Column

コラム
2018年6月25日 お知らせ
家計の見直し第2ステップ 「意識化」「設備投資」

家計の支出の見直しをする場合、

外食を減らす、旅行を減らす、無駄遣いを減らす…などが真っ先に頭に浮かぶ人が多いと思いますが、何故だか分かりますか?

これらは楽しく、意識的な支出、つまり贅沢をしているように感じるかららです。

これらの支出を見直せば、家計の支出が少なくなり、数値的には改善されますが、

幸せ指数は上がるでしょうか?

お子さんの教育費を確保できる、住宅を購入できる等のメリットもありますが、

ちょっとした贅沢を楽しめなくなる分、幸せ指数は下がってしまうかもしれません。

家族のライフイベントを実現するために、ある程度の贅沢を控えることは重要ですが、

できれば、幸せ指数を維持または向上しつつ、家計支出を減らしたいものです。

固定費の第1手は契約の見直し、第2手は意識化と設備投資。

今回は第2手について解説します。

(第1手は別コラムを参照 http://alphardic.com/918

提案1 意識化するため、現金払い

家賃・住宅ローン等の住居費

生命保険・火災保険・自動車保険等の保険

スマホ等の通信費

電気・ガス・水道等のインフラ費用

自動車のガソリン代・駐車場・・・

これらの出費の多くが、口座振替、クレジットカード決済、給与天引き等、

お財布以外から支払っています。つまり、普段の生活では無意識な支出です。

加えて、電子マネーの普及により、電車・バス等の運賃やコンビニ・スーパー等での買い物も、紙幣や硬貨を使わないため、無意識化しつつあります。

このように、お財布から使うお金が減っているため、何となく「お金を使わなくなっている」と感じるため、たまにはお金を使おうか・・とより支出が増えてしまう傾向があり、実際には、想像以上にお金を使ってしまっています。

精神学医のデビット:クルーガー博士の著書、「「お金」のシークレット」によると、

「現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうが、無意識に23%も支出が増える」との記述があります。クレジットカードが「便利なために利用されている」と考えると、

電子マネー等にも同じことがいえそうです。

この記述を反対側から捉えると、あえて不便な窓口払いを利用するなど、

現金で支払えるものを現金で支払うようになると、使いすぎでは?という意識が働きやすくなり、家計支出を削減できる可能性が高くなると考えることができます。

住宅ローン、生命保険を効果的に活用しつつ、

通信費、インフラ費用も適正化を図り、

便利な口座振替やクレジットカード決済を利用するのであれば賛成ですが、

これらの効果的な活用を意識せず、手間がかからず、単にポイントが貯まるから・・という理由で、クレジットカード払いや口座振替等を利用するのはお勧めできません。

提案2 意識化し、見直す仕組み作り

クレジットカード、口座振替、電子マネー決済等の便利な制度を利用しつつ、

家計の支出を増やさないためには、定期的に家計の見直しをすることが効果的。

「毎月、クレジットカードの請求明細を家族にオープンにする」

「毎月、預金通帳を家族に見せる」等、家計の変化に気づく仕組みを考えましょう。

家計責任者が自主的に見直すこともそれなりの効果はありますが、自分には甘くなりがち。

できれば、家計責任者以外の目を定期的に通すことが理想的です。

他人の目を通すのはちょっと・・・という方は

「水道光熱費、通信費が〇円を〇カ月連続でオーバーしたら黄色信号」

「教育費、住宅ローンの合計額が〇カ月連続でオーバーしたら赤信号」

等のシグナルラインを設定しておき、必要に応じて、家族会議を開く、専門家に相談するというルールを作っておきましょう。

家計の見直しは、支出が多くなっていることに気づかない限り、「毎月の出費だから仕方ない・・」となりがちだからこそ、意識化し、気づく仕組み作りが重要です。

提案3 設備投資

月々の金額は小さくても、一生涯で考えるとバカにならないのが通信費や水道光熱費。

これらの見直しには、別コラムで解説した契約の見直しに加えて、設備投資も効果的。

設備投資は一定の導入コストを伴いますので、契約の見直しほど積極的にはお勧めしにくいのですが、コスト削減効果が期待できるのであれば、一度アクションを起こすことで、無意識にその恩恵を受けることができます。

スマホ通信費やネット接続費用は、Wi-Fi有効活用のほか、家族全員の携帯電話会社の統一化、格安スマホへの切り替え等。

電気代は、LEDの蛍光灯・電球に切り替えるほか、

10年程度以上経過した、冷蔵庫、エアコン、洗濯機等の家電の買換え等。

水道代は、節水タイプの水栓、エアインシャワー、節水タイプのトイレに切り替える等。

その他、自動車もコスト重視であれば、エコカーや軽自動車に切り替えたり、

都会住まいで使用頻度が低いのであれば、カーシェアリングの利用も効果的。

筆者も全電球、蛍光灯のLEDに切り替え、

節水タイプの水栓、エアインシャワーに切り替え、水道光熱費の負担が下がりました。

また、自動車購入費用を抜きにしても、駐車場、ガソリン代、自動車保険、自動車税で約36万円(月額換算3万円)かかっていましたが、カーシェアリングに切り替えることで、家計の固定費を削減できました(カーシェアリングも費用を伴う点で設備投資といえます)。

地域やご家庭の事情等により、できること、できないことがあることと思いますが、

家計を見直しやすい仕組みを作り、必要な設備投資を実施することで、

将来に対する漠然とした不安を軽減し、楽しい支出を確保しましょう。

文・益山 真一(ますやま しんいち)

1971年生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
1級FP技能士、CFP認定者
マンション管理士、宅地建物取引士、消費生活アドバイザー、ダイエット検定1級、食生活アドバイザー2級、健康管理能力検定2級
2003年から2017年まで15年にわたり、國學院大學経済学部非常勤講師

人生を楽しむお金を生み出すことを目的とした執筆、講演活動を展開。
主なテーマは「資産形成・老後資金準備と家計管理」。
FPの資格取得・継続教育、宅建の資格取得研修、高校・大学の講義のほか、投資家向けセミナー、内閣官房内閣人事局主催のキャリアデザイン研修講師、ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座・経済入門スクール等、セミナー・研修・講義は2021年3月時点で3113回。
活動理念は「心、カラダ、キャリア、時間、お金」の5つの健康のバランスを考えた最適提案。