ビジネスローン

【おすすめビジネスローン10選】ビジネスローンの選び方とは?ビジネスローンを有効活用する方法を事例と共に紹介

ビジネスローンおすすめ

事業を運営するにおいてまず重視されるのがお金の力。

事業を進めるにおいては設備や従業員、電気やネット環境などの環境が必要、それらの環境を整えることについては、すべてお金がかかります。

事業を進めるためのお金をいかに調達するかが、事業を継続させる絶対条件となるのです。

この記事では、事業を継続させるための資金調達に役立つビジネスローンについて紹介します。

資金調達は何故必要か?ビジネスローンとはどういうものか?おすすめのビジネスローンは何か?といった疑問に回答いたします。

ビジネスローンの選び方を把握しておき、適切な資金調達に努めていきましょう。ビジネスローンを有効活用して適切な資金調達を行い、事業を成長させてくださいね。

なお、ビジネスローンの選び方については別記事で詳しくご紹介していますのでぜひそちらもご一読ください!

おすすめビジネスローンランキング

    1. PayPay銀行ビジネスローン|低金利のビジネスローン!
    2. アイフルビジネスファイナンス|事業の頼れるパートナー!
    3. プロミス 自営者カードローン|プライベート資金にも!
    4. アコム ビジネスサポートカードローン|初めてでも安心!
    5. オリックス・クレジット VIPローンカードビジネス|インターネット利用可能!
    6. MRF|プロの課題解決力
    7. 三菱UFJ銀行「Biz LENDING」|AI活用した審査システム
    8. 東京スター銀行 スタービジネスカードローン|スピード融資!
    9. セゾンファンデックス|不動産担保で有利な条件で借りる!
    10. 楽天カードスーパービジネスローン|楽天グループの便利なビジネスローン!

また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

目次

ビジネスローンで資金調達!

ビジネスローンおすすめ

ビジネスにおける資金調達に便利なビジネスローン!

取引先へすぐにお金を払わないといけないとき、従業員に給料を払わないといけないとき、借りたい時にお金を借りられる便利なサービスです。

ビジネスローンとはどういうサービスなのか?困った時に便利なビジネスローンの仕組みについて紹介します。

ビジネスローンの定義

ビジネスローンとは、事業資金の用途に限った金融商品のこと。

銀行融資と比べると短期間で借りやすいこと、カードローンと比べると事業用であるため多額のお金を借りられることがメリットとして挙げられます。

借りやすい!

ビジネスローンの良いところは、何と言っても借りやすいこと。

通常、銀行融資でお金を調達しようとすると、2週間~1ヶ月ほどの期間を要します。

ビジネスローンは最短即日、長くても1週間ほどでお金を借りることが出来るため、急に資金が必要という時に重宝するでしょう。

無担保・無保証

ビジネスローンの多くが無担保・無保証で借りることが出来ます。

銀行で融資を受ける際は、担保や保証人が必要なことが多いです。

お金を借りる際に担保や保証人を用意するのは骨が折れるため、無担保・無保証でお金を借りることが出来るビジネスローンは便利にお金が借りることのできる手段でしょう。

銀行融資との違い

ビジネスローンおすすめ

銀行融資と比べると、すぐにお金を借りられるなど借りやすいことが魅力です。

銀行融資では、銀行による大掛かりな審査が必要で、申し込みまでに事業計画書が必要であり、煩雑な手続きを要します。

また申し込みから審査、融資実行までに2週間〜1ヶ月ほどの時間がかかるため、すぐにお金を借りたい!という用途には適していません。

ビジネスローンは銀行融資と比べて、すぐにお金を借りやすいという利便性に優れた資金調達の手法であるといえます。

カードローンとの違い

ビジネスローンとよく似た金融商品にカードローンがあります。

ビジネスローンとカードローンの違いは、お金を借りる用途にあります。

カードローンは個人向けのローンで、用途自由で使い道に制限がありません。一方で、ビジネスローンは事業者向けのローンで、用途が事業用に限られると制限があります。

制限がある一方で、ビジネスローンはカードローンよりも融資の限度額が広めに設定されています。

これは、カードローンが貸金業法の総量規制の対象となるのに対して、ビジネスローンは総量規制の対象とならないこと。

総量規制とは、借金をする人を守るための法律で、年収の3分の1以上の金額を貸してはならないというルールのこと。

ビジネスローンでは、事業に必要なお金であれば、年収の3分の1以上のお金を借りることも出来るのです。

ビジネスローンの用途

ビジネスローンおすすめ

ビジネスローンを借りる際は「事業の用途」に限られます。

事業の用途にも様々あり、大きく分けて「設備投資資金」と「運転資金」に大別されます。

設備投資は、事業の初期段階でまとまって必要なお金、運転資金は事業を継続させるために必要なお金。いずれも事業を運営するにおいて必要なお金です。

設備投資資金

設備投資資金とは、事業の運営に必要な設備を揃えるためのまとまったお金のこと。イニシャルコストともいいます。

設備投資が必要なタイミングは、事業の初期段階です。例えば、工場を経営する際には大掛かりな設備が必要。

将来的に利益を生み出す財産となる設備に対してお金を出すことは、先行投資ともとれ、後から収益を出すことでお金を取り戻すために先にお金を支払うのです。

開業をする段階では、何もない状態から始まります。何もない状態から利益を生み出す際に、時として莫大な設備投資が必要になります。

また、事業が進んでいくと新たな事業に取り組んだり、店舗を拡大するために新しい土地を取得することもあるでしょう。

これらの設備投資は、全て後から収益を発生することを期待して投資を行うのです。収益というリターンを得るために背負うリスクともとれるでしょう。

運転資金

運転資金とは、事業を運転させるための資金のこと。ランニングコストともいいます。

毎月継続的に支払いが発生する取引であり、仕入れ先への支払いや従業員への給与支払いなど、事業を継続させるために必要な費用のことを表すものです。

運転資金を支払い続けることにより、事業者は信用を得ることができます。

逆に、運転資金の支払いが止まってしまうと、事業者としての信頼を失ってしまいます。

仕入れ先へお金を払わない事業者には継続して物を仕入れることは出来ませんし、給料の支払いが止まってしまえば貴重な労働力も失ってしまいます。

運転資金は、継続して事業を行うために貴重な生命線であるともとれるでしょう。

資金調達は何故必要?

ビジネスローンおすすめ

資金調達は何故必要でしょうか?

事業が継続して運営するためにはお金が必要です。

店舗を運営する土地代、従業員への給与支払い、水道光熱費など、事業を続けるにあたって必要なものは全てお金を払って賄います。

絶えず事業に必要なお金を工面することは、事業の体力を繋ぎ止めるためになくてはならないものです。

キャッシュフローの改善

キャッシュフローとは、キャッシュすなわち現金の動きを管理することで事業の状況を管理する経営手法のこと。

キャッシュの動きを管理することで、事業者が継続的に事業を続けることが可能です。

売上収入や借入金などによってキャッシュが流入することをキャッシュインといいます。

一方で、仕入支出や従業員への給与支払い、借入金の返済などでキャッシュが流出することをキャッシュアウトといいます。

キャッシュフローの管理においては、常にキャッシュインの金額がキャッシュアウトを上回るようにしなければなりません。

キャッシュフローを管理するにおいて重要なのが、適切な資金調達。

事業を継続させるためには、キャッシュフローを安定に保つためにビジネスローンなどの手段を用いて資金調達をする必要があるのです。

黒字倒産の回避

黒字倒産とは、事業が利益を出している(黒字)にも関わらず倒産してしまうことです。

例えば、業績が好調で売上が伸びている企業であっても、売掛債権の入金が先であるなどの事由で資金繰りがままならない状態だと、支出が追いつかなくなってしまいます。

仕入れ先への支払いや従業員への給与支払いは、売上に先んじて行われることもあります。

また、借入金の返済などが滞ってしまうと、新たな借り入れが出来なくなってしまいます。

このように、業績が好調でも資金調達出来ないと支払うべきお金が足りなくなり、企業としての信頼が失墜、最悪倒産という状態になってしまうのです。

政府の統計によると、倒産する企業の何割かが黒字状態であったとされています。黒字倒産を避けるためにも、計画的な資金調達を行いましょう。

固定資産と減価償却

固定資産とは、1年以上にわたって資産の効果を出すことのできる会計上の考え方です。

例えば、工場設備などは1年以上にわたってサービスを生み続けるものであるため、固定資産に分類されます。

固定資産の例としては、他にも建物やパソコンなど。

ちなみに、固定資産を費用計算する際は減価償却という手法で一定期間にわたって費用計上を行います。

通常の資産(固定資産以外の資産のことを流動資産といいます)のように、取得原価を一括費用計上せず、使用する年度にわたって費用計上します。

例えば、パソコンなどは税法上4年間が償却期間とされ、40万円のパソコンを買った場合は1年に10万円ずつ、4年間にわたって費用計上するのが一般的です。

お金は一括して支払うけれども、費用計上は按分して行うという例です。

減価償却は、会計上の「期間損益計算」の考え方に基づいており、一定期間利益を生み出す資産であることから、利益に応じて費用計上をしよう、という考えのもと期間に按分して計上されます。

資金調達をする際に重要な考え方となるので、設備投資のために借り入れを行う際などは留意しましょう。

個人事業主か法人か

ビジネスローンおすすめ

これから事業を始めようとする人には、法人成りを考えている人もいるでしょう。

個人事業主と法人の事業主には、実態としてはそんなに大きな違いはありません。

事業者であるという点では共通していますが、法的な手続きから見ると両者には様々な違いがあります。特に、お金を借りる時には個人事業主と法人は手続き上注意することがあります。

法人がビジネスローンを活用する

法人がビジネスローンを活用する際はどのような点に注意すればいいでしょうか。

法人は法的に登録の手続きが必要であり、登録の過程から情報が開示されることも多く、社会的な責任も大きい存在です。

法人とはどういうものか、個人事業主が法人成りするメリット、デメリットを見ていきましょう。

法人とは

法人とは、法律上で人として認められる人格のこと。

法人の代表的な形態が株式会社です。株式会社とは、株式を経営権に見立てて資金調達を行う会社のシステムのこと。

株式会社以外にも、合同会社・合資会社・合名会社という区分があります。

それぞれ、事業規模や資金調達をする際に大きく役割が異なります。

会社の形態

  • 株式会社:株式により資金調達が出来る会社形態
  • 合同会社:有限責任社員で構成される会社形態
  • 合資会社:無限責任社員で構成される会社形態
  • 合名会社:無限責任社員と有限責任社員で構成される会社形態

法人成りのメリット

個人事業主などが法人へと移行手続きすることを法人成りといいます。

法人成りすることで、事業者としての信頼が高まるでしょう。法的に登録の手続きをしていることもあり、個人事業主よりも法人の方が社会的信用が高い傾向にあるのです。

法人向けに優遇するビジネスローンもあり、個人事業主も多めに融資を受けられることもあります。

また、法人成りすることで税務面で優遇を受けることが出来ます。

個人事業主がある程度の規模になった場合、節税面を考慮して法人成りするというケースも多いです。

法人成りのデメリット

法人成りのデメリットとしては、登録に費用がかかること。

税務署などの役所に届ける必要がある他、定款を作成して認可を受けることの手数料などが必要です。

また、社会保険への加入が義務付けられることにも注意しましょう。

個人事業主がビジネスローンを利用する

ビジネスローンおすすめ

法人を設立しなくても、個人事業主という立場で働く方も多いです。

フリーランスという働き方も増えてきており、時間や場所に捉われない働き方をすることが出来ます。

自由な働き方が出来る一方で、事業者としての責任も大きいです。

事業資金が必要な場合には、中小企業と同様に自分で資金調達する必要があります。

開業届けを提出する

個人事業主は事業を開始した時に開業届けを提出しなければなりません。

提出先は税務署。税務署に開業届けを提出することで、個人事業主として認められるのです。

開業届けを提出することにより、青色申告の特別控除を受けられるなどのメリットがあります。

フリーランスとは

フリーランス(freelance)とは、特定の企業に属さずに活動する個人事業主のこと。

企業と個人間、あるいは個人と個人間で発注を交わすことで契約が成立します。

フリーランスの代表的な例としては、ITエンジニアやデザイナー、カメラマンなどが挙げられます。

フリーランスは自分の裁量で働くことが出来るため、注目されている働き方です。

その一方で、契約の責任なども負う必要があるため、契約トラブルに巻き込まれないように入念な確認をしましょう。

個人事業主がお金を借りるには?

個人事業主がお金を借りるためには、ビジネスローン以外にも手段があります。

個人事業主の資金調達に便利なのがクレジットカード。

クレジットカードの作り方については、以下の記事で解説していますので合わせてご覧ください!

【2021年最新】個人事業主がクレジットカードの審査を通す3つのポイント|おすすめカード5選

開業資金の準備

ビジネスローン

個人事業主も企業と同様に開業に必要な資金は自ら準備しなくてはなりません。

店舗を構える場合には建物の取得料、あるいは賃貸料を調達する必要があります。

また、ITエンジニアやカメラマンなども事業に必要な機材などは自ら準備しなくてはなりません。

開業資金の調達にはビジネスローンが便利。

創業時には優遇してお金を借りることが出来るため、事業の初期段階には積極的にお金を借りることを検討してみましょう。

個人事業主の信用力

個人事業主は中小企業に比べると信用力が低い傾向があります。

しかし、事業者であることに変わりはないため、しっかりとした事業計画を立てればお金を借りることが出来ます。

カードローンでお金を借りること以上に、ビジネスローンでお金を借りることが効果的。

ビジネスローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1以上のお金を借りることが可能です。

個人事業主は、私費と事業費が混合されてしまうことも多いですが、しっかりとお金を管理することで有効にお金を活用することが出来るでしょう。

3種類のビジネスローン

ビジネスローンおすすめ

ビジネスローンは提供している金融機関に応じて3種類の分類がされます。

それぞれ「消費者金融系」「銀行系」「信販系」という区分。

一般的に、消費者金融系ビジネスローンは借りやすいが高金利、銀行系ビジネスローンは借り入れに時間がかかるが低金利、信販系はその中間という特性があります。

それぞれのビジネスローンの特徴について、詳しく見ていきましょう。

消費者金融系ビジネスローン

消費者金融系ビジネスローンの特徴は、借りやすいこと。

即日融資可能ということも珍しくなく、必要なときにお金を借り入れることができる便利なサービスです。

銀行系ビジネスローン

銀行系ビジネスローンは銀行が発行するビジネスローン。

都市銀行だけでなく、地方銀行など様々な銀行がビジネスローンを発行しています。銀行系ビジネスローンは審査が厳格である一方で、低金利で利用できる点が魅力です。

信販系ビジネスローン

信販系ビジネスローンは信販系、すなわちクレジットカード会社が発行するビジネスローン。

信販会社はクレジットカード以外にも多くの金融サービスを展開していることが多く、ビジネスローンに限らず多角的なサービスを受けることができます。

例えば、独自のポイントが溜まりやすくなるなどのメリットがあるなど、単にお金を借りる以外にも様々な活用方法が出来るサービスです。

ビジネスローンの選び方

ビジネスローンおすすめ

ビジネスローンを選ぶときはどのような点に注意すればいいでしょうか?

ポイントは「借りやすさ」と「金利」。

これら2つはトレードオフの関係、すなわち借りやすいほど金利が高くなり、借り入れに時間がかかるほど金利が低くなる傾向があります。

金利は金融機関に対してお金を貸してくれることに払う手数料のようなもの。

金利は気にしないから今すぐにお金が欲しいとき、借り入れに時間がかかってもいいから低金利でお金がほしいときなど、状況に応じてサービスを使い分けることも考えておきましょう。

借りやすさ

ビジネスローンを利用するときに重視したいのが、借りやすさ。

ここでいう借りやすさとは、欲しいときにすぐお金を借りられることを指します。

申し込みからビジネスローンでの借り入れが実行するまでの時間が短いほど、借りやすいビジネスローンであるといえるでしょう。

また、来店不要でWeb申し込みのみで利用可能というサービスも多く、インターネットを活用した利便性もビジネスローンを選ぶ際のポイントになります。

来店不要

借りやすさでビジネスローンを選ぶときに注目したいのが来店不要・Web完結で申し込みを出来る商品。

お金を借りる際には、窓口で面倒な手続きが必要になることも多いです。

Web申し込み完結、来店不要のサービスであれば、全国どこからでもパソコンやスマートフォンがあれば借り入れの申し込みをすることが出来ます。

忙しい事業者には、窓口に行く暇も惜しいというケースも多いでしょう。

来店不要のサービスを利用することにより、場所や時間を選ばずにお金を借りることが出来ます。

即日融資

ビジネスローンの中には即日融資可能という商品もあります。

特に、消費者金融系のビジネスローンでは即日融資を売りにしているサービスが多く、欲しい時に迅速にお金を借りることが出来ます。

通常、資金調達は長期的な目線で資金を管理する必要がありますが、「今すぐにお金を払わなければいけない!」ということも往々にしてあるでしょう。

そんな時、即日融資が利用出来るサービスを活用出来れば事業にとって便利にはたらきます。

なお、「即日審査」は即日融資とは異なるものなので注意が必要です。

「即日融資」は、その日のうちに審査から融資までを行うことです。「即日審査」は「その日のうちに審査までをします」という意味で、審査結果はすぐに出ても、その日中に融資が行われるとは限らないのです。

同じ「即日」という文字が使われていることから、両者を混同してしまいがちですが、全く違う意味なので注意しましょう。

引用元:WAVY COLUMN

金利の比較

ビジネスローンおすすめ

ビジネスローンを選ぶときに注意したいのが金利。

金利が高ければ高いほど、お金を借りる際に費用負担が多くなります。

金利は借りた期間に応じて計算されるので、長期間借りることになれば、それだけ金利負担も大きくなるものです。

金利とは

金利とはお金を借りる際に金融機関へ支払う手数料のようなもの。

通常、ビジネスローンのような金融商品で取り扱う金利は年利で計算されます。

例えば、10万円を借りる場合に年利18.0%の条件で1ヶ月間借り入れを行う場合、1ヶ月あたり1.5%(=18.0÷12)の金利がかかります。実際の金利でいうと、1,500円(10万円×1.5%)の手数料が発生。

このように、金利は高ければたかいほど費用負担が大きくなるものです。

お金を借りる際に費用負担を減らしたい場合は、金利の低いビジネスローンを選ぶといいでしょう。

一般的にビジネスローンの金利は、以下の順に低いといわれています。

金利の低さで順位をつけるなら、メガバンク、地方銀行、信販会社、消費者金融の順になります。

低金利のメガバンクの審査に通らなかった場合は地方銀行を当たる、というように順番に相談すると良いでしょう。

引用元:WAVY COLUMN

ビジネスローンには審査が必要!審査に通るコツとは?

ビジネスローンおすすめ

ビジネスローンの審査に通りづらい人の4つの特徴

  • 経営が赤字続き
  • 事業に将来性が感じられない
  • 融資の返済を延滞したことがある
  • 他の金融機関からの借り入れが多い

引用元:ビジネスローン 即日

ビジネスローンを借りる場合は所定の審査が必要。

法律によって審査を受けることが義務付けられており、審査を受けずにお金を借りる事はできません。

ビジネスローンの利用を申し込むと、審査が行われます。

審査の可否によってお金を借りる事が出来るかどうかが決まるため、お金を借りたい人にとって審査は重要なポイントです。

審査を受ける際には、どのようなポイントに気をつければいいでしょうか。

審査に通るコツ

審査に通るためにはどのような点に注意すればいいでしょうか。

具体的な改善ポイントを以下に列挙するので、審査を受ける際の改善に役立ててください。

財務力の改善

審査に通るためには、財務力の改善が有効。

金融機関はお金を貸す時に「お金を返済する能力があるか?」ということをチェックします。

財務力が高ければ、お金を返す力のある事業者であると判断されて、ビジネスローンの審査が通りやすくなります。

財務力を改善するには、株式会社などの場合は資本金を増強するなどの効果が有効的。

資本金を増やすことで、信用力の高い企業であると見られるでしょう。

事業計画の見直し

ビジネスローンおすすめ

ビジネスローンの審査に気をつけたいのが、事業計画。

事業計画とは、事業をどのように成長させるか、どのように資金繰りをしていくかという計画を立てるもの。

ビジネスローンの場合には必ずしも事業計画書の提出は求められませんが、借りたお金をどのように使っていくかどうかは正確に把握しておく必要があります。

事業計画を見直すことによって、借りるべきお金の額を見直すことも出来ます。

お金を借りすぎると、それだけ金利負担が嵩んでしまいます。事業計画を見直すことによって、「お金を借りすぎない」という選択を取ることもできるでしょう。

信用情報をチェック

お金を借りる際は、指定の信用情報機関に登録されている信用情報を確認されます。

信用情報とは、過去に金融トラブルを起こしているか、金融機関からの借り入れ状況が登録されています。

お金を借りる際に、不安であれば信用情報をチェックしましょう。

信用情報機関が管理。各信用情報に資料を請求することで、ご自身の信用情報が分かります。

国が指定した「指定信用情報機関」と呼ばれる組織が個人の信用情報などを管理しています。

それぞれの指定信用情報機関に個人の信用情報の開示を請求すれば、各個人の信用情報を閲覧することが出来ます。

ご自身の信用情報を知りたいという方は、ビジネスローンなどの申し込みの際にご利用してみてはいかがでしょうか。

主な指定信用情報機関

株式会社日本信用情報機構(JICC):幅広い業種の信用情報を管理

https://www.jicc.co.jp/

株式会社CIC:信販系を始めとする信用情報の取引を管理

https://www.cic.co.jp/

一般社団法人全国銀行協会の個人信用情報センター:銀行協会が運営する信用情報機関

https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

スコアリングシステム

スコアリングシステムとは、金融機関が審査を行うにあたって活用しているシステムのこと。

個人や事業者の信用情報を中立的な観点から数値化し、ビジネスローンの利用者の信用度合いを点数化(スコアリング)します。

スコアリングシステムを活用することで、審査の手順が大幅に簡略化されるので、多くの金融機関がスコアリングシステムを採用。

スコアリングシステムで良いスコアを出すようになるためには、多数の金融機関から借りすぎないこと、クレジットカードなどの支払いを滞納しないことなどが重要です。

多数の金融機関から借りすぎない

信用情報を高めるためには、多数の金融機関から借りすぎないことが重要。

融資やビジネスローンの借り入れ状況は信用情報として記録に残ります。

あまり多くの金融機関から借りすぎると、資金繰り計画の無い人ではないのかと見なされてしまう恐れがあり、信用情報が落ちてしまうかもしれません。

また、借入先が増えてしまうと返済の管理が大変になってしまいます。

複数の金融機関からお金を借りているという場合は、借り換えローンのご利用も検討してみてください。

借入先を絞ることで、返済の管理が楽になり、金利の負担も軽くなるというメリットがあります。

借り換え専用ローンの記事については、以下の記事にて詳細をまとめていますので、合わせてご覧ください。

【2021年最新版】借り換え専用ローンのメリットデメリット|審査ポイント~おすすめカードまで

借入金の返済やクレジットカードの支払いを滞納しない

金融事故を引き起こすと、信用情報を大きく損なう要因となってしまいます。

借入金の返済を滞ったり、クレジットカードの支払いを滞納することは金融事故に繋がります。

一度金融事故を引き起こしてしまうと信用情報に一定期間記録が残ってしまうので、新しくビジネスローンなどでお金を借りることが難しくなってしまうでしょう。

計画的な資金繰りをして、金融事故を起こさないように気を付けましょう。

審査が甘いといわれるビジネスローンの特徴は?

  • 中小消費者金融である
  • 上限金利が高い
  • 事業者専門の金融機関である
  • 事業融資型のビジネスローンである
  • 有担保ローンである

引用元:ビジネスローン

個人事業主向けにおすすめのビジネスローン5選!

ビジネスローンを選ぶポイントについて解説していきました。

個人事業主におすすめのビジネスローンについて紹介していきます。

PayPay銀行ビジネスローン

PayPay銀行

出典元:https://www.japannetbank.co.jp/business/loan/soleproprietor/index.html

PayPay銀行はコチラ

PayPay銀行ビジネスローンは低金利が魅力。

ソフトバンクとヤフーの合弁会社である「PayPayグループ」の一員であるPayPay銀行が運営するビジネスローン。

2021年4月までは「ジャパンネット銀行」という名称で運営しており、2021年4月からはPayPay銀行が運営しています。

金利2.8%~13.8%
利用限度額500万円
融資スピード約1週間
保証人・担保原則不要

低金利で借りられるビジネスローン!

最低金利2.8%から利用可能と、ビジネスローンの中でも特に低い金利で借りることができます。

PayPay銀行のビジネスローンは、銀行のビジネスローンの中でも特に低水準。便利にお金を借りることが出来るビジネスローンです。

申し込みやすい

PayPay銀行は来店不要ですぐに借り入れ可能!

さらに、無担保・無保証とお金を借りるのに必要な準備を省略することが出来ます。

返しやすい!

PayPay銀行のビジネスローンは返済も楽々。

多角的な金融サービスを提供しているPayPay銀行のサービスだからこそ出来る便利なサービスを利用できます。

返済方法は、指定の口座に返済予定の金額を入れておくだけ。あらかじめ決められた金額が自動的に口座から引き落とされます。

PayPay銀行の口座がなくても借り入れが出来るので、安心して利用できるでしょう。

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスローン

出典元:https://www.aiful-bf.co.jp/lp/business-loan.html

アイフルビジネスファイナンスはコチラ

アイフルビジネスファイナンスはアイフルグループのビジネスローン。

消費者金融系ならでの借りやすい金融サービスが魅力です。

2020年7月よりビジネクストから名称を変更してサービスを提供しています。

法人や個人事業主など、事業を営む人の「頼れるパートナー」として資金面から事業を支える存在です。

金利3.1%~18.0%
利用限度額1,000万円
融資スピード最短翌日
保証人・担保原則不要

最短翌日融資

アイフルビジネスファイナンスは最短で翌日融資可能。

「早くお金が欲しい!」という経営者の需要にピッタリと答えることが出来ます。

来店不要なので、忙しくて窓口に行く時間がとれないという事業者の方も安心して利用可能。

無担保・無保証で最大1,000万円で融資が可能です。

全国のATMから引き出せる!

お近くのATMを活用すれば全国のATMから借り入れ金を引き出すことが可能!

アイフル、セブン銀行、東京スター銀行のATMから借り入れが可能。

借り入れ・返済が簡単に行える便利なサービスです。

プロミス 自営者カードローン

プロミス自営者

出典元:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67007

プロミス自営者カードローンはコチラ

プロミス自営者カードローンはプロミスの自営者向けカードローン。

自営者向けのカードローンですが、ビジネス向けの用途だけでなく、プライベートな用途にも活用できます。

金利6.3%~17.8%
利用限度額300万円
融資スピード最短即日
保証人・担保不要

プライベート資金にも利用可能!

プロミス自営者カードローンはプライベートな用途にも利用可能!

自営者は、事業の用途の他にも生活のために資金が必要なことがあります。

通常のビジネスローンの場合、例えば家賃などの支払いにビジネスローンは活用出来ません。

しかし、プロミスの自営者カードローンではプライベートな資金にも活用可能です。

スピード審査!

プロミス自営者カードローンはスピード審査!

最短即日から融資可能です。

今すぐにお金を借りたい!といった場合に便利に借りることが出来ます。

アコム ビジネスサポートカードローン

出典元:https://www.acom.co.jp/lineup/business/

アコムビジネスサポートカードローンはアコムグループのビジネスローン。

「はじめてのアコム」というキャッチフレーズの通り、初めての方も安心して利用できるサービスです。

アコムビジネスサポートカードローンはコチラ

金利12.0%~18.0%
利用限度額300万円
融資スピード最短即日
保証人・担保不要

即日融資可能!

アコムのビジネスサポートカードローンは最短で即日融資可能。

すぐにお金が必要だという場合でも便利に借りることが出来ます。

切り替え利用可能!

既にアコムのカードローンをご利用の方は、ビジネスローンへの切り替え利用も可能です。

ビジネスローンは総量規制の対象外となるため、通常のカードローンよりも多めにお金を借りることが出来ます。

オリックス・クレジット VIPローンカードビジネス

オリックスクレジット

出典元:https://credit.orix.co.jp/loan/vipbusiness/

「オリックス・クレジット VIPローンカードビジネス」はオリックスの子会社「オリックス・クレジット」が運営するビジネスローン。

オリックスグループが運営していますが、「オリックス・クレジット」は消費者金融系なので、即日融資など迅速で借りやすいサービスが魅力です。

詳しくはコチラ

金利6.0%~17.8%
利用限度額500万円
融資スピード最短60分
保証人・担保不要

最短即日融資!

オリックス・クレジットのVIPローンカードビジネスは最短即日融資可能!「即契(そっけい)」で資金調達を迅速にサポート!

面倒な郵送や来店不要で、Web申し込みから利用可能なサービスです。

インターネットなら手数料0円!

インターネットからのご利用なら手数料0円で利用可能。

さらに、銀行やコンビニのATMから利用可能なので、全国どこからでも便利にお金を借り入れすることが出来ます。

中小企業経営者におすすめのビジネスローン5選!

中小企業の経営にもビジネスローンが役立ちます。

中小企業などの法人向けにおすすめのビジネスローン5選を紹介!

MRF

MRF

出典元:https://www.mrf-c.co.jp/

MRFは事業者向けの不動産担保ローン。

スピード融資で、事業者の都合に合わせた様々な融資プランが用意されています。

MRFはコチラ

金利4.0%~15.0%
利用限度額3億円
融資スピード最短即日
保証人・担保担保あり(不動産・債権・有権証券など)

不動産担保ローン

不動産を担保とすることで、お金を借りやすくなります。

担保を設定することにより、信用力が高まるため、有利な条件でお金を借りることが出来るのです。

抵当順位不問

MRFは不動産を担保とするビジネスローンですが、抵当順位は不問です。

複数の金融機関からお金を借りる場合、同一の不動産を担保にするというのは難しいです。

抵当順位を1位としなければ融資出来ない、という金融機関もありますがMRFでは抵当順位不問で融資を受けることが出来ます。

プロの課題解決力

MRFでは融資のプロが事業者の経営課題を解決するべく、様々なプランニングを策定します。

単に融資を行うだけでなく、顧客のニーズに合わせた様々な相談に応じてくれるサービスです。

事業を進めるにおいては、お金がなくては話が始まりません。しかし、借りたお金をどのように活用していくかも重要になるのです。

MRFでは経営のプロが事業者向けに的確なアドバイスを実行します。

数々のノウハウが蓄積されたMRFの営業マンが、ビジネスを成功に導いてくれるでしょう。

スピード融資!

MRFではスピード融資!事業の迅速な資金調達に貢献します。

24時間以内に仮審査が完了、最短で即日融資も可能です。

三菱UFJ銀行「Biz LENDING」

Biz-LENDING

出典元:https://lending.corporate.bk.mufg.jp/

三菱UFJ銀行のBiz LENDINGは中小企業向けのビジネスローン。

最新のITを駆使し、オンライン融資をテーマに様々な便利な融資を利用できます。

Biz LENDINGはコチラ

金利~15.0%
利用限度額1,000万円
融資スピード最短2営業日
保証人・担保不要

オンライン融資

Biz LENDINGはオンライン融資で便利にお金を借りることが出来ます。

面倒な書類の手続きが不要で、オンライン上でいつでも便利な融資を受けることが可能。

本人確認書類の提出もオンラインで済ませることが出来るので、来店不要でサービスの利用が出来ます。

従来のビジネスローンのように面倒な手続きを省略できるので、スムーズに借り入れを受けることが可能です。

AIを活用した審査で最短2営業日で融資

Biz LENDINGではAIを活用した審査を実施。

AIとは、ビッグデータを活用した人工知能のこと。

三菱UFJ銀行が保有している銀行口座の入出金の情報から、利用者の財務状況を把握することが出来ます。

これにより、従来まで手間がかかっていた審査を簡略化。最短2営業日で融資実行が可能です。

通常、銀行系のビジネスローンは融資まで1~2週間かかることが多いので、低金利な銀行のビジネスローンを便利に活用出来ます。

東京スター銀行 スタービジネスカードローン

東京スター銀行

出典元:https://www.tokyostarbank.co.jp/hojin/financing/sbcl.html

東京スター銀行のスタービジネスカードローンは無担保・無保証で利用可能。

最大1,000万円まで、スピード融資で利用可能なビジネスローンです。

東京スター銀行スタービジネスカードローンはコチラ

金利4.5%~14.5%
利用限度額1,000万円
融資スピード最短5日
保証人・担保不要

スター不動産担保ビジネスローン

東京スター銀行の「スター不動産担保ビジネスローン」は不動産を担保とするローン。

決算書だけでなく、不動産を担保とするため、有利な条件で利用可能です。

3億円まで利用可能など、有利な条件で借り入れが出来ます。

開業資金などに重宝するビジネスローンです。

金利3.75%~6.00%
利用限度額3億円
融資スピード約3週間
保証人・担保不動産など

セゾンファンデックス

セゾンファンデックス

出典元:https://www.fundex.co.jp/business/product/f/index.html

セゾンファンデックスは不動産を担保にしたビジネスローン。

不動産を担保とすることで、通常のビジネスローンよりも有利な条件で借り入れが可能になります。

セゾンファンデックスはコチラ

金利6.5%~17.8%
利用限度額500万円
融資スピード約1週間
保証人・担保個人:保証人原則不要
法人:代表者の連帯保証
担保:不動産

独自の審査基準で融資!

セゾンファンデックスは独自の審査基準で融資を実施!

銀行で融資を受けられなかったという方でも、セゾンファンデックスの審査に通ったという事例もあります。

担保余力を重視!

担保余力を重視し、お持ちの資産を存分に活用した融資を受けることが出来ます。

担保余力とは、担保とする不動産が持っている価値のこと。担保余力を高く評価されるほど有利な条件で融資を受けられます。

ご親族の担保も使用可能

融資を受けられる人ではなく、親族の方が持つ不動産を担保にすることが出来ます。

所有者の許諾があれば、担保として融資を受けられます。

楽天カードスーパービジネスローン

楽天ビジネス

出典元:https://www.rakuten-card.co.jp/merchant/bizloan/

楽天カードスーパービジネスローンは楽天カードが発行するビジネスローン。

楽天カードはクレジットカードだけでなく、楽天銀行や楽天Payなど様々な金融サービスを展開。

それぞれの金融サービスと提携した便利なサービスを利用することが出来ます。

楽天スーパービジネスローンはコチラ

金利3.0%~15.0%
利用限度額1,000万円
融資スピード約1週間
保証人・担保不要

ビジネスローンの金利一覧を比較!金利を抑えるにはどうすればいい?

ビジネスローン

おすすめのビジネスローンを見ていきましたが、金利一覧を比較してみましょう。

PayPay銀行ビジネスローン2.8%~13.8%
アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%
プロミス 自営者カードローン6.3%~17.8%
アコム ビジネスサポートカードローン12.0%~18.0%
オリックス・クレジット VIPローンカードビジネス6.0%~17.8%
MRF4.0%~15.0%
三菱UFJ銀行「Biz LENDING」~15.0%
東京スター銀行 スタービジネスカードローン4.5%~14.5%
東京スター銀行 スター不動産担保ビジネスローン3.75%~6.00%
セゾンファンデックス6.5%~17.8%
楽天カードスーパービジネスローン3.0%~15.0%

低金利なら銀行系のビジネスローン!

低金利で借りるなら銀行系のビジネスローン!

銀行系のビジネスローンは審査を厳格にする一方で、有利な条件でお金を借りることが出来ます。

消費者金融系のように最短即日融資ということはありませんが、審査が簡略化して審査までの期間が短くなっています。

お急ぎの用件でない場合は、銀行系のビジネスローンがいいでしょう。

不動産を担保にする

ビジネスローン

ビジネスローンは原則無担保・無保証で利用できるものが多いですが、不動産などを担保にすることで有利な条件で借りることが出来ます。

お手持ちの資産を十分に活用しながらお金を借りることが出来る手段です。

資産を有効活用

担保を設定すると、信用が高まります。

通常、お金を借りる際は貸し倒れリスクを考慮に入れながら融資の条件を設定します。

貸し倒れリスクとは、貸したお金が倒産などの事由で返ってこなくなるリスクのこと。

お金を貸す金融機関側からすると、担保を設定することで、万が一倒産してしまった場合にも担保から債権を回収することが出来ます。

不動産を担保にすることで、有利な条件でお金を借りることが可能。

不動産担保のビジネスローンはお持ちの資産を有効活用する手段といえるでしょう。

抵当権の設定

抵当権とは、金融機関が設定する担保の順位付けのこと。

複数の金融機関が同一の不動産を担保とする場合、抵当権の順位が上の金融機関の方が優先的に担保として利用することが出来ます。

銀行融資の場合は、抵当権が1位でないと借り入れが出来ないというケースもありますが、ビジネスローンの場合には抵当権が1位でなくても借り入れが出来ることが多いです。

ビジネスローンの活用事例

ビジネスローン

事業に便利なビジネスローン。

ビジネスローンは個人事業主、法人に関わらず便利に利用することが出来ます。

事業の用途としては、収益を期待できるための活動のことを指します。

あらゆる事業には費用が必要であり、事業に投資することによって大きな効果を得ることが出来るでしょう。

ビジネスローンを有効活用するには、どのような方法があるでしょうか?ビジネスローンの活用事例を紹介していきます。

①大量発注の費用

商品を販売する際は仕入れコストが多く発生します。

物を販売することによって利益を得るためには、多くの場合先行して仕入先への支払いが発生します。仕入先への支払いには現金が必要です。

A商事では、得意先との商談がまとまってA商品を大量に仕入れて販売することになりました。

しかし、業績が浅いA商事にはまとまった仕入れを出来るだけの現金の余裕がありません。

そこで、活用したのがビジネスローン。ビジネスローンを活用することによって、大量発注に耐えられるだけの現金の余裕が出来るようになりました。

事業計画と収益の見込みを計画することで、取引の成功に必要な現金を大量に調達出来たのです。

ビジネスローンの活用によって無事に取引を完了させたA商事は、商談の成功によって大きな実績を得ることに成功。

後日、売上の入金によってビジネスローンを完済しました。

事業規模を拡大したA商事はますます大きな取引をするべく、事業に勤しんでいます。

②スタートアップの創業費の調達

ビジネスローン

Bさんはデザイナーとして独立するため、開業届を提出して事業をスタートしました。

事業を始めるにあたり、本格的な機材の調達や事務所を借りることに。

しかし、当初用意していた開業準備金では創業にかかる費用が足りそうにありません。

ビジネスローンを活用することによって、創業時にかかるお金を調達することになります。

創業時の事業スキームをしっかりと準備していたBさんは、問題なくビジネスローンの審査に通過し、資金調達に成功しました。

Bさんのデザイナー事業は創業から計画通りに行き、順調です。

創業時に借りたお金も間もなく返済し、創業時の資金調達が成功に導いたことを証明しました。

③従業員への給与支払い

C社は業績好調であるものの、設備投資が嵩んで短期的に資金不足状態になっています。

期末になり、仕入先への支払いを終えた段階で資金がショートすることに気付きます。

事業の拡大に専念しており、資金繰りまで気が回らなかったC社は運転資金が底をつくことに気付かなかったのです。

そのため、C社では従業員への給与のための資金が足りない状態に陥ってしまいました。

C社は従業員への給与支払いのため、ビジネスローンを活用します。

従業員は企業にとって大切な資産であり、モチベーションを削がずに事業を継続させることに成功したC社は益々業績が向上。

従業員への給与も上げることが出来たため、ビジネスローンの活用が事業にとって大きな循環を生んだのです。

④フリーランスの活動費

カメラマンとして活動していたDさんは、海外で大きな案件を獲得して海外へ渡航することになりました。

しかし、売上の入金が先日付であったため、海外に行くための渡航費が不足する状態に。

Dさんはビジネスローンを活用して海外渡航費の調達に成功。

海外での取材を終えたDさんは無事に売上の入金を確認し、借りたビジネスローンの返済に成功しました。

短期的にお金が不足しがちなフリーランスですが、ビジネスローンで迅速にお金を調達したことによって問題なく活動を終えることが出来たのです。

ビジネスローン以外の資金調達手段

ビジネスローン

便利なビジネスローンや、おすすめのビジネスローンについて見ていきました。

資金調達に有効な手段はビジネスローンだけではありません。

ビジネスローンと合わせて、便利な資金調達手段を紹介していきます。

また、以下の記事において資金調達の方法について解説しています。合わせてご覧ください。

資金調達方法を一挙に紹介!メリットやデメリットも詳細に解説します

2種類の資金調達手法

資金調達の手法には大きく分けて「エクイティ・ファイナンス」と「デット・ファイナンス」という2種類があります。

それぞれエクイティ・ファイナンスは自己資本を強化する手法、デット・ファイナンスは借り入れ等によって資金を調達する手法です。

ビジネスローンは融資による資金調達のため、デット・ファイナンスに該当します。

エクイティ・ファイナンス

エクイティ・ファイナンス(Equity Finance)とは、自己資本を増強して資金調達する手法のこと。

エクイティとは、自己資本という意味を持ちます。エクイティ・ファイナンスによって出資した投資家は事業の経営者の一部となります。

エクイティ・ファイナンスの代表的な例は株式発行による資金調達。

株式を発行することによって、投資家は株式会社における経営権の一部を持つことになります。

会社としては、経営権の一部を譲渡する代わりに投資家の資本を注入することが出来るため、スムーズな資金調達が可能です。

負債を伴う資金調達ではないため、返済義務や利子の支払いが伴わない点がメリット。

一方で、投資家に経営決定権の一部を委ねることになるため、経営に関与される場合がある点には注意する必要があります。

デット・ファイナンス

デット・ファイナンス(Debt  Finance)とは、融資などによって事業資金を調達する手法のこと。

デットとは、負債という意味を持ちます。デット・ファイナンスによって出資した金融機関などは企業にとっての債権者となります。

デット・ファイナンスのメリットは、経営権に関与されることがないこと。

ただし、負債を伴う資金調達であるため、当然に返済の義務が生じます。

また、利子の支払いが発生することになるので、計画的な資金繰りが必要とされます。

ファクタリング

ビジネスローン

ファクタリングは売掛債権を担保とする資金調達の手法。

売掛債権とは、掛け取引によって生じる売上を掛け払いとする場合の債権のこと。

通常、現金化までに時間がかかるのが売掛債権ですが、ファクタリングを活用すれば売掛債権を元手に資金調達が可能です。

例えば、現金化までに30日以上かかる債権であっても、ファクタリングを活用すれば迅速に売掛債権を現金化することが出来ます。

銀行融資

銀行融資はビジネスローンよりも低金利でお金を借りられる方法です。

ただし、審査の手続きなどに相当の時間がかかり、融資までの手続きも煩雑であることが多いです。

また、中小企業や個人事業主のように、規模が小さい事業者は信用力が高くないとされて審査が通らないことも多いです。

低金利であるものの、利用するには相応の事業規模が必要です。

ご自身の事業の規模や、資金調達のスピードなどを鑑みて銀行融資でお金を借りるか、ビジネスローンでお金を借りるのか検討してみてください。

日本政策金融公庫からの融資

個人事業主や中小企業など、銀行からお金を中々借りられない、という場合は日本政策金融公庫(日本公庫)の融資を利用できます。

日本公庫では、公益性の高い事業、もしくはスタートアップ期の事業など、民間の金融機関では融資が難しいような案件にも積極的に融資を行います。

地域経済の活性化と中小企業や個人事業主の応援を目的としており、事業者にとって大きな味方となる存在です。

単にお金を借りるだけでなく、事業に対してのアドバイスを行ってくれる場合もあります。

融資という手段だけでなく、補助金や助成金を活用できる場合もありますので、役所の力を活用してみるのもいいでしょう。

日本公庫の支店は全国に展開していますので、経営のことでお困りのことがあれば、一度相談してみてください。

クレジットカード

クレジットカードを利用することでキャッシュフローが改善されます。

クレジットカードの仕組みにおいては、後払いが原則になるため、大掛かりな出費が必要な時はクレジットカードを用いて決済することで、支払い時期を後回しにすることができます。

すなわち、手持ちに現金がなくても、将来的に現金収入の見込みがあれば決済することが可能というわけです。

また、クレジットカードの利用によってお得にポイントやマイルを貯めることが出来るため、事業者であれば何種類か持っておきたいものです。

クレジットカードのおすすめについては、以下の記事で詳細に解説しておりますので、合わせてご覧ください。

【2021年3月版】クレジットカードのおすすめランキング27選| 目的別に人気のクレカを徹底比較
【審査が緩いのはどこ?】おすすめ法人クレジットカード3選と基準

ビジネスローンで事業を成長させよう!

ビジネスローンおすすめ

ビジネスローンでお金を借りる方法について見ていきました。

事業を進めるにおいて、何よりも優先されるのが資金調達。

事業継続はお金があってこそ成立するものです。

ビジネスローンのメリットは借りやすく、迅速な資金調達に有用である点。

ビジネスローンの選び方のポイントとしては、借りやすいか、すぐにお金を借りることが出来るか、金利の低さなどが挙げられます。

すぐにでもお金を借りたい、という方は消費者金融系のビジネスローンが役に立つでしょう。

Web申し込みで来店不要というサービスも多く、借り入れは全国のATMやインターネット上で便利にお金を引き出すことが出来ます。

ビジネスローンを利用するためには、審査を受けなければなりません。審査に通るためには、財務状況を改善すること、事業計画を見直すこと、信用情報を確認することが効果的。

ビジネスローンは事業資金の調達、運転資金の調達、設備投資の調達など、ビジネスのあらゆるシーンに役立つものです。

ビジネスローンを効果的に活用し、ビジネスの発展に役立ててください!

おすすめビジネスローンランキング

    1. PayPay銀行ビジネスローン|低金利のビジネスローン!
    2. アイフルビジネスファイナンス|事業の頼れるパートナー!
    3. プロミス 自営者カードローン|プライベート資金にも!
    4. アコム ビジネスサポートカードローン|初めてでも安心!
    5. オリックス・クレジット VIPローンカードビジネス|インターネット利用可能!
    6. MRF|プロの課題解決力
    7. 三菱UFJ銀行「Biz LENDING」|AI活用した審査システム
    8. 東京スター銀行 スタービジネスカードローン|スピード融資!
    9. セゾンファンデックス|不動産担保で有利な条件で借りる!
    10. 楽天カードスーパービジネスローン|楽天グループの便利なビジネスローン!

-ビジネスローン
-, , ,

© 2021 マネーの学校