カードローン

【最新版】審査が甘いと言われるカードローン3選!カードローン審査項目や注意点について徹底解説

審査が甘いカードローン

カードローンの利用を検討していても、審査に落ちるのではと思うと怖くて申し込めないという人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、審査が甘いと言われるカードローン3選からカードローン審査項目・注意点について具体的に紹介していきます。

これからカードローンを利用しようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ほぼ審査なしで取得できるクレジットカードをお探しの方はこちらの記事も併せてご覧ください!

審査が甘いと言われるカードローン3選

  1. アイフル|初めてなら最大30日間無利息
  2. 三菱UFJ銀行カードローン|簡単に申込み可能
  3. SMBCモビット|WEB上で10秒で融資可能か判断できる

カードローンとは

カードローンとは

そもそもカードローンとは、クレジットカード会社・消費者金融などの貸金業者や、銀行・信用金庫などの金融機関がカード発行しているローンのことです。

基本的にはコンビニATMや銀行などでお金を引き出したりすることができるため、今すぐお金が必要な方に向いています。

具体的なカードローンの特徴については、下記3つが挙げられます。

  • 利用目的は問わない
  • 保証人・担保などで借入することができる
  • いつでも借入と返済ができる

それぞれの特徴について紹介していきますので、初めてカードローンを利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。

利用目的は問わない

住宅ローンや自動車ローンなどは利用目的が限定されているため、他の目的で利用することができません。

カードローンについては、基本的に借入する際には、利用目的は問わずに自由に使うことができます。

また、利用限度額を超えなければ何度でも借入することができるため、出費が重なった場合でも利用することが可能です。

注意点として、カードローンは金利が高めに設定されているため、カードローンを利用する前に、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

保証人・担保なしで借入することができる

カードローンは、保証人・担保なしで借入・返済をすることができる個人向けの融資のことです。

保証人手続きが必要ないため、融資までがスムーズで、家族や友人にバレるリスクも減らすことができるというメリットがあります。

個人の信用のみでお金を借りることができるので、返済能力が低いと判断された場合については、保証人を要求される可能性もあります。

また、過去に延滞履歴などがある方についても、返済能力が低いと判断されやすいので注意が必要です。

いつでも借入と返済ができる

契約時に予め設定した利用限度額の範囲内であれば、基本的にはいつでも借入をすることが可能です。

さらに、返済方法についても、一度に全額返済することや自分の好きなタイミングで少しずつ返済をすることも選ぶことができます。

また、提携しているATMであれば、借入や返済をすることができるので、利用しやすいメリットもあります。

審査が甘いと言われるカードローン3選

審査が甘いカードローン3選

審査が甘いと言われるカードローンをあらかじめ理解しておくことで、急遽お金が必要になった場合でも資金調達をすることが可能です。

具体的に審査が甘いと言われるカードローンについては、下記3つが挙げられます。

  • アイフル
  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • SMBCモビット

それぞれのカードローンについて、特徴などを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしみてください。

アイフル

初めての方なら最大30日間利息が0円で利用できるアイフルのカードローン。

具体的な特徴としては、下記3つが挙げられます。

  • WEB申し込みで最短25分で融資
  • 24時間365日即時振り込み
  • WEBで融資可能か診断できる

アイフルは主にカードローンを主軸としたサービスを取り扱う金融会社です。どの時代、どんなときでさえお金に困るという機会は誰しもあるはず。

そんな時に保証人、担保なしで借り入れが行えるのがアイフルの特徴です。

金融会社などは他にも「住宅ローン」「自動車ローン」などがあり、実は一般的にも実質借り入れという行為自体は身近なものです。しかし、○○ローンのように利用目的が決まっているものが多いです。

しかし、アイフルの場合利用目的が制限されず、借り入れたお金は自由に利用することが可能です。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンは、審査が早くて初めてカードローンを利用する方でも簡単に申込みすることができるカードローンです。

三菱UFJカードローン「バンクイック」のサービスには、急な出費に対応することができ、限度額も他のカードローンに比べてゆとりがあります。

「バンクイック」の審査基準については、公式には発表されていませんが、参考として下記が挙げられます。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に移住する方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 原則として安定収入がある方
  • 外国人であれば永住許可を受けている方

上記以外にも細かな審査基準がありますが、最低基準をクリアすることができれば、審査通過することができます。

また、原則として安定収入がある方については、不動産からの家賃収入なども安定収入として認められることがありますが、念の為確認しておくことをおすすめします。

SMBCモビット

WEB上で10秒で融資可能か分かるので、審査を待つ必要がないSMBCモビットのカードローン。

具体的なSMBCモビットの特徴としては、下記が挙げられます。

  • Tポイントが使える・貯まる
  • 即日融資可能
  • 全国のセブン銀行ATMで借入・返済可能

一定の条件を満たせば、アイフルと同様に書類の提出のみで在籍確認ができます。Web完結手続きを利用し指定の口座へ送金することが条件です。指定口座は三井住友か三菱UFJ、みずほ、ゆうちょ銀行のいずれか。必要書類も「健康保険証」なので、ご自身ですぐに提出可能です。

また、Tポイントをお持ちであればポイントが貯まります。ポイント付与の対象は、返済額のうち利息部分に対してです。

誰にも知られずにお金を借りたい方や、Tポイントをお得に貯めたい方はぜひご検討されて下さい。

カードローンの審査項目

カードローン審査項目

カードローンの審査項目をあらかじめ理解しておくことで、審査通過がしやすくすることが可能です。

具体的なカードローンの審査項目については、下記4つが挙げられます。

  • 借入状況
  • 職業
  • 信用情報
  • 住まいに関する情報

それぞれの項目について、特徴を踏まえて紹介していきますので、これからカードローンを利用しようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

借入状況

借入状況はカードローンの審査項目の中でも重要になります。

信用情報機関に照会することで、いくらの借入をしているのか簡単に調べることができるため、複数のカードローンで借入をしている場合でも、金額を把握することが可能です。

借入状況が審査項目で重視される理由としては、賃金業法に定められた規制の「総量規制」に抵触しないかどうか、確認を行います。

総量規制とは、年収の3分の1を超える貸し付けをしてはならないとされている規制のことです。

このように、総量規制に抵触しているほどに借入がある場合は、審査には通りづらい可能性があるので、あらかじめ注意が必要です。

職業

職業については、返済能力を決める要素として重要視されています。

基本的には正社員や公務員といった勤務形態は安定した収入があると判断されるので、審査において有利に働くことができます。

具体的な職業の審査項目については、下記2つが挙げられます。

  • 年収
  • 勤続年数

それぞれの項目について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

年収

年収は返済能力の有無を判断される際に、必ず確認をされる項目です。

年収が高いほうが審査に有利に働くことができますが、収入の安定性 も審査項目として重視されています。

例として、給与が完全歩合制の場合は、その年によって年収が大きく変わってくるため、審査項目としては低い評価になってしまう可能性があります。

年収が高いから必ず審査は通過するとは限らないので、あらかじめ注意が必要です。

勤続年数

勤続年数については、1つの勤務先で長く勤めていればカードローンの審査には有利に働くことができます。

勤続年数が長ければ、今後も同じ職場で働き続けることができ、安定した収入を得ることができると判断されるからです。

カードローンを申し込む際に、勤続年数が分かる資料が必要になるので、事前に準備をしておきましょう。

また、カードローンの申込みをする際に、間違った勤務年数を記入してしまうと、審査に悪影響が出てしまう可能性があるので注意が必要です。

信用情報

信用情報とは、ローンやクレジットなどの契約や申込みに関する情報のことで、契約内容や支払状況、残高などが記載されている情報のことです。

現在借入がない場合でも、過去に借入をしている場合でもある程度の期間は信用情報として残るため、過去に滞納などがあれば審査に悪影響が出てしまう可能性があります。

また、自分の信用情報を確認したい場合は、情報開示を行うことで見ることができます。

具体的な情報開示する方法については、下記3つが挙げられます。

  • インターネット開示
  • 郵送で開示
  • 窓口で開示

上記のように、自身に合った方法で情報開示をすることをおすすめします。

住まいに関する情報

住まいに関する情報についても、カードローンの審査項目として重要視されています。

具体的に住まいに関する情報については、下記2つが挙げられます。

  • 住まいの種類
  • 住宅ローン

住まいの種類については、賃貸住宅よりも所有する住宅に住んでいる方が返済能力が高いと判断されます。

賃貸住宅だと必ず毎月の支払いが発生するため、将来的にも払い続けなければならないからです。

住宅ローンについては、ローン残高が残っている金額によってはマイナスの評価になる可能性があります。

また、居住年数も審査の対象になり、同じ場所で暮らしていると生活が安定していると見なされて、審査においては有利になります。

カードローンを利用する際の注意点

カードローンを利用する際の注意点

カードローンを利用する際には、注意点を理解しておくことをおすすめします。

先ほども紹介しましたが、カードローンには数多くのメリットがありますが、メリットばかりに目を奪われるのではなくて、注意点を理解しないままカードローンを利用してしまうと、損をしてしまう可能性があります。

具体的なカードローンを利用する際の注意点については、下記2つが挙げられます。

  • 信用情報に影響が出る可能性がある
  • 他のローンに比べて金利が高い傾向

それぞれの注意点について紹介していきますので、これから初めてカードローンを利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。

信用情報に影響が出る可能性がある

カードローンを利用すると、他のローンの審査に悪影響を及ぼす可能性があります。

複数の消費者金融のカードローンを利用していると「常にお金に困っている」と判断されてしまうので、他のローンの審査の際には信用情報に影響が出てしまう可能性があります。

また、近々新しい自動車や家の購入を考えている方は、なるべくカードローンを利用しないことをおすすめします。

このように、カードローンは取引履歴として信用情報に記録されてしまうので、カードローンは計画的に利用することが大切になります。

他のローンに比べて金利が高い傾向

カードローンの金利は自動車ローンや住宅ローンなどと比べて金利が高い傾向なので、あらかじめ注意が必要です。

金利が高い理由としては、貸し手側からみて元本の保証がないことが挙げられます。

金利が高いと、返済する際に利息も増えてしまうので、なんでもカードローンを利用するのではなくて、目的別のローンを利用することで金利を低くすることができます。

また、金利はカードローンの種類によって異なるので、利用する前には金利を把握しておくことをおすすめします。

審査が甘いカードローンを選んで審査を通過しよう

審査が甘いカードローンを選んで審査を通過しよう

今回は、これからカードローンを利用しようと検討している方に向けて、審査が甘いと言われるカードローン3選からカードローン審査項目・注意点について具体的に紹介しました。

審査が甘いと言われるカードローンについては、「アイフル」「三菱UFJ銀行カードローン」「SMBCモビット」の3つが挙げられます。

また、カードローンの審査項目については、借入状況・職業・信用情報・住まいに関する情報の4つが挙げられます。

これからカードローンを利用することを検討している方は、ぜひ今回紹介した審査が甘いカードローンを利用してみましょう。

審査が甘いカードローン3選

  1. アイフル|初めてなら最大30日間無利息
  2. 三菱UFJ銀行カードローン|簡単に申込み可能
  3. SMBCモビット|WEB上で10秒で融資可能か判断できる

-カードローン
-, , , , , ,

© 2021 マネーの学校