アルファ・ファイナンシャル・プランナーズ

採用情報

ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)
ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)03-5341-4145

無料相談はこちら

columnコラム

東京五輪の選手村は今どうなっている?

お知らせライフプランニング

2018.02.26

韓国の平昌で開催されている冬季五輪が盛り上がっていますね。名前が似ている隣の国の首都と混同しないか心配でしたが、今のところ間違えて行ってしまったというニュースを聞いておりません。

※2018年2月15日執筆

 

次の冬季五輪は北京ですが、その前の2020年には東京で夏期五輪が開催されます。もう2年後に迫ってきましたが、準備は順調に進んでいるのでしょうか?区民(筆者は中央区在住)の一人として現状がとても気になったので、選手村の予定地である中央区晴海に行ってきました。

 

  • 五輪後の選手村のイメージ

東京都都市整備局に下記画像が載っています。南(レインボーブリッジの方)から晴海を見たイメージです。

資料:東京都都市整備局より画像を転写

※東京都都市整備局HP http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/sensyumura/index.html

 

中央にある2棟の超高層マンションは階数が50階もありますが、この2棟は選手村として使わないので、2020年五輪開催時にはまだ完成していません。超高層の2棟を含めると、棟数は24棟、戸数は5,650戸もあり、五輪後は改装して分譲または賃貸住宅になります。中央区は近年人口が急増していますが、選手村でさらに増加します。子どもも相当増えると想定されるので、超高層マンションの後ろに学校予定地が確保されています。ここに区立小学校だけ建つのか、幼稚園や中学校も建つのかは確認てきておりません。

 

  • 2018年2月14日現在の選手村予定地の様子

下記は2月14日に筆者が実際に現地へ行って撮った写真です。

写真①

 

写真①は環状2号線の晴海五丁目交差点(清掃工場の北東)付近に設置されている、選手村建設地の看板です。

写真②

 

写真②は選手村の全体配置図で、建設地の看板のそばに建築計画のお知らせ等と並んで貼ってあります。赤い線で囲まれた所が選手村建設地で、赤い線で囲まれていない右上は既に建っている中央清掃工場、中央は学校予定地となっています。

 

写真③

 

写真③は晴海客船ターミナルから撮っています。今のところはここから全体像を眺めることができます。まだ工事の初期段階ですが、これほど沢山のクレーンを一度に見られる機会は滅多にないと思います。

 

 

選手村の工事状況を確認しやすいのは、晴海客船ターミナル(全体配置図の左下方向)や近隣のマンション、ほっとプラザ晴海(イメージ図超高層マンションのすぐ後ろ)等です。ほっとプラザ晴海の3階には温水プール等があり、屋外にあるジャグジーからの眺望が素晴らしいです。選手村ができる前に足を運んでみると良いです。他の写真は次回にまた紹介します。

 

 

選手村は都心のマンション需給環境に大きく影響を与えるほど規模が大きいです。2020年以降のいつ頃市場に出てくるかわかりませんが、今のうちから動向を確認しておくと良いでしょう。

 

 

松浦建二(CFP ®認定者・1級FP技能士)

どんなことでも、お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら