住宅ローン

転職が住宅ローンにあたえる影響とは?審査通過のポイントを解説

転職が住宅ローンにあたえる影響

転職が住宅ローンにあたえる影響についてご存知でしょうか。転職のタイミングでは住宅ローンの審査に悪影響があるため、注意が必要です。

この記事では、転職が住宅ローンにあたえる影響と審査通過のためのポイントについて解説しています。

一番の注意点:転職するタイミング次第では審査に通らない

いざ住宅ローンの申し込みをした際に、失敗しないためにもしっかりとチェックしておきましょう。転職することで住宅ローンの審査が通らないのではないか、と不安を抱える方はぜひ参考にしてみてくださいね。

また、実際に住宅ローンを組む予定がある場合の方は、住宅ローンは転職前後でも組める?審査への影響や注意点を解説も合わせてご参考ください。

転職直後は住宅ローンの審査に影響するのか

転職直後の住宅ローンについて

結論として転職直後は住宅ローンの審査に大きく影響します。それは住宅ローンの審査項目である「勤務年数」が少ないと判断され、場合によっては金融機関からの融資が受けられないことがあるからです。

※一概に、転職後は審査が通らないとは言い切ることができません(タップで該当箇所へ

転職によって審査が通らない場合と通る場合について、以下で解説します。

勤務年数によって融資審査に影響がある

「勤務年数」は金融機関から融資を受ける際の審査項目の一つです。

一般的には勤務年数が長いほど融資を受けやすくなりますが、あらかじめ審査項目に「勤務年数3年以上」などの条件がある場合、転職直後では基準を満たすことができません。

また転職回数が多い場合も、収入が不安定と判断されて審査に通りづらくなることもあるため覚えておきましょう。

転職直後でも年収アップによってはローンを組める

プラスに働く転職の例

  • キャリアアップ転職の場合
  • 前職より収入がアップする転職の場合

上記は審査においてプラスとなることが多いため、申請の時にはアピールしてみると良いでしょう。

「転職」は場合によっては審査に悪影響がある場合がありますが、プラスとなる転職もあるのです。そのため住宅ローンの申し込み時に転職したばかりでも、上記の理由に当たる場合は審査通過する可能性が高いです。

転職タイミングによっては金融機関にバレる可能性がある

転職が金融機関にバレる

金融機関に連絡しなければバレることはない、と思うかもしれないですが、審査の過程で転職したことはバレるため要注意。どの過程で転職したことがバレるかというと、健康保険証を使用して「資格取得年月日」を確認するタイミングです。

金融機関は事前審査と本審査の際に、健康被検証を確認することで、申込者が提出した書類と実際の勤務年数に違いがないかを確認するのです。

住宅ローンの本審査後に転職をする2つのリスク

住宅ローンの本審査後に転職をするリスク

 

リスクがある転職の例

  1. ローン特約が利用できず違約金を支払う場合がある
  2. 申し込み条件が変わるためローン契約できない

本審査は終わったかもしれないですが、実際にローン実行までには期間が空くことを忘れてはいけません。

本審査後に転職をすることは、次に紹介する2つのリスクがあることを覚えておきましょう。

ローン特約が利用できず違約金を支払う場合がある

ローン特約が利用できず違約金を支払う

本審査後に転職をすることは、「ローン特約」が利用できず違約金を支払う場合があることを意識する必要があります。

ローン特約

買主は住宅ローンなどを利用する場合に、借入額の全てまたは一部を金融機関から承認を得られない場合、売買契約を無条件で契約解除できる特約のこと

しかしこの特約による契約解除ができるのは、在職している状況でローンの審査が通らなかった場合のみなので、転職による理由で審査が通らないことは契約違反となるのです。

契約違反ということは、契約書に記載されている違約金を支払わなければいけないことを覚えておきましょう。

申し込み条件が変わるためローン契約できない

申し込み条件が変わるためローン契約できない

申し込み時の条件はあくまでも申し込み時の条件となるため、本審査が通過していない時点で転職をしてしまうと条件を満たさなくなります。

審査が正式に降りるまでは、あくまでも金融機関への予約状態に過ぎないため、本審査後に転職をすることは申し込み条件を変えることになるのです。

本審査が通ったからと言って、まだ契約締結されていないため注意しましょう

ローン契約(金銭消費貸借契約)が民法上で「要物契約」に該当していることに関係し、ローンの実行時(お金を貸す)に初めて契約締結されます

住宅ローンの返済中に転職をする場合の手続きと注意点

住宅ローンの返済中に転職をする場合の手続き

住宅ローン返済中に転職を行う際の手続きや注意点

  1. 転職をしたことを金融機関に連絡
  2. 年収が下がる場合は返済条件の変更を行う
  3. 住宅ローン控除の申請方法の変化を理解しておく

上記が住宅ローンの返済中に転職をする場合の手続きと注意点です。

基本的に住宅ローンが実行された後は、転職をしても問題ありません

しかしローン契約をするということは返済をしなければいけません。きちんと内容を把握しておくことで、後のトラブルを回避することに繋がります。

転職をしたことを金融機関に連絡

転職をしたことを金融機関に連絡

住宅ローンを契約している金融機関へ転職したことを連絡しておくことが大切です。

基本的に住宅ローンの約款や契約書には、住所変更や勤務先などの届出事項に変更があった場合に、変更したことを届け出る旨が記載されていることが多いです。

住所変更はもちろん、転職して勤務先が変わった場合も金融機関へ変更の手続きを行う!

年収が下がる場合は返済条件の変更を行う

年収が下がる場合は返済条件の変更を行う

年収が下がってしまい返済が難しいと予想される場合は、月々の返済額の見直しをすることが重要です。

転職したら年収が前職よりも下がってしまうこともあるかもしれません。そのような場合は、今までと同じ条件で返済することが難しくなる可能性が高いでしょう。

しかし見直しには再度審査が必要となるため、無条件で変更できないことを理解しておくことが大切です。

住宅ローン控除の申請方法の変化を理解しておく

住宅ローン控除の申請方法の変化を理解しておく

住宅ローンがある方は、年末調整によって控除の適用対象となります。しかし転職タイミングによって住宅ローン控除の申請方法が変わるため、しっかりと内容を理解しておきましょう。

年末時点で転職先の企業に在籍していた場合

年末調整の対象となるため住宅ローンの控除を受けることが可能

退職は年内にしたけど年明けに転職した場合

年末時点はどの企業にも在職していなかったことになるため自身で確定申告をする必要あり

上記のように、転職タイミングによって住宅ローン控除の申請方法が異なるため注意が必要です。

転職したら年収が下がった場合の対処法

転職したら年収が下がった場合の対処法

  1. 繰り上げ返済を行う
  2. 返済期間を延長する

転職して年収が下がったら、上記の2つの対処法を早めに試してみることをおすすめします。

一昔前と比較して、転職をすることは一般化して別業種への挑戦がしやすくなりました。しかし、未経験の分野では年収が下がってしまうことはよくあることです。

その場合でも返済はしなくてはならないことを意識しましょう!

繰り上げ返済を行う

繰り上げ返済を行う

繰り上げ返済を行うことで月々の返済額を減らすことができます。しかしこれは、手元にある程度の自己資金がある場合に友好的な手段です。

繰り上げ返済を行うことで元金分の返済額が少なくなるため、金利も少なくなることが特徴です。

具体的な繰り上げ返済の種類と特徴について、下記にまとめます。

繰り上げ返済の種類と特徴

  • 短期短縮型
  • 返済額軽減型

繰り上げ返済には上記の2種類があり、それぞれ特徴や返済期間などが違います。それぞれの特徴について、どのようなものか把握してみましょう。

短期短縮型 返済額軽減型
毎月の返済額 変化しない 軽減される
返済期間 短縮される 変化しない
特徴 住宅ローンの総返済額を軽減 月々の返済額を軽減

返済期間を延長する

返済期間を延長する

返済期間を延長することも対処法の一つです。転職などによって年収が減少した場合、金融機関に相談をして残りのローン返済額を考慮した上で、返済期間の延長ができる場合があります。

しかし安易に返済期間を伸ばすことはおすすめできません。その理由を下記の「返済期間を延長するデメリット」にて解説します。

返済期間を延長するデメリット

注意点として、返済期間が伸びたことで利息の負担もかかることを意識しておく必要があります。また利用している金融機関によっては返済期間の延長ができないこともあるため、利用する金融機関にしっかりと確認をとっておくことが大切です。

ボーナス返済の見直しを行う

ボーナス返済のメリット
まとまった額を返済可能

ボーナス返済のデメリット
会社都合でボーナスの減給や転職先で支給されない場合あり

もし住宅ローンの返済に「ボーナス返済」を組んでいる場合、転職先によってはボーナスの支給がなかったり前職よりも低くなったりしてしまうこともあります。

そのような場合には、ボーナス月の返済額を減らすか、ボーナス月の返済額を毎月の返済額に上乗せする方法で解決することができます。

審査通過のためのポイントは転職タイミングと勤務年数

審査通過のポイントは転職タイミングと勤務年数

住宅ローンの審査通過のためのポイントは、「転職タイミング」と「勤務年数」です。申し込み時にはスムーズに審査通過するためにも、この2つのポイントはきちんと意識しておくことが大切です。

しかし一概に「転職」が住宅ローンの審査に悪影響があるとも言えません。下記の2パターンであれば、審査通過のために必要な「転職タイミング」と「勤務年数」に関わらず審査通過できる可能性があります。

住宅ローンの実行後なら転職しても問題なし

“住宅ローンの実行後”であれば、転職をしても問題はありません。しかし本審査直後の転職は、実際にローンが実行されるまでの審査で悪影響が出てしまいます。

転職したことによって審査に悪影響を出さないためにも、本審査を通過し、実際に住宅ローンが実行されてから転職を検討するようにしましょう。

年収が上がる転職なら審査通過の可能性あり

一般的に勤務年数が短い状況での住宅ローンの申し込みは、審査通過の可能性が低くなってしまいます。「勤務年数」は金融機関の審査項目の一つなので、より長く勤務している方が融資を受けやすくなるのです。

キャリアアップ転職や収入アップする転職についはプラスになることをこの記事でご紹介しましたが、おさらいとして、転職したばかりで住宅ローンの申し込みを行う際には、以下の2つをアピールしましょう。

住宅ローン申し込み時のアピールポイント

  • キャリアアップの転職かどうか
  • 前職より年収アップする転職かどうか

また、住宅ローンを検討している方はまず「仮審査」をしてみるのがおすすめ。詳しくは【住宅ローンの仮審査と審査基準】の記事でご紹介しています。

審査が不安なら「フラット35」の検討もしてみよう

住宅ローンの審査に不安がある場合は、「フラット35」への借り換えを検討してみるのもおすすめ。銀行や民間のビジネスローンを比較して審査が通りやすく、繰り上げ返済手数料などがかからない点がメリットとなります。

以前民間の住宅ローンに申し込み、審査に引っかかってしまったという方でも、フラット35の審査なら通る可能性がグッと高くなるのです。

フラット35の具体的なメリッ・デメリットについては、住宅ローンをフラット35に借り換えるメリットとデメリットにて解説しています。

フラット35のおすすめ金融機関

金融機関 固定金利(10年) 手数料
auじぶん銀行 0.525% 2.2%
りそな銀行 0.645% 2.2%
ソニー銀行 0.60% 2.2%
イオン銀行 0.62% 2.2%

4つの銀行が提供している「フラット35」について、ここから詳しくご紹介をするので、ぜひ参考にしてみてください。

auじぶん銀行

auじぶん銀行の特徴

  • 金利が安い
  • すべての病気、けがをカバーする充実の保障
  • 他のauサービスと連携することでより安くなる

au自分銀行は全疾病で入院期間が180日以上継続した場合、住宅ローンの支払い残高が0になることが特徴です。また、がんと診断されただけで住宅ローン残高は半分になるという充実の保障つき。

金利が0.525%に設定されており、他の金融機関と比較しても低いことがわかるかと思います。

auじぶん銀行の公式サイトはこちら

りそな銀行

りそな銀行の特徴

  • 相談対応がすぐれている
  • 災害時は住宅ローンの最大50%が免除
  • 火災保険に入っていれば住宅ローンの最大20%が免除

りそな銀行は被災した際の補償の充実度に強みがあることが特徴です。また、顧客対応も高い満足度を得ていることが特徴でしょう。Web対応もできますが、店舗でじっくりと細かく相談してみることをおすすめします。

害時は住宅ローンが最大50%免除されますが、これはハザードマップで被災想定区域に指定されている物件でも適応されます。

最大20%割引になる火災保険も見逃せません。

りそな銀行公式サイトはこちら

ソニー銀行

ソニー銀行の特徴

  • 専任アドバイザーによる安心のサポート
  • オリコン顧客満足度は10年連続で1位
  • 対面・オンライン相談
  • 土日・祝日も営業しており、対応可能

ソニー銀行はオリコン顧客満足度で10年連続1位を獲得するほど、顧客対応に力を入れていることが特徴です。

対面でもオンラインでも、万全の顧客対応をしています。返済計画など、細かな調節を担当の方と進めていくと良いでしょう。

ソニー銀行公式サイトはこちら

イオン銀行

イオン銀行の特徴

  • がんと診断されたら住宅ローン残高が0円になる
  • オンライン相談可能
  • イオングループでの買い物がお得に
  • イオン銀行店舗にて365日年中無休で相談可能

イオン銀行は、がんと診断された際には住宅ローンが0になるという心強い保障が特徴です。

また住宅ローンを契約すると、イオングループでの買い物が実店舗でもオンラインショップでも毎日5%オフになるというメリットがあります。イオン銀行店舗で、年中無休で対応してくれることも大きなメリットと言えるでしょう。

イオン銀行公式サイトはこちら

-住宅ローン
-,

© 2021 マネーの学校