資産運用とは?資産運用のプロが知っておくべきポイントを分かりやすく解説!

「資産運用を始めたいけど、何をすればいいのか分からない」

そう考えている人は多いのではないでしょうか?

資産運用に注目が集まったのは、2019年に金融庁が発表した報告書が発端となった「老後2,000万円問題」からです。

この問題以降、多くの人が老後の資産を確保するためには投資が必要だという認識を持つことになります。また最近では、資産運用により経済的に自立し、早期リタイアを目指す「FIRE」が若者を中心に注目されるようになりました。

しかし、資産運用には専門の知識が必要だからと始めるのを迷っている人が多いのではないでしょうか。

本記事では、資産運用をゼロから始めたい人に向けて、基本的な知識についてポイントを押さえながら解説していきます。日頃から数多くの人に資産形成のアドバイスをされている私だからこそお伝えできる、失敗しないためのポイント、今すぐ実践できるコツを分かりやすくまとめています。これから資産形成を検討されている方は、ぜひ最後までお付き合いください。

そもそも資産運用とは?

そもそも、資産運用とは何でしょうか。

資産運用を簡単に言うと、「大切な資産(お金)を守りながら、大事に育てていくこと」です。こう考えると、子育てと共通点があるかもしれません。

もう少し具体的に言えば、「手元にあるお金を預貯金株式投資信託などに代表される金融商品を利用して、資産を効率的に増やしていくこと」となります。

資産運用向けの金融商品には、価格が大きく変化するものや値動きの幅が小さく、安全に運用できるものなど、様々な種類があるので自分自身の投資目的に合ったものを選ぶことが重要です。

また、安定している金融商品とはいっても、絶対に価格が下がらないという保証をするものではありませんので、注意が必要になります。

資産運用にもメリット・デメリットがある

資産運用は、様々な金融商品を利用しながら効率的にお金を効率的に増やしていく方法です。これだけを聞くと、「簡単にお金が増えるならやろうかな」と考える人もいると思います。

しかし、金融商品である以上、メリット・デメリットがありますので、まずはそれを理解しておきましょう。

(1)資産運用のメリット

資産運用の一番のメリットとしてあげられるのは、「資産形成ができる」という点です。冒頭にも書いた老後資金や子ども教育資金など、将来的に必要となる資金を用意できます。

次にあげられるのが、複利効果が得られる点です。複利効果とは、運用して得た利益と元本をそのまま運用することを言います。運用資金が増えていくため、長期間運用した場合、複利効果で得られる利益は非常に大きなものです。

不労所得が得られるという点も、資産運用のメリットと言えます。運用する資産が増えれば、そこから生活費を捻出することも可能です。ただし、資産運用を始めたからといって、すぐに不労所得が得られるわけではないことは理解しておきましょう。

そして、資産運用をしていると、経済や税金に関する知識を得られます。資産運用で得られた経済や税金の知識は、仕事や普段の生活にも役立つ大きなメリットです。

(2)資産運用のデメリット

それでは、資産運用のデメリットは何でしょうか。

資産運用のデメリットは大きく2つあります。そのひとつが、元本割れのリスクがあるということです。

資産運用を行っているからといって必ず利益が出るわけではありません。運用方法によっては、損失が出ることもありますし、それによって元本割れを起こすこともあり得るのです。資産運用には、そのようなリスクがあるということを頭に入れておきましょう。

もうひとつのデメリットは、利益が出るまでには時間がかかる点です。資産運用は、基本的に中長期投資を行なって利益を狙うものですので、利益を出すのに多くの時間がかかります。また、商品によっては途中で解約できないものもあるので、ひとつの商品に投資するのは避け、分散して投資するなど計画を立てて行うことが重要です。

一方、短期にて収益を狙う投資商品もあります。その場合はハイリスクハイリターンの商品が殆どなので、初心者には向いていません。

資産運用の種類

資産運用の基本やメリット・デメリットについてご理解いただけましたでしょうか。

ここからは、資産運用の方法には、どのようなものがあるのかを解説していきましょう。

(1)株式投資

株式投資とは、企業が発行している株式を購入して、配当(インカムゲイン)売買差益(キャピタルゲイン)を狙う資産運用方法です。

個別の企業の株式を購入することになるので、その企業の株式が持つ特有の値動きの理由に着目することができれば、大きなリターンを得ることもできます。

その反面、投資した企業が倒産すると価値がなくなったり、社会情勢や市場の動向によっては株価が下がり、大きな損失を被ったりするリスクもある点に注意しておきましょう。

(2)債権投資

債権とは、簡単に言えば「国や地方公共団体、企業などが資金調達のために発行する有価証券」のことです。借用書のようなものだと考えても良いでしょう。

債権投資は、債権を購入して、あらかじめ決められた利息を受けとることで利益を得る投資方法です。債権の発行者が借りたお金を返せない状態にならない限り、満期に元本が満額戻ってきます。

リスクとしては、発行者がお金を返せない状態になると利息や償還金が滞る可能性や、期日償還日までに債権を売却する場合には、損失が発生することが考えられます。

(3)FX

FXは「外国為替証拠金取引」のことを指し、「日本円」と「米ドル」など2種類の通貨を取引することで価格差や金利差を狙う取引を言います。

特徴としては、「証拠金」を担保に取引を行うことです。この証拠金を入れることで何倍もの金額を取引することができ、少ない資金で大きなリターンを得ることが可能になります。これが「レバレッジ効果」と呼ばれるものです。

FXで注意しなければいけないのは、レバレッジが大きくなるほど損失する金額が大きくなるため、破産する可能性が高くなるという点でしょう。まずは低いレバレッジから始めることをおすすめします。

(4)金投資

金は「実物資産」と呼ばれており、金そのものに価値がある資産です。金は、経済的な影響や地政学的リスクを受けにくく、価値がゼロになることもないため、長期的な資産運用として選ばれています。そのため、その他の資産運用方法と組み合わせることで、資産減少のリスクを抑えることが可能です。

金投資のリスクとしては、現物を保管する場合の盗難や、安定している資産とは言え、価格変動や為替の影響を受けることで価格が下がる可能性もあることがあげられます。

金投資について、下記記事にて詳しい紹介しております。ご興味がある方はぜひ合わせて読んでみてください。

(5)不動産投資

不動産投資は、アパートやマンション等の不動産を購入し、家賃収入を得ることを狙いとした資産運用方法です。また、不動産を売却することで売買差益も狙えます。

不動産投資の特徴は、所有する不動産に入居者がいる限り、毎月定期的に収入が得られる点です。

リスクとしては、空室リスクと災害リスクが必ずついてくることになります。また、物件を見極める目が必要なこと、適正価格での家賃設定や入居者の募集など様々な問題があります。

なお、不動産投資には多額の資金が必要となるので、誰もが簡単に始められる資産運用方法とは言い難いかもしれません。

弊社にて数多くの不動産投資の相談実績があります。私個人も10物件以上不動産投資の物件を所有しています。ご興味がある方はぜひ一度弊社のFP相談してみてください。

6)暗号資産(仮想通貨)投資

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上にある電子データのみで取引が行われる新しいお金のことです。価値が低い時に購入し、高い時に売却することによる売買差益を狙います。「ビットコイン」や「リップル」、「イーサリアム」などが代表的な銘柄です。

暗号資産は値動きが激しく、いわゆる「一発逆転」を狙いたい人に人気があると言えます。少額で始めることも可能ですが、ハイリスク・ハイリターンの資産運用方法であることに注意しながら、分散して投資するようにしましょう。

(7)投資信託

投資信託は、資産運用の専門家がたくさんの投資家から資金を集め、それをひとまとめにして複数の銘柄に投資する資産運用方法です。取り扱っている金融機関によっては100円から始めることもできるうえ、分散投資を行う方法なのでリスクは比較的低いと言えます。

投資信託には、「株式投資信託」や「公社債投資信託」、「RIET(リート:不動産投資信託)」などがあり銘柄も豊富です。

専門家に任せるとはいっても、必ずしも利益が出るわけではありません。元本割れする可能性も頭に入れておきましょう。

(8)預金

資産運用で最も身近なものが預金です。預金は元本が保証されており、万が一預けていた銀行が倒産するようなことがあっても、預金保証制度(ペイオフ)によって一定の補償(預金者一人当たり元本1,000万円とその利息)が受けられます。

安全性は高いですが、今の低金利時代ではほとんどお金が増えないという点に注意しましょう。

(9)保険

保険も少しずつお金を貯蓄し、将来に備えられるという点では有益です。

種類も「終身保険」や「養老保険」など豊富にあり、将来や不慮の事故・病気などの備えという資産運用以外の効果も期待できます。

契約時に決めた金額が継続して引き落とされるため、自動的に貯蓄ができるというメリットがある反面、途中で解約した場合には違約金が発生し、元本割れを起こすこともあることを理解しておきましょう。

なお、保険はあくまでも万が一なことが起きた時の保障なので、利回りが非常に低いことを事前に理解しておきましょう。

今注目を集めている、節税しながらできる資産運用方法

最後に資産運用方法として、今最も注目を集めているのが「iDeCo」や「NISA」と呼ばれる、資産運用をしながら節税ができる制度をご紹介します。

(1)iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(イデコ)は、「個人型確定拠出年金」とも呼ばれる私的年金の中の1つで、国民年金や厚生年金などの公的年金とは別に、老後の資産形成を目的に毎月一定の掛金を払う制度です。

iDeCoの最大の魅力は、何と言っても節税効果でしょう。iDeCoは拠出したお金で預貯金の他、保険や投資信託などの資産運用を行えます。そこで発生した利益(運用益)については非課税となり、掛金が全額控除されるのです。

ただし、iDeCoは老後に向けた年金制度であるため、原則として60歳以降にしか受け取ることができないことに注意してください。

iDeCoについては、下記記事にて詳しく紹介しています。ご興味がある方はぜひ合わせてお読みください。

(2)NISA(ニーサ)

NISAとは、毎年決まっている非課税投資枠内であれば、投資によって得られた利益や配当金が非課税となる「少額投資非課税制度」のことです。ただし、非課税になる期間(5年間)が定められています。

NISAによる税制優遇を受けるには、証券会社や銀行、運用会社、一部の生命保険会社で非課税口座(NISA口座)を開かなくてはなりません。この口座を通して資産運用を行うと、投資利益が非課税になります。

NISAには大きく「一般NISA」「つみたてNISA」の2種類があり、非課税投資枠が異なりますので、注意が必要です。

また、一般口座とNISA口座の損益通算ができませんので注意してください。既に投資している金融商品についてはNISA口座に移せないため、非課税の対象にはならない点にも注意が必要です。

つみたてNISAについて詳しくは下記記事をお読みください。

(3)運用実績を管理する

資産運用において、いくら投資していくら資産が増えたかについてもきちんと管理する必要があります。

その場合は、ぜひ弊社のお金管理アプリ「マネソル」を活用してみてください。

「マネソル」は弊社の16,000件の相談データを元に開発された、簡単に資産管理ができるアプリです。銀行などの金融機関とのデータ連携ができることから、家計簿の機能から詳細の資産管理まで一元管理することができます。

本気で資産運用したい方は、ぜひご活用ください。

プロに相談し自分に合った投資プランを立てる

資産運用には、様々な方法があることがご理解いただけたと思います。「たくさんありすぎて、やっぱり資産運用は自分には無理だな」と感じる人もいるでしょう。その様な時には、是非ともプロに相談してください。

資産運用は、「長期・積立・分散」が世界的にも基本とされています。世界経済の動きを見ながらコツコツと時間をかけて投資をして、資産を育てていくことが資産運用だともいえます。しかし、資産運用の方法は一人ひとり異なりますので、この方法だけが正しいということはありません。

そこで、資産運用のプロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)がお役に立ちます。

資産運用を始めたいけど、どうしたら良いのか分からない人やもっと詳しく資産運用について知りたいという人は、ぜひ弊社のFPにご相談ください。

著者

代表取締役 田中佑輝
代表取締役 田中佑輝株式会社アルファ・ファインシャルプランナーズ
アジア金融の中心地であるシンガポールに10年間滞在。その後、外資系銀行にてプライベートバンカー、セールスマネジャー、行員向け経済学講師を経て独立系ファイナンシャルプランナー事務所を設立。著書に『58歳で貯金がないと思った人のためのお金の教科書』、『50代から考えておきたい“お金の基本”』。Bond University大学院でマーケティングと組織マネジメントを研究。経営学修士。

初回無料相談を実施中
まずはお気軽にお問い合わせください