アルファ・ファイナンシャル・プランナーズ

採用情報

ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)
ご予約専用コールセンター(24時間予約可能)03-5341-4145

無料相談はこちら

columnコラム

マイホームを所有するメリット・デメリット

マイホーム売買

2017.06.01

「マイホームは購入した方が良いの?それとも賃貸の方が良いの?」

テレビや雑誌等で度々取り上げられるテーマかと思います。どちらが良いかは一概には言えませんが、それぞれのメリット・デメリットを一つ一つ確認してみると、判断する大きな材料になるはずです。マイホームを所有するメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

  • マイホームを所有するメリット

自分の城ができる

マイホームに限らず購入するということは自分の所有物になります。住宅ローンを使って買ったなら、返済中は自分の所有物とは言い切れないかもしれませんが、払い終われば自分の所有物です。誰かに追い出されることもなく、気が済むまで住むことができます。

将来の住居費が少なくて済む

住宅ローンを返済し終われば、住居にかかる費用をかなり抑えた生活をしていくことができます。定年退職後は収入が公的年金等に限られるため、なるべく支出を抑えたいものです。マイホームが賃貸だと家賃を払い続けなければなりませんが、所有していれば家賃は不要です。固定資産税等の費用負担は発生しますが、住居に関する費用をかなり抑えられます。

資産価値がある

マイホームが自分の所有物であれば、気が済むまで住み続けられるだけでなく、売却してお金を得るという選択肢も確保できます。勿論売ってしまえば他に住むところを確保しなければなりませんが、数千万円単位で売れるなら、そこから家賃負担することは十分可能でしょうし、他の家を買ってマイホームにすることもできます。

 

  • マイホームを所有するデメリット

長期間住宅ローンを払わなければならない

最近では住宅ローンを借入期間35年で借りるケースが多いです。35歳で借りれば繰り上げ返済しない限り70歳まで返済し続けなければなりません。金利分も合わせて返済するので、返済総額は借入額より多くなります。収入が思いのほか減ってしまうこともあるかもしれないので、計画的な借り入れが大事です。

災害リスクがある

もし大きな地震があってマイホームが壊れてしまった場合、賃貸であれば大家に修理してもらうか他の家へ引っ越せば良いですが、所有していると自分(共有部分は管理組合)で修理しなければなりません。地震保険等から保険金を受け取れるかもしれませんが、ある程度の修理費負担は避けられないです。

気軽に手放せない

マイホームを所有していると、賃貸で他の家に引っ越すことは気軽にできても、所有している家を売ったり貸したりすることは気軽にと言う訳にはいきません。売る(貸す)のにリフォームが必要な場合が多く、売れる(貸せる)までに数か月かかる場合も多いです。

運用できない

マイホームを購入する時に用意した頭金や諸費用は、購入しなければ大部分は手元に残るので、株式や投資信託で運用することができます。その結果、資産が増えていくかもしれません。また、マイホームを売れば住宅ローンの残債を引いて手元に数千万円残り、そのお金で運用することができます。しかし、売らなければ1円も運用益を生みません。運用すれば必ず資産が増えるわけではありませんが、マイホームを所有していると運用できません。※他の資産で運用することは勿論できます。また運用することで資産が減る可能性もあります。

 

  • マイホームをどうするかはライフプランから考える

マイホームを所有した方が良いのか賃貸にした方が良いのかの判断は、購入できる資産や収入があっても、働き方や生活スタイル等によって答えが変わってきます。ほとんどの人にとってマイホームは最も高額な買い物になります。失敗する訳にはいかないので、長期的なライフプランを立て、世の中の経済状況等も考慮して、最適な判断をするように下さい。判断が難しい時は、ファイナンシャルプランナーにアドバイスを求めても良いでしょう。

 

松浦建二(CFP ®認定者・1級FP技能士)

 

どんなことでも、お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら