アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

採用情報

ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)
ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)03-5341-4145

無料相談はこちら

columnコラム

初心者のための資産運用
~運用の正しい「考え方」~

お知らせ

2020.09.02

今回は計算問題。
毎年10万円ずつ年3%で運用した場合20年後はさていくらになるでしょうか。

 

今回の正解は、「C 2,687,000円」です。

 

初心者のための資産運用の講座2回目の今回は、資産運用の基本についてお話していきます。

 

ちなみに、1番の答えは19年後、2番の答えは18年後の金額でした。

みなさん、正解できましたか?

わからなかった方は、「つみたてNISA vs iDeCo~だれでもカンタンにできる運用ノウハウ2に記載されてますので、ご参照ください。

 

 

そもそも資産運用とは何?その定義はなに?

 

資産運用とは、自身の持つ資産を【貯蓄・投資】し、【効率的に資産を増やしていく】ことを言います。

資産運用と聞くと増やすことだけをイメージしがちですが、実は違います。

1 貯蓄計画もしっかり立て、2さらに【両方を“効率的に”やることで資産を効率的に増やす】ことを指します。
効率的に貯蓄・投資をしていくために、大切なポイントは3つです。

 

 

・貯蓄…増やす計画を正しく立てる
・利率…必要なリターンを得るために“相応のリスク”を負う。
・時間…運用ができる時間(年数)を把握し、計画を立てる

 

つまり、

 

1あなたは今何歳で、
2これからいくらの貯蓄が、
3どのようなペースでできて、
4老後、資産が底をつくのが何歳で、
5底をつくのが早すぎたら、十分に伸ばすためには何%のリターンで運用する必要があって、
6結果どれくらいの期間運用できるのか?

 

を把握し、計画を立てることから始まります。

確かに、高い利回りが欲しいと思うと思いますが、そうすると必要以上に高いリスクを取ることになり、資産運用計画が大波にさらされてしまいます。また、貯蓄の計画が曖昧だと、貯まりもしない元金をもとに運用をして後々足りないことに気づくなど、失敗に繋がります。だから、正しく貯蓄、投資双方の計画を立てることが大事になるのです。

 

 

「貯蓄・利率・時間」を掛け算することで計画づくりの基本がわかる!

 

以下の例は、「いくらの貯金が」「何%で」「何年で」運用するといくらになるのか?を単純に計算したものです。

 

一番上は貯蓄が多く、真ん中は利率が高く、一番下は期間が長くなっていますが、すべての利益は10万円です。
1【上段】貯蓄1,000万円を1%の利率で1年間運用したら、利益10万円。
2【中段】貯蓄100万円を利率10%にするために高いリスクを負って1年運用して、利益10万円
3【下段】貯蓄100万円を利率1%だけど期間は長く10年にして、利益10万円

 

貯蓄、利率、時間すべての数字が大きいほうが利益はその分多く出せます。
ただ、単純に利率を10%に引き上げると、どうなるでしょうか?利益10万円を出せる確率が格段と下がります。
さらに、まだ貯金がない・・・という人もいれば、もう定年まで2年しかない・・なんていう人もいるはず・・・
というように、人それぞれ違う運用計画を作らなければならないことがわかります。
でも、こう考えるとシンプルになってきます。

 

「第一にリスクを最小限に抑える運用方針を作る」

そのために、

 

1 今ある貯金は何年後まで使わない?
2 これから毎年いくら貯金できる?
3 それは何年後まで?

 

この3つを把握できれば、最長の運用期間(上記でいう「時間」)を把握することに繋がります。
そうすると、「時間」が最大限活かせるので、とるべき利率を最小限に抑えることができ、リスクを最小化できるのです。
10%の利益を出し続けることが出来れば良いのですが、1%の運用でも10年間と言う【時間を味方にする】ことにより同じだけの利益を生み出せます。
資産運用をするときに、利回りが高いに越したことはないですが、利回りにのみ目を向けるのではなく、【時間を有効に使う】ことを知ることで簡単に仕組みを作ることが可能になります。

 

 

時間をかければ、小さな利率でも塵も積もれば大きくなる

 

 

上図は、300万円の貯金を1%で長期間、複利運用した場合の元金の増え方です。
例えば、40歳の人が計画を立ててみたら、300万円は80歳まで使わないことがわかったとします。
そうすると、この方は40年間(80歳-40歳)運用できることになりますので、元金は4,466,591円(利益1,466,591円)になることがわかります。

 

 

もう少し色を付けて3%で運用した場合のイメージだとどうでしょうか?
49年間で9,786,113円(利益6,786,113円)になることがわかります。
計算上、ローリスクミドルリターンを目指すなら、3%程度に抑えておくことで安定性がぐっと増します。
当然利回りは高い方がうれしいですが、あくまでそうなればの話です。
【時間を有効に使う】ことで積もると大きな利益につながることがわかるかと思います。

 

まとめ
リスクを最小限に抑える運用方針を作るために、【どれだけ時間を有効活用できるか】を考えよう。
次回は、資産運用をするときの【初心者のための資産運用~運用の正しい「考え方」アセットごとの特徴~】をお送りします。

乞うご期待♪

アルファ・ファイナンシャルプランナーズは
経験豊富なお金のプロがあなたの悩みを解決いたします。
まずはお気軽にご相談ください。
ご相談はこちら