ローン

【最新版】銀行のおまとめローンおすすめ7選 | 審査に通るためのポイントや審査落ちした場合の対応も解説

「消費者金融やクレジットカードのリボ払いを一括管理したい」「毎月あちこちに返済するのが面倒」などで悩んでいませんか?そこでおすすめなのが、銀行のおまとめローンです。

ローンを1本化することで管理やがしやすくなるほか、返済忘れも防げるので非常に便利。この記事では、おまとめローンでおすすめの銀行7選をご紹介します。審査が通りやすくなるポイントや落ちたときの対処法なども詳しく解説しますので、おまとめローンを検討している人はぜひ参考にしてください。

今すぐおすすめランキングが見たい方は、下のボタンを押してください。

今すぐ【銀行】おすすめのおまとめローン5選を見る

今すぐ【ネット銀行】おすすめのおまとめローンランキングを見る

当記事でご紹介する銀行のおまとめローンの中で最もおすすめなのが、以下の3つです。3つとも低金利が魅力であり、1本化することで毎月の返済額が軽減できるなど多くのメリットあるので、ぜひ申し込んでみてください。

銀行のおまとめローンおすすめTOP3

  1. 横浜銀行カードローン|審査結果が最短翌日
  2. 東京スター銀行スターワン乗り換えローン|返済専用ローンのため計画的に完済できる
  3. イオン銀行カードローン|年3.8%~の低金利が魅力

銀行のおまとめローンとは

おまとめローン銀行

銀行のおまとめローンとは、数社ある借り入れ先を一本にまとめることができるローンのことです。借り入れ先が数社ある場合、毎月返済するのが面倒のほかに利息もバラバラで管理が大変です。

銀行のおまとめローンで一本化すると、管理が楽で利息も把握しやすいといったメリットがあります。また、下記2点についてもおまとめローンの特徴となるので詳しく解説します。

  • おまとめローンと借り換えローンの違い
  • おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンと借り換えローンの違い

おまとめローンと借り換えローンの違いは、以下の通りです。

  • おまとめローン:複数社からの借り入れを一本化する金融商品
  • 借り換えローン:現状の借り入れ先よりも利息など借り入れ条件が良いローンに切り替える金融商品

住宅ローンやカードローンなどで低金利の商品に切り替える場合に利用するのが「借り換えローン」です。一方で複数の借り入れ先を一本化する場合に利用するのが「おまとめローン」。おまとめローンは多くの銀行で金融商品として用意されており低金利な商品もあるため、一本化した方が返済額が楽になります。

おまとめローンは総量規制の対象外

銀行のおまとめローンは総量規制の対象外のため、借り入れ額が年収の3分の1以上でも可能な点が特徴です。

総量規制の対象となる貸付けは、貸金業者の貸付けです。したがって、貸金業者に該当しない銀行などが行うローンや、信販会社の販売信用(ショッピングクレジット)は総量規制の対象にはなりません。

引用元:日本貸金業協会

消費者金融やカードローンなどの場合は、借り入れ総額が年収の3分の1までと定められています。銀行のおまとめローンで一本化すれば、年収の3分の1以上でも借り入れが可能です。

【銀行】おすすめのおまとめローン5選

おまとめローン銀行

おまとめローンがおすすめの銀行は、以下の5つです。

銀行名金利審査スピード
横浜銀行カードローン1.5%~14.6%最短翌日
東京スター銀行 スターワン乗り換えローン9.8%、12.5%、14.6%最短3日
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%
筑波銀行おまとめフリーローン6.8%~14.6%
楽天銀行  スーパーローン1.9%~14.5%

5つとも低金利なため、一本化することで無駄な利息を払わずに済む可能性があります。それでは、特徴やおすすめポイントなど詳しく解説しますので、銀行のおまとめローンを検討している人はぜひ参考にしてください。

横浜銀行カードローン

引用元:横浜銀行カードローン公式HP

「横浜銀行カードローン」は、最大1,000万円までの借り入れ限度額が魅力のおまとめローンです。クレジットカードのリボ払いや複数社ある借り入れをおまとめすることが可能。契約と同時に融資が可能なため、早ければ最短翌日に借り入れができます。毎月の返済額は借り入れ額で異なりますが、最低2,000円~です。

金利1.5%~14.6%
借り入れ限度額最大1,000万円
審査スピード最短翌日

横浜銀行カードローンは、24時間WEBから申し込みができ契約や借り入れもすべてWEBで完結できるので、忙しくて来店している時間がない人はぜひ申し込んでみてください。

今すぐ横浜銀行カードローンに申し込む

東京スター銀行  スターワン乗り換えローン


引用元:東京スター銀行 スターワン乗り換えローン公式HP

「東京スター銀行スターワン乗り換えローン」は返済専用ローンのため、計画的に借り入れを減らしていきたい人におすすめです。返済専用ローンなので新たな借り入れは不可。借り入れしては返済といった自転車操業的なことができないため、いつまで経っても借金が減らないといった悩みが解決できます。

金利9.8%、12.5%、14.6%
借り入れ限度額最大1,000万円
審査スピード最短3日

東京スター銀行スターワン乗り換えローンは、複数社からの借り入れを計画的に返済していくことが可能なおまとめローンなので、確実に借り入れを減らしていきたい人はぜひ申し込んでみてください。

今すぐ東京スター銀行スターワン乗り換えローンに申し込む

イオン銀行カードローン


引用元:イオン銀行カードローン公式HP

「イオン銀行カードローン」は資金使途が原則自由なため、おまとめローンとしても利用可能です。明確な審査スピードの掲載がありませんが、審査完了後最短5日でローンカードが手元に届きます。イオン銀行の口座をお持ちの人は1回限りですが、審査完了後に振込での借り入れが可能です。

金利3.8%~13.8%
借り入れ限度額最大800万円
審査スピード

イオン銀行カードローンは低金利で借り入れができるので、金利の見直しでおまとめローンを利用したい人はぜひ申し込んでみてください。

今すぐイオン銀行カードローンに申し込む

筑波銀行おまとめフリーローン

引用元:筑波銀行おまとめフリーローン公式HP

「筑波銀行おまとめローン」は、複数の借り入れを一本化するためのおまとめローンです。融資期間は最長10年あり、借り入れ限度額は最大500万円。WEBから簡単に審査の申し込みが可能です。しかし、ローン対象エリアが茨城県メインのため、茨城県以外の人は筑波銀行へ直接問い合わせが必要です。

金利6.8%~14・6%
借り入れ限度額最大500万円
審査スピード

筑波銀行おまとめローンは、複数の借り入れを1本化して金利を安く済ませることができるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ筑波銀行おまとめフリーローンに申し込む

楽天銀行  スーパーローン

引用元:楽天銀行  スーパーローン公式HP

「楽天銀行スーパーローン」はおまとめローンではありませんが、他社からの借り換えもできるので、おまとめローンとしても可能です。スーパーローンに入会して借り入れをすると最大31,000円相当の楽天ポイントが貰えるなど、お得なキャンペーンが魅力。また、1.9%~の低金利な点もおすすめポイントです。

金利1.9%~14.5%
借り入れ限度額最大800万円
審査スピード

楽天銀行スーパーローンは、楽天ポイントが貰えるなどお得に借り入れができるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐ楽天銀行スーパーローンに申し込む

【ネット銀行】おすすめのおまとめローン

おまとめローンネット銀行

おまとめローンがおすすめな5つの銀行をご紹介してきましたが、続いてはネット銀行でおすすめのおまとめローンを2つご紹介します。

銀行名金利審査スピード
auじぶん銀行借り換えコース1.48%~17.5%
住信SBIネット銀行フリーローン3.775%~12.0%数時間~2営業日以内(仮審査)

上記2つのネット銀行は、毎月の返済が1,000円~など魅力的なおまとめローンとなっています。それでは、特徴やおすすめポイントなど詳しく解説します。

auじぶん銀行 借り換えコース

引用元:auじぶん銀行公式HP

「auじぶん銀行借り換えコース」は、1.48%~の低金利が魅力のネット銀行のおまとめローンです。借り入れ残高が10万円以下で金利年9%の場合、毎月の返済額が1,000円~となるため楽に返済できます。また、返済日が35日ごとまたは期日指定返済から選べるため、自分に合った返済が設定できる点もおすすめポイントです。

金利1.48%~17.5%
借り入れ限度額最大800万円
審査スピード

auじぶん銀行借り換えコースは低金利が魅力であり、借り換えすることで金利が安くなる可能性があるので、ぜひ申し込んでみてください。

今すぐauじぶん銀行借り換えコースに申し込む

住信SBIネット銀行フリーローン

引用元:住信SBIネット銀行フリーローン公式HP

「住信SBIネット銀行フリーローン」は、資金使途が自由なのでおまとめローンとしても可能です。住信SBIが定めた所定の条件を満たすことで、基準金利から年-1.0%で借り入れが可能。借り入れ期間が10年まであるので、ゆっくり返済していくことができます

金利3.775%~12.0%
借り入れ限度額最大1,000万円
審査スピード数時間~2営業日(仮審査)

住信SBIネット銀行フリーローンは、数時間~2営業日で仮審査の結果がわかるので、借り入れができるのか早く知りたい人はぜひ申し込んでみてください。

今すぐ住信SBI銀行フリーローンに申し込む

おまとめローンで600万円の借り入れは成功する?

おまとめローン600万成功

複数社から借り入れがあり、借り入れ総額が600万円以上ある場合、おまとめローンでの借り入れが可能なのか心配になる人も多いでしょう。しかし結論から先にお伝えすると、おまとめローンで600万円の借り入れは成功します

おまとめローンは複数の借り入れを一本化する目的で商品化されており、借り入れ限度額も1,000万円など高額です。そのため、複数社の借り入れ合計額が600万円あったとしても銀行のおまとめローンで600万円の借り入れを一本化できます。

おまとめローンで審査に通りやすい銀行はある?

おまとめローン銀行審査

おまとめローンは借り入れ額が高額になる傾向が強いため、クレジットカードのキャッシングなどよりも審査が厳しいです。しかし、審査に通りやすい銀行のおまとめローンはありますので安心してください。

例えば、横浜銀行カードローン東京スター銀行 スターワン乗り換えローンは審査が通りやすいおまとめローンです。次の項目で銀行のおまとめローンの審査に通るためのポイントを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

【目指せ借金完済!】おすすめおまとめローンベスト3を発表 - マネーの学校」では、審査が甘いおすすめのおまとめローンをご紹介しています。審査に不安のある人はこちらの記事もぜひご覧ください。

おまとめローンの審査に通るためのポイント   

おまとめローン銀行審査ポイント

審査に通りやすい銀行のおまとめローンがあることをお伝えしましたが、審査に通るためのポイントがあるのでご紹介します。おまとめローンの審査に通るためのポイントは、以下の3つです。

  • おまとめローン審査通過には他社の延滞中はNG
  • 借り入れ件数を減らしてから申し込む
  • 複数の商品を同時に申し込まない

3つともおまとめローンの審査を通りやすくするために必要なポイントです。審査に不安がある人は、ポイントをおさえて申し込みをしましょう。それでは、一つずつ詳しく解説します。

「【徹底比較】審査が通りやすいおまとめローンランキング9選|審査に通りやすくするコツも紹介」では、審査の通りやすいおまとめローンをご紹介しています。審査に通りやすく

するコツなども詳しく解説しているので、こちらの記事もぜひご覧ください。

おまとめローン審査通過には他社延滞中はNG

他社延滞中はおまとめローンの審査通過に大きく影響するため、基本的に申し込みは控えた方が無難です。

借り入れの延滞は信用情報機関で照会すると掲載されている場合があり、延滞が理由で審査通過が難しくなる可能性があります。直近半年以内に延滞がある場合は、半年以上は返済期日を守ってからおまとめローンの申し込みをしましょう。

借り入れ件数を減らしてから申し込む

おまとめローンの審査に通りやすくなるポイントとして、借り入れ先が3社以内なら審査が通りやすいと言われています。

借り入れ先が3社以上の場合は、借り入れ件数を減らしてから申し込みましょう。また、件数を減らすのが難しい場合は、少しでも借り入れ金額を減らす努力をしてから申し込むのもおすすめです。借り入れ総額が少なければ少ないほど、審査に通りやすくなります。

複数の商品を同時に申し込まない

おまとめローンの商品を同時に複数申し込むのは信用を失う行為になるため、審査に通りにくくなります。

銀行のおまとめローンの審査では、必ず個人信用情報機関に申し込み者の照会を行います。信用情報機関では、他社の申し込み状況も見ることが可能です。堅実に審査通過したい場合は、一つのおまとめローンに狙いを定めて申し込みしましょう

銀行のおまとめローンで審査に落ちたら?

おまとめローン銀行審査落ち

おまとめローンの審査に通るためのポイントをご紹介してきましたが、続いては審査に落ちた場合の対処法をご紹介します。銀行のおまとめローンで審査落ちしたときの対処法は、以下の3つです。

  • 信用情報を確認する
  • 借り入れ件数を減らす
  • 債務整理を検討する

審査に落ちる理由は人それぞれ異なりますが、対策方法もあるので審査落ちしたときは上記3つを確認してみましょう。それでは、一つずつ詳しく解説します。

信用情報を確認する

過去に繰り返し延滞があった場合、ブラックリストに掲載されている可能性があります。ブラックリストに掲載されていると、返済能力が低いと判断され審査落ちの原因となります

銀行のおまとめローンで審査落ちしたときは、信用情報機関に問い合わせて延滞情報などを確認してみましょう。

延滞情報などは一定期間が過ぎると消えるため、自分の信用情報がキレイな状態になったのを確認してから再度申し込みをしましょう。

借り入れ件数を減らす

借り入れ件数が3社以上ある場合、銀行のおまとめローンの審査が通りにくくなり、審査落ちの原因にもなります。信用情報機関で自分の信用情報に問題がなかった場合は、借り入れ件数や借り入れ総額が多いことが審査落ちの原因かもしれません。

借り入れ金額が低いところは完済できないか検討してみるなどして、借り入れ件数を減らしてから、再度申し込みをしてみましょう。

債務整理を検討する

延滞などが続き信用情報の回復が見込めず、おまとめローンの審査に通らない場合は債務整理の検討も視野に入れましょう。

債務整理をすると一定期間はブラックリストに掲載されるため、クレジットカードや各種ローンなどが受けられない状態になります。しかし、返済が滞り返しきれない状況になった場合は、最終手段として債務整理があります

債務整理は弁護士に依頼するなど手間と料金がかかるので、その点も踏まえてしっかり検討することをおすすめします。

まとめ:銀行のおまとめローンを利用すると月々の返済が楽になる

おまとめローンネット銀行

銀行のおまとめローンは、複数社の借り入れを一本化するための金融商品です。借り入れ件数や借り入れ総額が多いと審査に通りにくくなる可能性があるため、申し込むときは件数や借り入れ額を少なくするのがポイントです。

銀行のおまとめローンを利用すると複数社あった借り入れ先が1つになるので、管理がしやすくなるなどのメリットがあります。また、金利が安く抑えられるほか、毎月の返済額も軽減できるため、金銭的にも楽になります。   

金利の見直しや1本化して借り入れの管理を楽にしたいなど、借り入れで悩んでいる人はぜひ利用してみてください。

当記事でご紹介した銀行のおまとめローンの中で最もおすすめなのが、以下の3つです。3つとも低金利が魅力であり、1本化することで毎月の返済額が軽減できるなど多くのメリットあるので、ぜひ申し込んでみてください。

<div style="padding: 10px 0;"><div class="freebox"><p class="p-free"><span class="p-entry-f">銀行のおまとめローンおすすめTOP3</span></p><div class="free-inbox"><div class="maruno"><ol><li><a href="https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/index.html">横浜銀行カードローン</a>|審査結果が最短翌日</li><li><a href="https://www.tokyostarbank.co.jp/omatome/about_ltg08.html">東京スター銀行スターワン乗り換えローン</a>|返済専用ローンのため計画的に完済できる</li><li><a href="https://www.aeonbank.co.jp/loan/card_loan/">イオン銀行カードローン</a>|年3.8%~の低金利が魅力</li></ol></div></div></div></div>

-ローン
-, ,

© 2022 マネーの学校