アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

採用情報

ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)
ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)03-5341-4145

無料相談はこちら

columnコラム

つみたてNISA vs iDeCo
~だれでもカンタンにできる運用ノウハウ2〜

金融資産運用

2020.09.01

前回までのコラムから、資産運用で大事なことは、何でしたでしょうか?

 

正解は、「A 時間と仕組みを十分使う」でした。

 

これまでのコラムを読んでいた方々であればわかる問題ですね。
資産運用は時間をかけて、感情に任せない“仕組み“で運用することが大事であることを説明してきました。

 

今回は、前回に続き、資産運用の基本(後編)です。ここからは、具体的な商品えらびについて解説していきます。

 

 

アセットアロケーションを決めたら、次は商品選び!

 

各アセット組み合わせが判断できたら、アセットアロケーションに合わせた商品を選びます。
その前に、iDecoのラインアップを仕分けます。

 

(図3を参照)
この仕訳をすることで、日本株に投資しているファンドなのか。日本債券に投資しているファンドなのかが整理できます。整理をして、同じアセット群ごとに商品を並べ替えしてみましょう。

 

 

ここで使えるのが「月報」「月次レポート」です。
以下のようなものが確定拠出年金のサイト内に必ずありますので、ダウンロードしてみてみてください。

 

 

 

アセットごとに仕分けるには、ベンチマークや目標とする運用成果を確認するとわかりやすいです。
同じベンチマークや目標を持っている商品は同じアセット群に入れておきましょう。
また、商品名を見て並べ替えても良いです。

 

 

並べ替えができたら、ファンド収益率を確認

 

次に同じアセット群ごとにわけて、そのアセット群の代表選手を1つだけ選びます。
その時に比較に使うのが「ファンド収益率」です。
同じアセット群の「ファンド収益率」を比較してください。
特に、長期(10年)を比較、なければ5年を比較するようにしてください。
その中で一番高い利回りのものを選びましょう。
それが、あなたが選択したアセットの中の代表選手となります。
同じ方法でアセットごとの代表選手を選び、購入手続きをする。

 

これで終了です。

 

 

仕組み2 感情を0にして、とにかくコツコツ積み立てる

 

iDeCoやつみたてNISAは、毎月コツコツと積み立てていくことでリスクを分散することができます。

【ドルコスト平均法】の効果を得ることができるのもカンタン運用のポイントです。
ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を一定の金額で、かつ時間を分散して定期的に投資していく手法です。

 

 

例えば、総額60,000円を運用した場合。
一括投資をしたときに一株200円だとすると300株購入できます。一括購入するので、その後の株数の変動はありません。

 

次に毎月10,000円ずつ株を購入した場合はどうでしょうか。
一株200円の場合は50株、翌月購入する際の一株は150円とすると67株購入できます。毎月その時の一株の値段で購入をしたとすると6か月後の株数は394株になります。

 

毎月同額を積み立てることで、株価が安い時には多く、高い時には少なく購入していく仕組みが出来上がります。
そうすることが、平均取得単価を下げることに貢献し、高値買い(高いときに買う)を避けるメリットがあります。
ドルコスト平均法も活用し、じっくりと時間をかけて運用していくことで成果が出せる可能性が高まります。(図5参照)

 

ここまでの手順を踏んだら、iDecoは勝手に動き出します。

 

 

動き始めたら、3か月~1年に1回「定期点検」をするだけ!

 

「定期点検」をしていくことをリバランス(資産配分の修正)と言います。
資産運用をするうえでリバランスという一つの基準を設けておくことで、市場に左右されないメンテナンスが可能になります。また、このリバランスは、高い資産を売却し、安い資産を買うことで「高く売り、安く買う」を感情に左右されずに、システマティックに行うことができます。

 

1 配分した比率を覚えておく(例:日本株30%、外国株30%、外国債券40%)
2 カレンダーに3か月~1年に1回、運用成果を確認する
3 確認の時、運用商品の成果によって配分が変わっています(例:日本株30%が値上がりにより35%になっているなど)
4 値上がりして比率が増えたものは1で配分した比率まで減らし、値下がりして減ったものは増やす作業をする

 

これだけです!

 

 

ただし、多くの人が、値下がりした商品は買いたくない、値上がりした商品は売りたくない・・・など“人としての判断”が介在してしまいます。
ここで大事なことは「あくまで機械的に、仕組で」と考え、ルール通りに遂行していくことです。
そうすることにより、良い結果を出すことができるようになります。

 

最後につみたてNISAやiDeCoで資産運用をするときの重要なポイントは、
〇欲、感情、本能を入れずに無感情なロボットの気持ちで運用する
〇自分自身にとって適正な利回りを的確に計算する
〇利回りに合ったアセットアロケーションを作成する

 

将来いくらあったら幸せでしょうか?今いくら貯金がありますか?その将来までにいくら貯金ができますか?などを整理して、不足する分を運用利回りで補っていけばいいのです。

 

全7回を通して「つみたてNISAとiDeCo」についての講座でしたが、いかがでしたか。
自分自身で適正な利回りが分からない。
利回りに合ったアセットアロケーションを作成することができない。
などあれば、まずは自分自身の現状分析から始めてみましょう。

アルファ・ファイナンシャルプランナーズは
経験豊富なお金のプロがあなたの悩みを解決いたします。
まずはお気軽にご相談ください。
ご相談はこちら