資産運用

持病があっても保険に入ることはできる?持病持ちの方向けのおすすめ医療保険5選を紹介!

ご自身に何かあった時に入っておきたいのが生命保険や医療保険などの保険サービス。

加入時に持病や手術歴があると、保険に入れないという通説があります。

持病を持っているとリスクの高い保険者であると見なされるため、十分に保険サービスを受けられないのではないか?という不安を持つ方は多いです。

本項では、持病持ちの方でも加入しやすい保険についてランキング形式で紹介していきます。

また、持病と保険の関わりなどを知って、保険を有効に活用してください。

持病など健康状態に不安を抱える方であっても、安心して保険サービスを受けられる保険会社を見ていきましょう。

今すぐおすすめランキングが見たい方は、下のボタンを押してください。

今すぐ持病持ちの方向けのおすすめ医療保険5選を見る

団体信用生命保険の審査に通るコツを解説する記事もおすすめです。

持病があると保険に入れない?

持病があると保険加入の審査に不利になることがあります。

持病がなく健康である人と比べると、持病を持つなど健康状態に不安がある方は保険リスクが高くなってしまうからです。

しかし、持病があると保険に入れないかというと、そうではありません。

持病をお持ちの方向けの保険サービスも多く展開されているため、それぞれのニーズに合わせた保険商品を選ぶことができるのです。

保険の仕組み

保険とは、私たちが死亡したときに遺すお金、あるいは病気や怪我などで保証が必要な場合に経済的な不安を補償してくれるものです。

何故、持病を持っている人は保険に加入することが難しいのでしょうか。

その答えは、保険の仕組みにあります。保険とは、保険サービスが相互扶助の考えからサービスを行っていることにあります。

すなわち、死亡した際の死亡リスクに備えて加入者同士でリスクを補い合うという仕組みです。

持病を持っている人は、健康な人と比べて死亡リスクが高くなってしまいます。

そのため、リスクの高い加入者であるとされ、保険への加入が不利になってしまうのです。

告知義務

保険加入には告知義務が課せられます。

告知義務とは、保険加入者が過去の健康状態や病歴、職業などを正確に告知することを義務づけられることです。

保険会社が保険加入者のリスクについて正しく判定するために告知された情報は用いられます。

告知義務を正しく行わないと、告知義務違反として保険金を正しく受け取れない場合があります。

万が一の場合に備えて、自身の保険リスクを正しく告知しましょう。

持病の種類

持病の種類には様々ありますが、保険加入時に注目されるのは「三大疾病」あるいは「八大疾病」です。

保険加入時にはこれらの疾病の病歴などを精査され、保険加入の判断材料となります。

三大疾病とは「ガン、急性心筋梗塞、脳卒中」のこと。日本人の死因となる上位の病気であり、入院や手術には多額の費用がかかります。

過去にこれらの病歴があるかどうかが保険加入時に大きな判断材料とされます。

三大疾病

  • ガン(悪性新生物)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

八大疾病とは、上記の三大疾病に加えて「糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、腎疾患、すい疾患」を加えたものです。

八大疾病

  • ガン(悪性新生物)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 肝疾患
  • 腎疾患
  • すい疾患

生命保険の種類

生命保険には大きく分けて「死亡保険」と「医療保険」の2種類があります。

それぞれについて、特徴を詳しくみていきましょう。

死亡保険

死亡保険とは、加入者が死亡したときの保険のこと。

加入者が死亡したときに家族がいる場合、遺された家族の生活のためにお金が払われるため、経済的なリスクが保障されます。

死亡保険には契約ごとに2種類あります。両者は保険期間が定められているかどうかに違いがあり、それぞれについて特徴を見ていきましょう。

定期型死亡保険

まず、「定期型死亡保険」とは保障される期間が定められています。

掛け捨て型とも呼ばれる定期型死亡保険は、終身型と比べて死亡した際に多額の保険金を受け取ることができます。

また、掛け捨てとなる場合は毎月の支払保険料が割安であることも特徴です。

一方で、支払った保険料は返金されることはないため、貯蓄性がないことに注意してください。

また、保険には一定の期間が設けられているため、期間が終わった場合に更新を行う場合は、保険料が割高になる場合があります。

終身型死亡保険

「終身型死亡保険」とは、死亡するまで一生涯保障される死亡保険のこと。保険期間に期限はないため、期間を気にすることなく保険サービスを受けることができます。

また、支払った保険料は将来解約した場合に「解約返戻金」として受け取ることができます。

長期間にわたって保険料を支払い続けた場合は、解約返戻金が本来支払った料金より多くなることもあるため、資産形成としての側面も持った保険です。

一般的に、終身型死亡保険のほうが受けられるサービスが充実しているため、保険料は割高になります。

ポイント

  • 定期型死亡保険:保険料は一定期間のみ。掛け捨てで、多額の保険金を受け取れる。支払保険料は割安。
  • 終身型死亡保険:保険料は死亡するまで一生涯。貯蓄性があるため、資産形成にも有用。支払保険料は割高。

医療保険

医療保険とは、病気や怪我をした場合のリスクを保障するための保険です。

例えば、入院した場合には多額の治療費が必要です。また、手術をした場合などにおいても医療保険は適用の対象となります。

将来的に病気や怪我をした場合のリスクに備えて保障を受けられるのが医療保険の特徴です。

医療保険にも死亡保険と同様に「定期型(掛け捨てタイプ)」と「終身型」があります。それぞれの特徴については死亡保険と同様です。

ポイント

  • 定期型医療保険:保険料は一定期間のみ。掛け捨てで、多額の保険金を受け取れる。
  • 終身型医療保険:保険料は死亡するまで一生涯。若いうちに契約することで保険料を低く抑えられる

持病をお持ちの方が保険に入る方法

持病がある人が保険に入るためには、専用の保険商品を選ぶ必要があります。

代表的な例は「引受基準緩和型保険」と「無選択型保険」です。

それぞれについて、持病持ちの方が保険に入るためのポイントや注意するべきポイントと共に見ていきましょう。

引受基準緩和型保険

引受基準緩和型保険とは、加入する際に告知する事項が限定され、加入する際に保険会社が引き受ける条件が緩和された保険のことです。

保険に加入する条件、すなわち引受基準が緩和するもの。

条件が緩和されるため、他の保険に加入できなかったという方でも加入しやすい保険商品です。

デメリットとしては、保険加入後に保険金の払い込みが制限されたり、保険金が割高になったり、保険加入者にとっては通常の保険に比べると不利になることが多いです。

しかし、その差額分は保険に入るためのリスクを埋めるための差分であり、持病を持ちながら保険に入ることの条件と考えればリーズナブルな保険商品であるといえるでしょう。

無選択型保険

無選択型保険とは、健康状態に関する告知や医師の診断が無くても加入できる保険のこと。

病歴などの制限により、保険に加入することが出来なかった人向けの保険サービスです。

診断書が必要ないため、多くの人が保険を受けることができます。

ただし、保険料が割高であること、免責事由が多い点に注意する必要があります。

無選択型保険を利用する際は、契約内容や保険金が支払われる条件をよく確認しておきましょう。

健康なうちに保険に入る

お得に保険を利用するためには、リスクを軽減することが重要。

若いうち、健康なうちに保険に加入することで、早いうちから安価で保険サービスを受けることができます。

保険とは、未然にリスクに備えるものです。

病気になってから保険に入ってしまうと、リスクが高くなってしまうため、保険料が割高になって結果的に多額の保険料を払うことになってしまいます。

将来を見据えて早めに保険への加入を検討してみてください。

加入前に絶対見て!危ない生命保険ワーストランキングもご紹介しています。

持病持ちの方向けのおすすめ医療保険5選

持病持ちの方におすすめの保険商品5選を紹介していきます。

オリックス生命保険

引用元:https://www.orixlife.co.jp/

オリックス生命についてはこちら

オリックス生命保険はオリックスグループの生命保険会社。

総合金融サービスを展開するオリックスグループが展開する同社は、1991年と保険会社の中では新しい存在ですが、代理店チャネルを中心に成長しています。

オリックス生命は「シンプルでわかりやすい保険」「合理的な保障をお手軽な価格で提供すること」を商品開発のコンセプトにしており、持病をお持ちの方向けの保険商品も多く展開しています。

銀行の信用力を表す「ソルベンシー・マージン比率」は1,806%。健全な経営状況が200%ですから、財務体力にもかなり安定した保険会社であることがわかります。

医療保険キュア・サポート・プラス

医療保険キュア・サポート・プラスは持病や入院・手術歴がある方も入りやすい保険。

基本的な保障だけでなく、ご自身の健康状態に合わせて特約をつけることでさらにサービスが充実!

ポイント

  • 病気や怪我による入院を生涯保証
  • 入院の有無に関わらず1,000種類の手術を保証

メットライフ生命保険

引用元:https://www.metlife.co.jp/

メットライフ生命についてはこちら

メットライフ生命はアメリカの生命保険会社の日本法人で、「メットライフアリコ」のブランドを持ちます。

プロ野球埼玉西武ライオンズの本拠地である西武ドーム(埼玉県所沢市)の命名権を保有しており、「メットライフドーム」の名称でプロ野球ファンなどにはお馴染みでしょう。

外資系保険会社として日本で40年以上の歴史を持ち、様々な保険サービスを展開しています。

終身医療保険 フレキシィゴールドS

メットライフ生命の医療保険では、持病持ちの方も安心して利用できる保険サービスを用意。

「終身医療保険 フレキシィゴールドS」では持病や既往症があっても安心して加入できる生命保険です。

通院中や服薬中であっても保険に加入できるよう、基準を緩和されています。

また、通常では持病持ちの方が保険に加入する場合には保険金の削減がありますが、本保険商品では支払削減期間が撤廃されています。

いざというときに保険金を受け取れるよう、安心した保証が用意されています。

健康に関する事前確認事項

  1. 最近3ヶ月以内に入院・手術あるいはガンの検査を受けたことがあるか
  2. 過去1年以内に病気や怪我で入院・手術をしたことがあるか
  3. 過去3年以内にガンなどの病気と診断されたことがあるか、あるいはガンなどの病気により入院・手術をしたことがあるか

アクサ生命保険

引用元:https://www.axa.co.jp/

アクサ生命についてはこちら

アクサ生命はフランスの生命保険会社と日本の団体生命保険が統合して出来た保険会社です。

グローバルな保険会社として培ったノウハウと、顧客ニーズに即した保険商品を展開しています。

スマート・ケア・ウィズユー

「スマート・ケア・ウィズユー」は持病持ちの方も安心して入れるアクサ生命の医療保険。

「持病があって保険に入れないのでは…」と心配されている方も、一定の条件をクリアすることで保険に加入することができます。

また、契約前の持病(既往症)が悪化・再発した場合の入院・手術も保証の対象となります。

楽天生命保険

引用元:https://www.rakuten-life.co.jp/

楽天生命についてはこちら

楽天生命は楽天グループの生命保険会社。

2008年に設立された「アイリオ生命」を前身としており、2014年4月1日より現在の楽天生命という名称に変更した比較的新しい生命保険会社です。

ネット系の金融サービスに強みを持つ楽天グループならではの使いやすいサービスを展開。

プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地(宮城県仙台市)の命名権を有しており、「楽天生命パーク宮城」としてお馴染みの人も多いでしょう。

スーパーたよれる医療保険

「スーパーたよれる医療保険」は持病がある方、過去に入院・手術をした方でも入りやすい保険です。

「三大疾病プラン」に加入することで、三大疾病に対して手厚い保証を受け取ることもできます。

手術の対応力にも強みがあり、1,000種類以上の手術の保証に対応。さらに、保険料は一生涯上がらないため、安心して保険サービスを受けることができます。

アフラック生命保険

引用元:https://aflart.com/

アフラックについてはこちら

アフラックはがん保険や医療保険に強みを持つ生命保険会社。

アメリカ発の生命保険会社であり、「アフラックダック」というCMキャラクターでお馴染みです。

医療保険 EVER Prime

「医療保険 EVER Prime」は持病など健康に不安のある方でも入りやすい医療保険です。

特定の要件を満たすことで加入できる医療保険です。

保険を活用して万一に備えよう!

保険は転ばぬ先の杖ともいうように、私たちの暮らしをサポートしてくれるものです。

私たちの生活にはあらゆるリスクに対応しなければなりません。

その中でも死亡した後の経済的な保障は遺された家族のためにも考えておきたいところ。

契約条件によっては条件を緩和して保険に加入できるという商品がたくさんあります。

ネット保険を中心に、合理的な保険料で加入することができるため、万が一のときに備えて保険に加入しましょう。

-資産運用
-, , , , ,

© 2021 マネーの学校