カードローン

【2021最新版】借り換えおすすめカードローン厳選3選!|デメリットや通過のコツも

借金の返済に困っているあなたは「ローンの借り換え」を行うことで借金の返済額が少なくなるかもしれないことをご存知ですか?

今回は「借金の返済額を減らすローンの借り換え」について解説していきます。

結論、ローンの借り換えは審査が甘いわけではないのため、審査基準を知り、適切な借り換えローンを見つけることが重要です。

WEBの情報ではわかりづらい「借り換えおすすめカードローン」を調査した結果をまとめたので、ぜひ見ていただければと思います。

その他にも「借り換えの基本情報」の説明や、「借り換えのメリット・デメリット」「借り換え審査に通過するコツ」について説明していきたいと思いますので、ぜひこの記事を読んで借金苦を脱していただければ幸いです。


プロミス

プロミスは2年連続2オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン」で第1位を獲得している大手消費者金融です。

最短15秒で事前審査が可能*で、最短30分で融資の手続きができるというお急ぎの方に嬉しいサービス展開をしています♪

お金に困っている方はとりあえずWEBからお借り入れができるかどうか確かめてみましょう!

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

最短15秒の事前審査を受ける

カードローンの借り換えとは何か

借り換え ローン 審査 甘い

カードローンの借り換えとは、総返済額を減らすためにカードローンを切り替える行為のことを言います。

カードローンは商品によって金利が異なります。そのため、より金利の低いローンへ借り換えることができれば、ローンの総返済額を減らすことができますよね。

このようにカードローンの商品ごとの金利差を利用して総返済額を減らす手法のことを「借り換え」と呼ぶことを抑えておきましょう。

一方、カードローンでは借入残高によって毎月の返済額が決まっているため、借り換えを行うことにより総返済額が減っても毎月の返済額は減らない可能性があることも覚えておいてくださいね。

借り換えって何?仕組みを基礎から知りたい方はこちら

「借り換え」と「おまとめ」の違い

ローンの借り換えの話題の中で「おまとめ」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。

この「おまとめ」とは、複数社から借りている借金を1社へまとめて借入を行い、ローンの一本化をすることを言います。

厳密には「借り換え」は、1社から1社へ借り換えを行うことを指すことを抑えておきましょう。

一方、借り換えローンという名前の商品でも、複数社から1社へのまとめて借入を行うことも可能なため、実際のところ「借り換え」と「おまとめ」にはあまり差がありません。

審査の甘いおまとめローン特集!こちらの記事をご覧ください

カードローンの借り換えのメリット

借り換え ローン 審査 甘い

「カードローンの借り換えを行うことを検討してるけれど、どんなメリットがあるんだろう...」と悩んでいるあなた。

実は、カードローンの借り換えを行うことで、金利が下がり合計返済額が減ることが考えられます。

この項では、カードローンを借り換えすることのメリットを3つに分けてご紹介していきます。

カードローンを借り換えするメリットは、次の3つです。

  1. 金利が下がり合計返済額が減る
  2. 利用可能枠の増額ができる
  3. 返済の利便性を向上させられる

では、それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう!

金利が下がり合計返済額が減る

カードローンは、カードローンの商品によって金利が異なります。

カードローン商品を提供する会社は金利の表示が義務付けられているため、公式HPから簡単に金利の確認が可能です。

公式HPを見ながら、今現在使っているカードローンの金利よりも低い会社を探し、借り換えを行うようにして下さい。

そうすることで、現行のローンで完済をするよりも、総返済額を減らすことができるでしょう。

利用可能枠の増額ができる

借り換え ローン 審査 甘い

カードローンは利用可能な金額の限度が決まっています。

今使っているカードローンよりも限度額が大きいクレジットカードで契約すれば、利用可能枠の増額が可能ですね。

しかし、利用可能枠は増えれば増えるほど審査は厳しくなりますし、ついつい使いすぎてしまうことも考えられます。

利用可能枠を増やしたとしても、返済できる範囲内の借入を行うようにしましょう。

返済の利便性を向上させられる

カードローンの種類によってはコンビニATMでの返済や、インターネットバンキングでの返済など、多様な返済方法が準備されている場合があります。

借り換えによって返済方法が多種に富んでいるローンへ借入を行うことができれば、その後の返済の利便性をかなりあげられますね。

できるだけ返済方法が多く、インターネットなどのオンラインも使えるような利便性の高い会社を選ぶようにしましょう。

カードローンの借り換えのデメリット

借り換え ローン 審査 甘い

「カードローンの借り換えのメリットはわかったけど、デメリットは何かあるのかな」と考えたあなたに向けた内容です。

実際はカードローンの借り換えを行うためには、新たに審査に通る必要があるなど、手間なこともたくさんあります。

この項では、カードローンの借り換えのデメリットをご紹介していきます。

カードローンを借り換えすることのデメリットは、次の3つです。

  1. 新たに審査を受ける必要がある
  2. 必ず合計返済額が減るわけではない
  3. 返済期間が伸びる可能性がある

では、それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう!

新たに審査を受ける必要がある

カードローンの借り換えを行う際は、まず初めに新しいカードローンに申し込むことが必要になります。

そのため、新たに審査を受けることが必須となっているのです。

この借り換えの審査基準も、ローンによってかなり異なり、そもそも審査に通過しないことも十分に考えられます。

審査の結果が出るまでに時間がかかることもあり、借り換えは慎重に行う必要がありますね。

必ず合計返済額が減るわけではない

借り換え ローン 審査 甘い

ここで1つ抑えておきたいのは、借り換えをすることで必ず返済金額が増えるとは言い切れないことです。

なぜこのような事態が発生するかというと、カードローンの返済方法には「元金定額方式」と「元利定額方式」の2つがあるからですね。

元利定額方式は元金定額方式と比べて、元金が減りやすいのが特徴になっています。

要するに、同じ額の借入金を返済するときは、元金定額方式を選ぶことで、早く返済ができるようになると期待できますね。

返済期間が伸びる可能性がある

借り換えを行うことで毎月の返済額や返済方法が変わり、返済期間が長くなってしまうことが考えられます。

返済期間が延びてしまうと、その分の余計な金利がかかり、結果的に総返済額が多くなってしまう可能性があります。

そのため、借り換えを行う際は、返済期間が延びてしまわないかどうかを確認するようにしましょうね。

カードローンの借り換え審査を通過するコツをご紹介

借り換え ローン 審査 甘い

「カードローンの借り換え審査って甘いの?審査を通過するコツは何かあるの?」と疑問に思うあなたに向けた内容です。

実際問題、借り換えの審査を通過するために安定した職に就いていることは大前提になってしまいますが、その他にはいくつかのコツがあります。

この項では、カードローンの借り換え審査を通過するコツについて説明していきます。

カードローンの借り換え審査を通過するコツは、次の3つです。

  1. 正社員として安定した職に就いていること
  2. 他社の借入件数をできるだけ減らす
  3. 他社の借入額をできるだけ減らす

では、それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう!

正社員として安定した職に就いていること

ローンの借り換え審査で通過するためには、正社員として安定した収入を得られる職に就いていることが大前提です。

特に、事業規模の大きな会社や、世の中的に名の通っている大手企業に勤めている場合は、審査で心配することはないでしょう。

中には非正規社員や派遣で働いている方など、不安定な収入で生活をされている方もいるかもしれません。

そのような場合でも審査に通りやすくするために、次の2つのコツを頭に入れておいて下さい。

他社の借入件数をできるだけ減らす

借り換え ローン 審査 甘い

多くのカードローンや消費者金融からお金を借りてしまっている場合は、借り換えをしても、結局他社でまた借り換えを行う人だと認識をされてしまい、審査に通りにくくなる可能性があります。

そこで、最低でも他社の借入件数を「3社」まで減らすようにしましょう。

4-5社の借入を行なっているとしても、今月や来月中に1-2社の返済ができる場合は、そちらの返済を済ましてから「借り換え」を行うことで、借り換えの審査への通過率を底上げすることができます。

しかも、1-2社の返済を行なった場合は、それらのローンを返済したという実績も積めるため、審査通過の可能性が上がります。

最終手段では親戚や友人に頼るなどして、借入件数を最小限まで減らすようにしましょう。

他社の借入額をできるだけ減らす

最後に、他社の借入額をできるだけ減らすようにしましょう。

借り換えの申し込みを行う方は、他社の借入があることが一般的なので、借入があること自体は審査にマイナスに響きません。

しかし、あまりに借入額が多い場合は、いくら借り換えの審査といっても通過することが難しくなってしまいます。

例えば、年収が400万円の方が500万を超える借入を行なっていた場合は、借入額が年収を超過しているという理由で審査を落とされてしまうかもしれません。

そのため、借り換えの申し込みを行う前に、できるだけ借入額を減らすようにしましょう。

借り換えにおすすめのカードローン3選

借り換え ローン 審査 甘い

「借り換え審査についてよく理解できたけど、何か借り換えにおすすめのカードローンはないのかな...」と疑問に思うあなた。

カードローン選びで困っている方へ、当サイトが厳選した借り換えにおすすめのカードローン厳選3つをご紹介します。

それぞれ1つずつ特徴が異なっていますので、各々の特徴を把握した上で選んでみて下さいね。

では、それぞれ1つずつみていきましょう!

①楽天銀行スーパーローン

楽天銀行

楽天銀行のスーパーローンは、IT大手の楽天が運営する楽天銀行が提供するカードローンです。

楽天銀行のスーパーローンの良いところは他社と比較した時の金利の安さにあります。

例えば、200万円以上300万円未満の借入利率は年6.9%-14.5%であり、現在利用されているローンと比較してみましょう。

また、楽天ユーザーならばお得な楽天ポイントを入会するだけで1,000ポイント得ることができます。

楽天銀行スーパーローン自体は30-50代の男性の正社員の方など、ある程度金銭的に安定した方が利用する傾向が多いです。

とくに30代からの人気は非常に高く、2021年のオリコン満足度調査「銀行カードローン年代別ランキング」で30代部門で1位に輝いています。

逆に言えば、20代の方や正社員ではないアルバイトやパートの主婦、学生の方は後ほど紹介する大手消費者金融に申し込みした方が良いですね。

楽天スーパーローンのお申込みはこちら

②auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンは、ネット上で手続きを完結させたいAUユーザーの方にオススメです。

限度額は800万円であり、金利は借り換えコースで年0.98-12.5%の低金利で借入を行うことができます。

しかし、借り換えコースを利用するにあたり次の2つの条件が必要になるため、抑えておきましょう

  1. au IDを取得している必要がある(=他社キャリアの携帯では利用できない)
  2. 限度額が100万円以上である(=限度額が100万未満の場合は利用できない)

要するに、キャリアはauを使用していて、限度額が100万円を超えていないと利用できないため、要確認ですね。

auじぶん銀行カードローンに申し込んでみる

③プロミス

プロミス

プロミスは、2年連続でオリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン部門」で第1位を獲得している日本最大手のカードローン会社です。

プロミスは初めて申し込みをする方ならば30日間ずーっと利息が0円になります。また、50万円以下の借入では収入証明証の提出必要もなく、カードローン初心者でも利用しやすいのが特徴です。

利用限度額は500万円であり、金利は実質金利で4.5-17.8%を変動しています。

返済はインターネットで簡単にでき、事前審査は最短15秒で完了するため、急ぎの要件にも対応のできる素晴らしいカードローン会社です。

とくに正社員ではない派遣やアルバイトで生活をしている方、収入が芳しくない方でも融資を受けやすいのがポイントですね。

迷ったらプロミスで借り換えを行うことをおすすめします!

最短15秒の事前審査を受ける

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

ローンの借り換えを行って借金苦を脱出しよう!

借り換え ローン 審査 甘い

この記事では、ローンの借り換えおすすめカードローンをご紹介しました。

ローンの借り換えを行うことで借金の総返済額を減らせる可能性があるのですね。

しかし、借り換えの審査は厳しいのが現状なので、借り換えを行う業者は慎重に選びましょう。

本記事でご紹介している業者はどれも実績のある優良業者なので、迷ったら以上3つの中から選ぶようにして下さいね。

あなたがローンの借り換えを行なって借金苦を脱出できることを祈っています!


プロミス

プロミスは2年連続2オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン」で第1位を獲得している大手消費者金融です。

最短15秒で事前審査が可能で、最短30分で融資の手続きができるというお急ぎの方に嬉しいサービス展開をしています♪

お金に困っている方はとりあえずWEBからお借り入れができるかどうか確かめてみましょう!

最短15秒の事前審査を受ける

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

-カードローン
-, , , , , ,

© 2021 マネーの学校