クレジットカード

【2021年最新】個人事業主がクレジットカードの審査を通す3つのポイント|おすすめカード5選

【2021年最新】個人事業主がクレジットカードの審査を通す3つのポイント|おすすめカード5選

個人事業主で、クレジットカードの審査が通らずに悩んでいませんか?

本記事では、個人事業主がクレジットカードの審査を通すポイントを解説していきます。

基本的に個人事業主への審査は厳しいですが、クレジットカードが作れないことはありません。クレジットカードの審査を通すポイントから注意点、おすすめのクレジットカードまで解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

なお、すぐに現金化の必要性がある方には
簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能で、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

個人事業主はクレジットカードの審査が厳しい

個人事業主はクレジットカードの審査が厳しい

基本的に、個人事業主のクレジットカードの審査は厳しい傾向にあります。

理由としては、個人事業主は自営業に該当するため「経営者」とみなすこともできますが、決して安定している訳ではありませんよね。

ただし、個人事業主が必ずクレジットカードの審査に落ちるかというと、そうではありません。

他の職業と比べると審査に通りにくいですが、個人事業主でもクレジットカードが作れる方法はあります。

まずはクレジットカードの基本的な審査基準から見ていきましょう。

審査は安定が基準

審査は安定が基準

クレジットカードの審査では、とにかく「安定した収入があるかどうか」を重要視します。

クレジットカードの審査基準は非公開となっているものの、「返済環境の安定性」を条件としていないところは無いでしょう。

逆に言えば「いくら年収が高くても、安定していなければ審査に通りにくい」というわけです。

クレジットカードだけでなく、ローンに関するものも同条件です。

一つの例として、SNSで以下のような投稿がありました。

個人事業主である場合でも、どれだけ年収が高い、預金があっても、審査の厳しい保証会社などからは、審査に落とされやすいです。
審査を行う場合は、保証会社の審査の厳しさを確認してから申し込みを行うようにしましょう。

雇用形態が重要

クレジットカードの審査基準のひとつには、雇用形態があります。

雇用形態は、安定した継続を得るか判断するための材料です。

クレジットカードのお申込みページでは、以下のように分かれているのを見たことがあるでしょう。

  • 会社員・公務員・役員
  • 自営業・個人事業主・フリーランス
  • 派遣・アルバイト・パート

このように分けられているのは、雇用形態によって安定性が異なるからです。

たとえば、雇用形態が会社員の場合、月収が少なくても年収は安定しています。

しかし、個人事業主の場合は、どれだけ月収が高くても継続的な収入が見込めないと考えられてしまうのです。

勤続年数が重要

クレジットカードの審査基準として、勤続年数があります。

勤続年数も雇用形態同様、安定した収入があるかどうかを判断するための材料です。

勤続年数は長ければ長いほど信用度があがり、短い場合は信用度が落ちます。

これは、個人事業主に関係なく、会社員だとしても勤続年数が短いと審査に不利であると言えます。

個人事業主で開業1年目の場合、かなり不利な条件となってしまい、ほぼ審査には通らないと考えたほうが良いでしょう(一部のカードを除く)

個人事業主がクレジットカード審査を通す3つのポイント

個人事業主がクレジットカード審査を通す3つのポイント

では、個人事業主がクレジットカード審査を通すためにはどうしたら良いのでしょうか。
以下のポイントを意識するだけで、今よりも審査に通る可能性が上がりますので、是非チェックしてみてくださいね!

主なポイントは3つ。

  1. 売上実績を作っておく
  2. 希望限度額を少なくする
  3. 電話番号は固定番号を記載する

すべて満たしてなければクレジットカードの審査に通らない、というものではありませんが、抑えておいた方が審査に通りやすいです。

ポイントを抑えた上で、申し込みを行いましょう。

売上実績を作っておく

信頼性を高くするために、実績を作っておきましょう。

実績がなければ、審査を通すのは難しいです。

実績としては、以下のようなものがあります。

  • 職務年数
  • 売上

開業してから1年目では、審査にかなり不利になるので、2~3年は待つのが無難です

また、個人事業主で節税対策をしている方もいるかもしれませんが、節税してしまうと収入が少ないと見られます。

  • 開業してから期間が経っていること
  • 継続的に利益を出していること

上記を意識して、活動することをおすすめします。

 

自営業は個人事業主になっておく

自営業の方は、必ず開業届を出して個人事業主になりましょう。

  • 開業届を出していないが自分で仕事をしている→自営業
  • 開業届を出して自分で仕事をしている→個人事業主

という解釈をされるので、きちんと収入を報告している個人事業主の方が良い、ということになります。

個人事業主になれば、確定申告書を収入証明として提出することも可能ですので、まだ自営業の方は、開業届を出して、個人事業主になるところから始めましょう。

希望限度額を少なくする

希望限度額を少なくする

 

審査申し込みの際の希望限度額は、なるべく少なく記載しましょう。

希望限度額を少なくすることで、多少審査に通りやすくなります。

クレジットカードの根本的な考え方は、「着実に返せるか返せないか」です。

限度額が少なければ、ある程度信頼や実績がなくても、クレジットカード会社側のリスクが少なくなります。

当然、記載した限度額までしか使えませんが、急な場合でなければ問題ありません。

使い続けていれば、利用実績を積むことができますから限度額引き上げられる可能性は上がります。

電話番号は固定番号を記載する

電話番号の記入欄は、固定番号を記載しておいた方が良いです。

固定番号があるだけで、「しっかり所定の場所で事業をおこなっている」という印象を与えられます。

たとえば、あなたがなにかサービスを依頼する際、問い合わせ先が携帯番号だと警戒してしまいませんか?

「たかが電話番号」と思うかもしれませんが、意外と重要なポイントなので押さえておきましょう。

固定番号がない方は、固定電話番号のレンタルサービスがあるので、利用してみてください。

ほぼ審査なしで取得できるクレジットカードについてはこちらの記事をご覧ください!

 

申し込み時の2つの注意点

申し込み時の2つの注意点

クレジットカード審査申し込み時に、信頼を落とす行為を行ってはいけません。

とくに注意するべきなのが、以下の2点です。

  • 虚偽の申告
  • 複数の会社へ同時申し込み

最悪の場合、数か月待たなければ審査に通らない可能性があるので、注意してください。

基本的に「バレたら信頼を落とすかもしれない」と考えられることは、しないようにしましょう。

虚偽の申告

クレジットカードの審査を通すためとはいえ、虚偽の申告は絶対にしないでください。

クレジットカード会社は信用情報照会を行うので、虚偽の申告はバレる可能性が高いです。

審査に通らないだけならまだしも、今後社内ブラック(社内だけでまわるブラックリスト)として扱われ、今後同じクレジットカード会社での審査が通らなくなる可能性があります。

もし虚偽の申告で審査が通ったとしても、もしバレた場合には借入分を一括返済しなければなりません。

リスクが大きいので、虚偽の申告はしないことをおすすめします。

複数の会社へ申し込み

こちらは結構やりかねないのですが、複数の会社へ一気に申し込むのは、信頼を落とす原因になりますので控えましょう。

クレジットカード申し込み履歴自体は信用情報機関に登録されるため、デメリットとなる可能性があるのです。

また、同時ではなくとも「A社がダメだったからB社、B社がダメだったらC社」のように、立て続けに申し込むのもなるべく控えることをおすすめします。

1社に申し込みをしたら、少し期間をあけてから次のクレジットカード会社へ申し込みをしてください。

個人事業主でも審査に通りやすいクレジットカード5選

個人事業主でも審査に通りやすいクレジットカード5選

個人事業主でも審査に通りやすいクレジットカードを5つ紹介します。

どこのクレジットカードを選べば良いか悩んでいる方は、参考にしてください。

個人事業主でも審査に通りやすいクレジットカード5選

  1. 三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード|最短3日でカード発行
  2. テックビズカード|ITフリーランス向けビジネスカード
  3. ACマスターカード|パート・アルバイトも申し込み可能な気軽なカード
  4. freee VISAカード|個人事業主向けビジネスカード
  5. セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード|登記簿謄本・決算書がいらないビジネスカード

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード

年会費初年度無料(2年目以降1,375円)
ブランドVISA
限度額10万円~150万円
申し込み条件20歳以上(法人の代表者または個人事業主・学生可)
締め日・支払日15日締め・翌月10日払いor月末締め・翌月26日払い

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカードは、中小企業・個人事業主向けのビジネスカード

初年度年会費無料で気軽に入会できる他、最短3日カードが発行されるのでお急ぎの方にもおすすめです。

またそもそもビジネスユーザー向けのカードなので、個人事業主でも審査に通りやすいです。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカードの詳細はこちら

テックビズカード

テックビズカード

年会費初年度無料(2年目以降2,200円)
ブランドOrico
限度額10万円~300万円
申し込み条件個人事業主または法人代表者
締め日・支払日原則27日

テックビズカードは、ITフリーランス向けに作られたビジネスゴールドカード。

ITフリーランス向けカードなので、個人事業主でも審査に通りやすいです。

クラウド会計ソフトFreeeが2ヶ月分お得に使えるなど、開業したての方向けでもあると言えますね。ITフリーランスの個人事業主ならば、一番合っているカードでしょう。

テックビズカードの詳細はこちら

アコムのACマスターカード

ACマスターカード

年会費無料
ブランドmastercard
限度額10万円~300万円
申し込み条件20歳以上
締め日・支払日35日ごとの支払い

アコムのACマスターカードは、パートやアルバイトでも申し込み可能なクレジットカードです。

「雇用形態関係なく、一定の収入があるかどうか」が審査基準になっているので、個人事業主や自営業でも審査に通る可能性が高いです。

ACマスターカードの公式サイトには「3秒診断」というシミュレーションが用意されているので、不安な場合はシミュレーションしてみると良いでしょう。

キャッシング機能もついていて、最短即日発行も可能なので、お急ぎでクレジットカードを作りたい方におすすめです。

ACマスターカードの詳細はこちら

freee VISAカード

freee VISAカード

年会費初年度無料(2年目以降1,375円)
ブランドVISA
限度額50万円~150万円
申し込み条件20歳以上(法人の代表者または個人事業主)
締め日・支払日15日締め・翌月10日払いor月末締め・翌月26日払い

freee VISAカードは、創業時でも使えるビジネスカード。

創業時や個人事業主の方向けに発行されているカードなので、審査が通りやすくなっています。

登記簿謄本や決算書も不要で、設立すぐに申し込み可能。

また、カード支払い情報は、クラウド会計ソフトのfreeeと自動同期することが可能なので、経理処理が楽になります。

「実績がないけど、カードを作りたい」という方に、おすすめのカードです。

freee VISAカードの詳細はこちら

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

年会費1,100円
ブランドAMEX
限度額500万円
申し込み条件20歳以上(法人の代表者または個人事業主)
締め日・支払日10日締め・翌月4日払い

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、気軽に申し込めるカードです。

登記簿謄本・決算書なしで申し込み可能で、インターネット完結するので、忙しい方でも気軽に簡単にお申込み可能。

年会費は1,100円と安い上に、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのポイントは永久不滅で有効期限がありません。

審査が簡単なだけではなく、お得にカードを利用したい方にもおすすめです。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの詳細はこちら

個人事業主でもカードローンの審査は通る

個人事業主でもカードローンの審査は通る

以前はかなり厳しい状態にあった、フリーランスや個人事業主のクレジットカード問題でしたが、需要の増加に伴いサービスも除々に充実してきました。

結論、個人事業主でもクレジットカードを持つことができます。

今まで個人事業主でクレジットカードを諦めていた方も、改めてお申込みしてみてください。

 

個人事業主用カードではない、審査におすすめのクレジットカードをお探しの方は下記の記事も参考にしてみてください!

-クレジットカード
-, , , ,

© 2021 マネーの学校