アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

採用情報

ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)
ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)03-5341-4145

無料相談はこちら

columnコラム

初心者のための資産運用
~それぞれの資産の仕組みとリスクの考え方~

お知らせ

2020.09.02

さて、今回は債券についての復習問題でした。

債券価格は、金利が下がっているとき上がりますか?下がりますか?

 

債券の特徴は、【金利が下がると価格が上がる】【金利が上がると価格が下がる】ですので、

 

今回の正解は「A 上がる」ですね

 

ただ、このように金融商品一つ一つ、特にアセットクラス(資産)それぞれの特徴を理解することはとても大事です。
そんな今回は、【それぞれの資産の仕組みとリスクの考え方】を徹底解説していきたいと思います。

 

 

金利が上がると債券価格が下がる理由は?投資にどう影響する!?

 

 

債券と聞くと何を連想するでしょうか?国が発行している【国債】をイメージする方も多いのではないでしょうか。
国債以外にも、地方公共団体が発行しているものが【地方債】。企業が発行すると【社債】といい、発行元により名称が変わるのも債券の特徴と言えます。
債券は、国・地方公共団体・企業などが資金を集めるために発行している【借用証書】のようなものです。
企業の場合は、債券(社債)だけではなく【株式】を発行することで資金を集める方法もあります。

一般的に債券は、【金額と金利と償還日】が最初に決まっています。

 

本例でいうと、金額100万円、金利3%、期間が10年後の〇年〇月〇日といった具合に償還日が記載されています。

 

 

債券を購入すると、

 

・毎年の利払日(年2回)に利息が支払われ
・償還日(いわゆる満期日)まで保有すれば額面金額が払い戻しされる
・途中で換金しようとすると価格が変動する
といった仕組みになっています。
つまり、債券は発行元から買って、期間が満了するまで待って、発行元からお金を返してもらえば元本保証で返ってくるということです。

 

 

債券は償還日まで現金化できないの?

 

いいえ、そんなことはありません。
確かに、償還期限に到達していない債券を発行元に持ち込んで「やっぱり貸したお金早めに返してくれない?」なんていうのは契約違反なのでできませんが、債券は債券市場というものがあり、市場で中古の債券として売却することができます。
ただし、その時に、本章の問題にあった「金利が上がると価格が下がる」「金利が下がると価格が上がる」問題が発生します。

 

つまりこういうことです。下のイラストの男性が債券を現金化したいと考えたとします。そうすると、男性は債券を第三者である女性に売却を願い出ることになります。

 

 

買手の女性からすると、その債券がどれだけ儲かるのか?を他に発行されている債券と比較して購入するかしないかを決定します。その時、世の中の金利が、男性がかつてその債券を購入したときの金利(3%)より高い6%になっていたら、女性にとって、男性が持っている債券は魅力的ではありません。なぜなら、同じ債券で同じリスクなんだから3%より6%の方がトクだからです。

 

でも、どうしても現金が欲しい男性は本来100万円の価値がある債券を85万円で売ることを提案します。
そうすると、女性は脳内でこんな計算をするわけです。
100万円の債券を85万円でもらえるということは、満期まで持って発行元に持ち込めば100万円返してくれる。ということは、この差額で15万円が儲かる。
(残期間が5年の債券だったら)残りの5年分の利息×3%を受け取れる。ということは、15万円が利息収入となる。
あわせて、30万円の利益になる。
今、【5年間で6%の利息をもらえる債券】を買ったら30万円を受け取れるわけだし、男性が売ってくれるものは、世の中に出ている商品と遜色ないわ!

 

と、こういった具合です。
反対に、金利が下がると、3%の債券の魅力は高まるので、男性は高く売れるということになりますので、男性が強気に100万円以上で売ることができるようになります。
このように、世の中の金利が男性が購入した時より上がっている(金利が上がる)と価格を下げないと売れない(価格が下がる)という相関から、「金利が上がると価格が下がる」「金利が下がると価格が上がる」という相関が出来上がります。

これにより、債券の途中売却による価格変動が発生するのです。

 

 

株式のリターンの得方は様々!

 

 

株式とは、債券同様に企業が資金を調達する方法の一つです。企業が発行する株を購入(出資)すると【株主】となります。
会社は社長よりも株主の方が偉く、議決権を行使することで社長を解任したり、会社の方針を決めることもできます。

 

株式の世界では、社長は株主に雇われている人であり、株主は会社に利益を上げてもらい自分の資産価値を上げることを目的することが原則になります。
そのために、みなさんが株を買って議決権を行使することで会社をコントロールすることができるようになります。
ただし、当然、上場企業となると議決権を持っている人が多くなるため、少数の株しかもっていないと株主の間での発言力が弱くなってしまいます。
そのため、一般の人達が株を買うときには、議決権を行使するなど面倒なことはせず、
・成長しそうな企業の株価上昇に相乗りする
・配当金をもらう
・株主優待をもらう
という点で利益を上げることになります。

 

企業側にとっては、資金調達ができることで事業にもっと投資ができるため、様々な利害を持つ人達に株を買ってもらうために、配当金を増やしたり、優待をよくしたりなど様々な手段を講じます。
ここで企業と株主の利害関係が一致して株が購入されるわけです。

 

 

どうしたら株価って上がるの?

 

 

株価は、様々な要因で上下を繰り返しますが、原則を知るとイメージが湧きやすいです。
原則的な考え方は、【その会社の純資産が株価以上に増えるか?】です。
こんな感じです。
A社の資産(現金、不動産、設備、在庫など)が1億円あります。
負債(銀行からの借金など)は6000万円あります。

 

純資産(資産―負債)は4000万円です。純資産は個人でいう“貯金”のようなものです。
これを一株当たりに換算すれば、株価が出ます。計算式は【純資産÷発行株数】で算出されます。仮にA社の発行株数が1万であったとしたら、4000万円÷1万=4000円が株価となります。

 

そして、この会社が毎年安定的に1000万円ずつの利益を上げる会社だったとすると、毎年純資産(貯金)は1000万円ずつ増えることになるので、翌年には、純資産5000万円(株価5000円)、翌々年には純資産6000万円(株価6000円)といった具合に上昇していき、株価も上がっていくのです。

 

これが株価上昇の大原則です。

 

ただし、この純資産の上昇分を株価の上昇として享受するのではなく、配当でもらうという方法もあります。
配当でもらう場合は、こんな計算になります。
利益が1000万円出たうちの100万円を配当でもらうと、あなたの手元には、100万円の現金が入ります。しかし、これは利益のうちからもらっているので、純資産は900万円増えたことになり株価は90円上がったことになります。
つまり、配当でもらっても、株の上昇分でもらっても同じということになります。

 

 

それならすごい簡単に株で儲かるじゃん!と思うけど・・・

 

そう、実際にやってみるとわかりますが、そんな単純に株価が動かないのが現実です。
上場している株はみんなが情報競争をしあって【予想】をしながら、先行して株を買います。

 

だから、上記の計算による株価以上に実勢株価があるケースがほとんどです。ただし、A社のように競争相手にも負けず安定的に長い将来成長できる株であり、長期保有をしておくことで原則に沿った上がり方をしてくれるものなのです。原則を覚えておくことで、株価がなぜ動いたか?を分析する時にはとても役立ちますので、覚えておいてください。

 

追々、【実際に6000万円を稼いだ株式投資術】を公開しようと思っているので、利益を上げる手法は、そちらで説明します。

 

 

不動産投資は【安定性】と【レバレッジ】が最大のメリット

 

「借金をするから」「高額だから」「値下がりするから」「めんどくさそう」と敬遠されることも多い不動産ですが、筆者はそうは思いません。
不動産は株式のように銘柄選定に悩まされにくく、安定して利益を上げることができる投資です。

 

まずは、仕組から解説していきます。
融資を受けて不動産投資をした場合のお金の流れは、以下の通りです。

 

 

1 銀行から融資を受ける
2 融資されたお金で不動産を買う
3 賃貸管理会社に管理を依頼(入居者の募集、賃料回収と振込、建物管理、入居者からの問合対応、設備等の補修、滞納保証を任せる)
4賃貸管理会社が探した入居者と契約
5入居者が賃料を振り込む
6賃貸管理会社が管理費を差引いてオーナーに振り込む
7オーナーは振り込まれた収入からローンを返済する

 

一度入居者が入れば、5~7が毎月自動的に行われ、ローンがどんどん減っていく仕組みになります。
利益の上げ方は、投資のプロが教える儲かる物件「決めての一手」で解説していきますが、原則はこんな感じで進みますので、手間はあまりありません。入居者が安定していれば利益を出しやすい仕組みではあるのです。

 

 

レバレッジ効果を使うと不動産の利益率はUPする

 

運用をする上で、レバレッジの効果を得ることも資産を増やすためには大事な要素です。
よく、【てこの原理】と言われますが、一言でいうと【持ち出すお金を少なくし、借金を使って効率的にお金を増やす手法】です。
債券、不動産、株とあるなかで最もレバレッジの効果を生みやすいのが不動産なのです。
具体的な事例を見ながら考えていきましょう。

 

 

上記の例は、
A 1,000万円の資金を5.5%の利回りの金融商品で運用した場合
B 6000万円不動産を1,000万円の頭金+5000万円の借入(レバレッジ)で購入した場合
を比較したものです。

 

AもBも利回りは同じ5.5%ですが、リターン(利益)額に違いが出ます。
A 1,000万円×5.5%=550,000円
B(収入)3,300,000円-(返済)1,884,000円-(経費)340,000円=1,076,000円

 

利益額はBの方が倍近くになっています。でも、自分が投資した額は、1,000万円で同じです。しかも、どちらも利回りが5.5%ということは、リターンとリスクは表裏一体であるはずだから、リスクも同等です。

 

前回までの投稿で「貯蓄×利率×時間」のお話をしたことを思い出してください。これの応用です。
レバレッジ効果というのは、「利率(リスク)」を上げるのではなく、お金を借りることで「貯蓄」を増やし、そのお金を使って不動産を買ったことになるということです。
これが【少ないお金で大きな金額の取引をする】ことができるレバレッジの効果です。

 

では、次回は【初心者のための資産運用~時間の上手にかけて効率的に増やす方法~】をお送りします。

次回初心者向け最終回となります。お楽しみに♪

アルファ・ファイナンシャルプランナーズは
経験豊富なお金のプロがあなたの悩みを解決いたします。
まずはお気軽にご相談ください。
ご相談はこちら