ持っておきたいクレジットカードです。

年会費無料・ポイント還元率高め・使い勝手のよさの3つの観点で判断すると、クレジットカード最強の2枚はリクルートカードと楽天カードだと言えます。

提携サービスが多いのでポイントを貯められる機会が多く、年会費無料なので入会しておいて損はありません。

 

高還元率のクレジットカードのメリット

高還元率のクレジットカードを持つメリットとして、以下の2点が挙げられます。

 

  • ポイントがすぐに貯まってお得
  • 貯まったポイントをさまざまな方法で活用できる

 

高還元率のクレジットカードの魅力はやはりポイントの貯まりやすさです。

クレジットカードをよく利用する人ほど、高還元率のクレジットカードを持つべきだと言えます。

クレジットカードで貯まったポイントの利用方法などについても以下で説明します。

 

ポイントがすぐに貯まってお得

高還元率のクレジットカードなら、ポイントがすぐに貯まります。

10,000円の買い物をした時、ポイント還元率0.5%だと50ポイントが、ポイント還元率1%だと100ポイントが貯まります。

同じ利用額でも還元されるポイントが多いので、ポイント還元率が高いほうがお得だとわかります。

一般的に1%以上のポイント還元率だと、ポイント還元率が高いクレジットカードにあてはまります。

 

貯まったポイントを様々な方法で活用できる

還元されたポイントは、さまざまな方法で活用できてお得です。

1ポイント=1円の割引として使えることもあれば、マイルやギフト券、プレゼントなどに交換できることもあります。

また、ポイントを電子マネーに還元して使う人もいます。クレジットカードそれぞれにポイント交換プログラムがあり、活用方法もさまざまです。クレジットカードに申し込む際にチェックしてみてください。

 

高還元率のクレジットカードのデメリット

高還元率のクレジットカードには下記2点のようなデメリットもあります。

 

  • 年会費がかかる場合がある
  • 支払方法が自動でリボ払いになるカードもある

 

高還元率のクレジットカードに申し込む際には年会費や支払い方法は必ずチェックするようにしてください。

各デメリットについて以下で説明するので、デメリットを理解した上でクレジットカードに申し込みましょう。

 

年会費がかかる場合がある

高還元率のクレジットカードは、年会費無料とは限りません。

クレジットカードは無料で作れるものもあれば、初年度年会費無料のもの、初年度から年会費がかかるものがあります。

高還元率のクレジットカードは年会費が高い傾向にあるので、クレジットカードの利用頻度が少ない人が持つと損してしまう可能性もあります

自分のクレジットカードの利用頻度と年会費を比べて、お得になるかどうかを考えるようにしてください。

 

支払方法が自動でリボ払いになるカードもある

高還元率のクレジットカードの中には、支払い方法がリボ払いになってしまうカードもあります。

リボ払いは利用額を毎月一定額返済する方法ですが、手数料が非常に高くなってしまうのがデメリットです。

中には、リボ払いを解除するとポイント還元率が低くなってしまうカードもあります。

ポイント還元率に釣られてリボ払いのクレジットカードを契約すると、結局手数料で損することになるのでおすすめできません。

 

ポイント還元率重視でクレジットカードを選ぶ際の注意点

ポイント還元率を重視してクレジットカードを選ぶ場合には、下記2点に注意が必要です。

 

  • 年会費と利用頻度によっては損することも
  • ポイントの利用可能な用途・有効期限を確認する

 

普段はクレジットカードよりも現金を使いたいという方は、ポイント還元率が高いクレジットカードを持つ必要がないかもしれません。ポイント還元率の高いクレジットカードを持つ注意点について以下で説明します。

 

年会費と利用頻度によっては損することも

ポイント還元率の高いクレジットカードは年会費が高い傾向にあります。

そのため、利用頻度が少ないと得られるポイント以上に年会費にお金がかかってしまい、損してしまう可能性が高くなってしまいます。

「いざというと時のためにクレジットカードを持っておきたい」程度の利用頻度なら、ポイント還元率の高いクレジットカードの中でも年会費無料のものを選びましょう。

 

ポイントの利用可能な用途・有効期限を確認する

ポイントの利用可能な用途やポイントの有効期限を確認しておきましょう。

「マイルを貯めたい」と思って高いポイント還元率のクレジットカードを契約したのにマイル交換に対応していない、というケースも考えられます。

また、ポイントは無期限ではありません。有効期限が1〜2年のものが多く、有効期限を過ぎると消失してしまいます。

貯まったポイントをどう使いたいのか、事前に目処を立ててからクレジットカードを選びましょう。

 

まとめ:クレジットカードを選ぶならポイント還元率で

今回はポイント還元率の高いクレジットカード9選を紹介しました。ポイント還元率の高いクレジットカードは、使えば使うほどお得です。

公共料金の支払いや普段の買い物をクレジットカードでするなら、ポイント還元率の高くクレジットカードを持っておくことをおすすめします。

ぜひ、上記で紹介したクレジットカードの中から、自分に合ったものを選んでみてください。

 

本記事でおすすめするポイント還元率の高いクレジットカードは三井住友カード プラチナプリファードです。お得にポイントを貯められるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ三井住友カード プラチナプリファードに申し込む

-クレジットカード
-, ,

© 2021 マネーの学校